2016. 09. 04  
maxres.jpg
1468582285rPCVJ-2.png




横浜ロマンスポルノ'16 ~THE WAY~
 LIVEレポート

2016年9月3,4日

目次
1.セットリスト
2.感想





1.セットリスト

1.ハネウマライダー
2.横浜リリー
3.サウダージ
4.NANANAサマーガール
5.アゲハ蝶
6.敵はどこだ?
7.2012Spark
8.ミステーロ
9.ルーシーに微熱
10.ギフト
11.EXIT
13.My wedding song
14.ヒトリノ夜
15.Mugen
16.Ohhh!!! HANABI
17.オー!リバル
18.メリッサ
19.ミュージック・アワー
20.THE DAY

[アンコール]
21.LIAR
22.エピキュリアン
23.ジレンマ
24.ダイアリー00/08/26





2.感想

2008年「10イヤーズギフト」、2014年「惑ワ不ノ森」など、ポルノグラフィティの歴史の中で数々のステージを創り上げてきた横浜スタジアム。
2016年9月3.4日、この場所にまた彼らが戻ってきてくれました!

そんなライブの初日、9月3日の様子をレポートします!

開演前、雨の予報を覆し、横浜の空には晴れ間が差し込みます。
そして、空には虹が!

横浜スタ

いまかいまかと待ちわびているうちに、スタジアムのホームベース付近から昭仁さんと晴一さんが登場!

アリーナ席のファンそばを歩いて通り、スタジアム中央のステージへ向かいます。
THE WAY というタイトルに相応しく、ファンの間の道を通っていく姿に歓声が上がりました。

昭仁さんはマイクを握り締め、晴一さんがアコースティックを手に取り、中央ステージで2人きりになります。
新たな試みということで、メンバー2人でライブが始まりました。

1曲目は、ハネウマライダー

滑らかなアコースティックギターに奏でられ、しっとりとして新鮮味のある曲調にアレンジされていました。
全員で手拍子をして、会場のボルテージも上がっていきます。
そして、会場には小雨が降りだします。

次に、昭仁さんは「横浜にきたらこの曲をやっとかんと!」と言い、

横浜リリーをしっとりと歌い上げました。

続いて名曲、サウダージ
ここでパーカッション・クワジさん
キーボード・宗本康兵さんが加わります。

続いて、クワジさん、康兵さんのコーラスから始まったのは、夏にふさわしい一曲

NANANAサマーガール

次曲の、アゲハ蝶では、
ラララの大合唱で会場がひとつになります。

アゲハ蝶が終わるとメンバーが、中央ステージから前方のメインステージへと移動します。

ベース・モリオさん、ドラム・マスケさん、マニュピレーター・ナンチャンさんがステージ上でスタンバイしています。

全員がメインステージに揃うと、メインステージ前方から、炎が噴射!
強まる雨脚とは対照的に、力強いステージが始まりました。

敵はどこだ?
2012Spark
ミステーロ


の3曲を披露し、MCを挟んでから

ルーシーに微熱
ギフト


ギフトは、僕が最も好きな曲なのでとても感動しました。

ここでのMCを抜粋すると、

昭仁さん「ハマスタ4回目なんですよ。DeNAの本拠地でいうのも、なんですが、カープ強いね。
そういえば、僕ら広島の応援歌、'それいけカープ'のPVに出演させてもらったんだよ。」
晴一さん「自分のPVでは絶対ださないテンションで撮影してきました。」
昭仁「隣の部屋の様子が聴こえてきてさ。晴一が聞いたことのないようなテンションで叫んでた!」

カープ愛をたっぷりと語ってもらってから、演奏に戻ります。

EXIT
愛が呼ぶほうへ
My wedding song


しっとりした3曲を聴かせてくれました。

My wedding song
は、晴一さんが作った結婚式ソング!(ジューンブライダーと並ぶ結婚ソング)
動画の柔らかなイラストと曲が絶妙にマッチして、とても温かな気分になりました! 
めっちゃ結婚したくなります。笑

My wedding song
を演奏した後、「もう一度みんなのところで歌ってええ?」と、二人はもう一度中央ステージへ向かいます。

君は100%のイントロに合わせ移動しながら
「みんな大丈夫?寒くない?!大丈夫か!?」
と、ファンを気遣ってくださる昭仁さん。人柄がにじみ出ていますね!

ドラム・マスケさん、ベース・モリオさん、ポルノグラフィティの2人。
4人が中央ステージに集まります。

昭仁さん「さっき革ジャンに衣替えしました。…違うわ!笑 衣装替えです!
ロックンロールでやっていきます!」

4人の衣装は、黒を基調としたロックスタイルに変わっていました。

ここから定番の曲がアレンジを加えて演奏されます。

ヒトリノ夜
Mugen


ブルースの雰囲気を含んだいつもと違う大人な曲調はとても新鮮でかっこよかったです。
モニターに映るメンバーは、雨粒に打たれながらも懸命に音楽を届けてくれていました。

ここで、Century Loversのイントロが流れて、お馴染みのコールアンドレスポンス
「エビバディセイ!魂の叫びを聴かせてくれ!」

スタジアムの一塁側と三塁側に分かれて、客席も叫びます!

テンションも上がりきったところで次の曲は、Century Loversかなーと思ったら、

Ohhh!!! HANABI

ガンガン、タオルを回して、腕が棒になりがちなやつです。笑
終盤には花火が打ち上がり、お祭り気分が盛り上がります。

そして、まだまだ怒涛のメドレーが続きます!

オー!リバル
オエオーエーオーの大合唱!

メリッサ
ベースがたまりませんね。僕はサビの終わりのシャウトとそのあとの演奏が一番好きです!

ミュージック・アワー
定番の変な踊りです!大多数の女性ファンと、少数の男性ファンも全員がうさぎちゃんに様変わり!笑
約3万人がそろって踊る姿は圧巻でとても楽しかったです。

そして、会場のボルテージは最高潮に達します。

ここでMC
昭仁さん「雨は冷たくない?今日はこんなに楽しい日を本当にありがとう。
こうやっていいライブができるのも、ファンのみんなのおかげ!」
ここで降り続いていた雨が止みます。

昭仁さんの呼びかけで、僕たち観客は会場に配られていたライトを手にはめて空にかざします。
するとライトが真っ青に光りだし、幻想的な風景が広がりました。

スタジアム中が青い光に包まれる中、ラスト一曲が始まりました。
このライブのタイトルの基にもなった最新シングル…

THE DAY

昭仁さんの力強い歌声と、晴一さんのギターリフがユニゾンします!
ライトは、赤、白、緑、青と色を変え、スタジアムを彩ります。

曲の最後の1フレーズはCDにはなく、オリジナルの部分でした。
ここに、今回のライブに懸けるお二人の気持ちが込められていました。

最後は、スタジアム上空に浮かんだドローンが、観客席を空撮します。
観客席の一部の身、ライトが光り、モニターにTHE WAYの文字が浮かび上がりました。

なんというかっちょええ演出!!!

こうして本編は幕を閉じました


そして、ポルノコールのち、アンコール!

MC
晴一さん「止まない雨の中、皆さんようおってくれてありがとう!
今日は雨の予報やった。けど、朝は晴れてた。始まったら降ってきて予報通り雨!」

昭仁さん「できたてほやほやの新曲を披露します!雨の中、寒かったのを許してね!」

新曲
Liar

少しラテン調が入ったサビが頭に残るメロディでした。

続いて、エピキュリアンを披露します

昭仁さん「最後、全て出し切ってくれますか?アホになって飛び跳ねてくれますか!?」

ジレンマ!!!

ジレンマが終わり、
昭仁さん「あんたらは最高じゃ!最高じゃ!!だから、胸張ってけ!自信持ってけ!!!」

僕はこの言葉が大好きです。
昭仁さんはライブの最後に、胸張ってけ!自信持ってけ!!
と僕らを鼓舞してくれます!
それだけで、勇気をもらえて、明日も頑張ろうと思えます。

そして、パァーンッ!花火が、打ちあがり、会場が煙に包まれました。

昭仁さん「後ろまで行って挨拶するわ!」
そして、二人は、会場をぐるりと回りメインステージの反対側のホームベース側に移動します。

地声で「ありがとう!」「愛してる!」と、叫んでくださる昭仁さんは、ここでまさかの…

「もう一曲やるわ!」

客席は喜びでどよめきます!
ジレンマで終わりじゃないという嬉しい誤算です!

手前のステージで、ギターの音を調整し、最後に披露してくださったのが、

ダイアリー00/08/26

感慨深い名曲です!!!ちなみに僕は、「壊すべきこの世の中とそれとなくうまくやれてる」の部分が最も大好きです。

そして、演奏が終わり、もう一度、ファンへの感謝を伝えて下さり、ロマンスポルノ初日は幕を閉じました。

本当に素晴らしいライブでした!!!



稚拙な感想を読んでくださりありがとうございました。




俺バグ最後
2016. 08. 01  
UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 「Dr.Izzy」

2016/08/02(火) 大阪府 オリックス劇場

Unizon (8)

目次
1.セットリスト
2.感想
3.メンバーコメント
4.photo





1.セットリスト

01.エアリアルエイリアン
02.アトラクションがはじまる(they call it"No.6")
03.場違いハミングバード
04.23:25
05.マジョリティ・リポート(darling,I love you)
06.マイノリティ・リポート(darling,I love you)
07.Miss.サンディ
08.パンデミックサドンデス
09.8月、昼中の流れ星と飛行機雲
10.君はともだち
11.等身大の地球
12.シャンデリア・ワルツ
13.mix juiceのいうとおり
14.BUSTER DICE MISERY
15.オトノバ中間試験
16.シュガーソングとビターステップ
17.オリオンをなぞる
18.Cheap Cheap Endroll
19.徹頭徹尾夜な夜なドライブ
[アンコール]
20.フライデイノベルス
21.スカースデイル
22.桜のあと(all quartets lead to the?)




2.感想

本当に最高でした!!!
語彙力が足りなくて、申し訳ありませんが、とにかく最高に楽しかったです!!!

特筆すべきは3点あります。
・斎藤さんの歌声は今日も素晴らしいっ!
・田淵さんは、縦横無尽に駆け回り、動き回り、魂で叫びまくっていました!
・タカオ・スズキさんの圧巻のドラムパフォーマンスは健在!



では、ライブの流れを紹介します。

01.エアリアルエイリアン

アルバムを飾る一曲から始まりました。


02.アトラクションがはじまる(they call it"No.6")

イントロがたまりませんっ!


03.場違いハミングバード

ここで場違いっ
会場が湧き上がります!


04.23:25

序盤に来ましたね!


05.マジョリティ・リポート(darling,I love you)
06.マイノリティ・リポート(darling,I love you)

マジョリティからのマイノリティー
アルバムとは逆の順番でした!


07.Miss.サンディ

君をもっと愛していたいっ!


08.パンデミックサドンデス

こんなカッコいい曲ありますか!?

少し静かにしてもらえますかっ!

がかっちょよすぎますっ!!

サドンデスっていう響きも素晴らしいっ!最高です!


09.8月、昼中の流れ星と飛行機雲

感動の一曲ですね。
未完成デイジーを超えうる至極のバラードです。

'君にたどり着くまであとどれくらいかかるんだろう?'


10.君はともだち

しっとりと聴かせてくれました。


11.等身大の地球

まさかこれが来るとはっ!


12.シャンデリア・ワルツ

等身大の地球のアウトロから、シャンデリアのイントロが流れた瞬間に鳥肌が立ちました!

僕が一番大好きな曲です!
切なくも楽しいメロディラインに会場が一つになります。

みんな大好きなんですよね、シャンデリア・ワルツ!!!



!ここでMC

斎藤さんが新幹線で遭遇した出来事について語ってくれました。



ここから終盤、怒涛のメドレーが始まります!

13.mix juiceのいうとおり

これライブではどう演奏するんやろうと思っていましたが、ピアノの部分は音源を流していました。

本当に、名曲ですよね、この曲は!

間奏のシュビドッバッバツも素晴らしかった!!!


14.BUSTER DICE MISERY

ユニゾンの高い演奏力が遺憾無く発揮された一曲です!
終盤のサビ前の、演奏はとても難しいと思うのですが、ぴったり息のあった迫力満点のサウンドを鳴り響かせてくれました!


15.オトノバ中間試験

前回のライブで初めて聴いたときから、頭から離れなくなったポップな名曲です!

ギターのキーがCDとは少し違いましたが、いいアレンジになっていました。


16.シュガーソングとビターステップ

ついに来ましたっ
軽快なメロディ、最高の気分になります!


17.オリオンをなぞる

ここで、なぞったぁっ!!!
僕は嬉しすぎて足から崩れ落ちてしまいました笑


18.Cheap Cheap Endroll

'君がもっと嫌いになっていく'
このフレーズをこんな気持ちよく叫べる曲ありますか?!
エンディングに相応しい、切なくも流れるように過ぎていく一曲でした!

'全部記載から除外してエンドロールッ!'


19.徹頭徹尾夜な夜なドライブ

田淵さんの足上げが炸裂する終盤の定番曲!!!
みんな大好きです!



[アンコール]
20.フライデイノベルス

アンコールに持ってきてくれました!
アニメの主題歌のような爽やかな曲です。


21.スカースデイル

ここで斎藤さん作詞作曲のスカースデイル!
アウトロのメロディが大好きです。


22.桜のあと(all quartets lead to the?)

「最後はなんや?なんやろう」
と思っていたらこの曲!

盛り上がるナンバーを選んでくれました!!!



こうして、約2時間22曲のライブが終わりました。

終わったあとは、気分が好調しすぎて体の疲れに気づきません。

足がフラフラで崩れ落そうになりますが、満足すぎて笑顔しかありません!

今日1日の思い出が、この最高のライブに塗りつぶされた瞬間でした。

今日は平日やから昼間は仕事してたなんてことも忘れていました。

それほど、夢のように楽しい空間だったのです!


とにかく、セットリストが素晴らしい!
曲の配置、バランスが良くて、盛り上がるところと、しっとりするところの分け方が絶妙でした。

アルバム曲は全て演奏して、その他の曲も定番曲から隠れ名曲までまんべんなく披露してくれました!


そして、演奏力が本当に高い!
めっちゃくちゃ練習してるんでしょうね!!
田淵さんはあんな楽しそうに暴れまわりながら、ベースをしっかり弾けてるなんて(たまに両手を上げて弾いてないときもありますが笑)


やっぱりユニゾンスクエアガーデンは最高のバンドです!!!

次は、10月21日金曜日
なんばハッチ

楽しみすぎて待ちきれません!!!


稚拙な感想を読んでいただきありがとうございました!




3.メンバーコメント


公式サイトに掲載されていた、このライブに込めたメンバーからのコメントです。

「MEMBER'S COMMENT」

UNISON SQUARE GARDEN 6thアルバム"Dr. Izzy"のツアーは、過去最長の全国40箇所44本。
特別なことでもなんでもなくて、ロックバンドが当たり前のようにいい曲を当たり前のようにやるライブツアー。
僕らは相も変わらず自由にライブをやっているので、観に来る人も自分だけの音楽を見つけるために、
気楽な気持ちで遊びに来てくれたらと思います。
お近くの会場で待ってます。




4.photo


前回のライブの写真を、HPから引っ張ってきたり、検索エンジンで探した写真を紹介します。

Unizon (7)
Unizon (6)
Unizon (5)
Unizon (4)
Unizon (2)
Unizon (1)
Unizon (3)
ユニゾン (3)
ユニゾン (2)
lp_9_usgMQ1028_590.jpg
lp_10_USGft5-MQ15_590.jpg


稚拙な感想を読んでいただきありがとうございました!
2016. 07. 31  
「HAPPY SWING 20th Anniversary SPECIAL LIVE ~We♡Happy Swing~ Vol.2」“

e3b9d04cb63e10984f89b878432d6b68.jpg

HAPPY SWING Presents”!!

幕張メッセ国際展示場1・2・3ホールで開催されるGLAYのファンクラブライブの様子をレポートします!


今回はメンバーそれぞれがセレクトした曲を発表する形式のライブでした。
1人約30分の持ち時間です。

前回の武道館でTERUさんがおっしゃっていたように普段あまりライブで披露しない曲が揃ったセットリストになりました!


[1日目とは違ったMC内容]

2日目は、テルさんのMCが特に印象的でした。

「50thシングルBLEEZE書いてくれとタクローから言われて、曲を書き上げてから自信がついた。

今までコンプレックスを抱えてきた。
タクローみたいにいい歌、いい歌詞を書けない。
声がいいだけ。

そして、テルさんは驚くべきことを口走りました。

「ハッピースイングの30周年、ベネチアでライブがしたいっ!
曇った函館山じゃなくて素晴らしい景色をみんなにみてもらいたい!」


タクローさんは、真顔で
「みんな冗談だと思ってるかもしれないけど、本当にやるよ?」

テルさん「みんな10年間で40万貯めてねー!」

と、やけに現実的な提案をします笑

ジローさんは
「いい案を思いついた。まずファンのみんなにアンケートをとる。ベネチアまで来てくれるかどうか。
それで、無理なら日本のどっかにある喫茶ベネチアでテルの弾き語りライブをしよう!」

どこまで本当の話かわかりませんが、テルさんが言った約束は実現される予感しかしません!


アンコール後のMCでもテルさんは、

「夢見ていこうぜー!!
10年後ベネチア来てくれるかあ!?」

と言ってくださいました!

10年後という遠い未来ですが、ベネチアという異国の地でGLAYのライブが行われるということにワクワクしっぱなしです!



セットリスト


1.HAPPY SWING
2.TIME
3.neverland
4.ストロベリーシェイク
5.Scoop
6.Ruby's Blanket
7.運命論
8.MUSIC LIFE
9.HIT THE WORLD CHART!
10.LOVE SLAVE
11.LEVEL DEVIL
12.YOU MAY DREAM
13.Lovers change fighters,cool
14.ACID HEAD
15.週末のBaby talk
16.Lock on you
17.RainbirD
18.Little Lovebirds
19.疾走れ!ミライ
20.BLEEZE
21.デストピア
22.アイ
23.1988
24.Cynical
25.微熱(A)girlサマー
26.彼女はゾンビ

[アンコール]
1.超音速ディスティニー
2.彼女の“Modern…"



ライブ自体の感想は1日目のライブレポートに書いています!
2016. 07. 30  
「HAPPY SWING 20th Anniversary SPECIAL LIVE ~We♡Happy Swing~ Vol.2」“

e3b9d04cb63e10984f89b878432d6b68.jpg

HAPPY SWING Presents”!!

7月30日土曜日
幕張メッセ国際展示場1・2・3ホールで開催されるGLAYのファンクラブライブの様子をレポートします!

今回はメンバーそれぞれがセレクトした曲を発表する形式のライブでした。
1人約30分の持ち時間です。

前回の武道館でTERUさんがおっしゃっていたように普段あまりライブで披露しない曲が揃ったセットリストになりました!


1.セットリスト

1.HAPPY SWING
2.TIME
3.neverland
4.ストロベリーシェイク
5.Scoop
6.Ruby's Blanket
7.運命論
8.MUSIC LIFE
9.HIT THE WORLD CHART!
10.LOVE SLAVE
11.LEVEL DEVIL
12.YOU MAY DREAM
13.Lovers change fighters,cool
14.ACID HEAD
15.週末のBaby talk
16.Lock on you
17.RainbirD
18.Little Lovebirds
19.疾走れ!ミライ
20.BLEEZE
21.デストピア
22.アイ
23.1988
24.Cynical
25.微熱(A)girlサマー
26.彼女はゾンビ

[アンコール]
1.超音速ディスティニー
2.彼女の“Modern…"


2.感想


どでかい会場の中心にステージがあり、そこから奏でられるロックサウンドに痺れた夜でした!

全員が本当に楽しそうに曲を弾いていますね!
テルさんが、演奏するメンバーに寄り添うことが多く微笑ましく感じました。

今回、メンバーは青を基調にした衣装でした。(ヒサシさんは髪が青)

テルさんの服がカッコよくて、青シャツに黒ネクタイ、憧れました!

中央のステージは回転し、メンバーは4方向全てに駆け回り激しいサウンドを掻き鳴らしていました。

今回は、12枚の巨大液晶パネルが設置されており、後方でもメンバーの様子がよくわかるようになっていました!


では、楽曲紹介に参ります。

HAPPY SWING

でライブが始まります。

Cメロで全員が大合唱!
気持ちよかったです。

そして、メンバー選曲は、JIROコーナーからスタートします。

TIME
neverland
ストロベリーシェイク
Scoop
Ruby's Blanket
運命論
MUSIC LIFE


シャッタースピードは残念ながらありませんでした。

僕の中では、Ruby's Blanketが最も感動しました。

明るいメロディに切なさを乗せたナンバーが、グッときます。


続いてタクローさんセレクト!


紹介ビデオでは
「カモン俺!」と勢いのいい言葉!


HIT THE WORLD CHART!
LOVE SLAVE
LEVEL DEVIL
YOU MAY DREAM
Lovers change fighters,cool
ACID HEAD


懐かしく、普段は演奏しないような選曲が並びましたね!
あまりライブでは披露されない隠れたロックナンバーたちです。


LEVEL DEVIL
Lovers change fighters,cool

が特に良かったです!

ACID HEAD

は一番盛り上がります!


次は、TERUさんセレクト!

週末のBaby talk
Lock on you
RainbirD
Little Lovebirds
疾走れ!ミライ
BLEEZE


最後はHISASHIさんセレクト

ビデオでは、
ケロヒサシ

というカエルの人形が登場し、

「売店で売ってるから買って!
1万1千やで!」

と自らを宣伝していました笑


デストピア
アイ
1988
Cynical
微熱(A)girlサマー
彼女はゾンビ


Cynical
がめっちゃ良かったです!


そして本編が終了。

ジローさんがステージに残り、会場の皆さんの写真をとります。

マイクなしで、
「はいっチーズっ!」

と叫びまくる姿にジローさんの人柄が表れていますね!


そして、アンコール...


その前に、タクローさんとテルさんがビジョンに登場しました。

インタビュー形式で、このライブを振り返るというものです。

テルさん、ヒサシさん、ジローさんと、インタビューは続きます。

ジローさんの台詞が最も印象に残っています。
「リーダーはでかい。マイクの位置が高いっ。
今わかった。凄いね。一杯牛乳飲んだんだねー。」


そして、メンバーがステージに戻り、2曲を演奏します。

超音速ディスティニー
彼女の“Modern…"

彼女の“Modern…"は本当に盛り上がりました!


テルさんは最後に
「なかなか聴けない曲を届けるらそれが僕らの恩返し。
またvol.3をやります。
僕らも今度はみなさんの町に遊びに行きます!」

とおっしゃってくださいました。


最後に、テルさんが、
「みんな手をつないで」

と言います。

そして、メンバーたちも手をつなぎ、最後の挨拶をしてくれました。

4方向全てに、律儀に感謝を伝えてくださるメンバーたちの姿に感動しました。

メンバーが退場してから、最後に液晶パネルにタクローさんが現れ、深く長く頭を下げてくださいました。

そして、幕が垂れ下がり、4人の写真が登場!

本日のライブは幕を閉じました!

いいライブでした!


稚拙な感想を読んで頂きありがとうございました!
2016. 05. 22  
2016.5.22(日)
大阪 なんばHatchで行われたa flood of circle のライブ

AFOC 10th Anniversary “THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”

に行ってまいりました!

感想としては、本当に熱いライブでした!!!
演奏も、MCも、ボーカルも、全てが熱い!


ぶつかってくる感じというか、演奏の上手さだけじゃなくて荒さと力強さを兼ね備えたライブでした。
ボーカルの佐々木さんのしゃがれた声が本当にかっこええです!



抜粋して感想を述べていきます。

<Golden Time>

から始まったライブは前半からぶっ飛ばしていきます。

<春の嵐>

は個人的に大好きです。

そして、

<月面のプール>

この曲は本当に名曲ですよね。
イントロのギターのフレーズが大好きでして...
また、この曲の歌詞は僕のことを言ってるようで、とても共感できます。

「変わりたいなって変わらずに変わらず願っては 繰り返すだけの 生き物だよ」
「月面のプールで夢を見てた あの頃を捨てられずに
砕けそうなやり場のない悲しみだけが 世界を動かしてる」


<青く塗れ>

歌詞が特徴的でとても好きな曲です。

「染められ上手ただのいいやつ そいつはただのどうでもいいやつ」
「ぶちまけちゃった不滅の魂 笑われようとも超気にしない」
「好きにやるのは覚悟がいるよ 好きにやるやつ俺は好き」
「やりたいことしかやりたくないのさ」


率直に自由に生きてる感じがしますよね。

「ぶちまけてやれ不滅の魂 青く濡れ!」
というフレーズもかっこいいです!


<Buffalo Dance>
<KIDS>




この2曲の流れが1番最高でした!
会場のボルテージも最高に上がりました!
KIDSでは、ナナナナナナナナナナ
と叫びまくるのが楽しすぎました笑


<ベストライド>



Cメロの部分のシャウトが最高にかっこよくて大好きなので、そこを生で聴けてよかったです!

「なけなしの命賭けて 全速力で進んでいけ 俺のベストはいつも 今なんだよ
この一瞬に賭けていたいんだ」



<シーガル>

ギターフレーズがカッコよすぎます。
「明日がやってくる それを知ってるから またこの手をのばす」


本編最後の一曲は

<花>

この歌は、a flood の中で最も好きな曲です。



イントロのギターもかっこいいし、美しいPVも素晴らしい!

「全て失くしても くたばってもまだ 世界は素晴らしい」

このフレーズにこの歌の魅力が凝縮されている気がします。

他にも素晴らしい歌詞がたくさんあります。

「限界見えたとか言うけどさ 実際そうさ 闇の中さ 無様な奴だと笑われても 呼吸をして生きていく」
「時代や誰かのせいにしても 神様を恨んでも変わりはしない 分かってたよ 分かってたけど 俺がいなくなっても明日はどうせ来るんだろう」

「いつでも死ぬ覚悟は出来てるって冗談じゃねぇよ 絶対に咲かせたいんだ
俺はまだ死なない 強く生きていたい
明るい未来とか言うけどさ 実際全部闇の中さ
儚い生涯の花だって 咲くときは命掛け 命掛けで生きてくだけ」

「届け 届いてくれ 叫び続ける声 花になれ」



熱い思いを乗せた佐々木さんの叫び声で本編は終了しました。


アンコールは3曲でした。

新曲<ブルー>
<Human License>
<理由なき反抗>


理由なき反抗では、シャラララの大合唱
本当に気持ちよかったです!

理由なき反抗も歌詞がとてもよくて

「ざけんじゃねぇ」
「一寸先が闇でも今はただレベル上げ 下けんじゃねぇ」


粗削りだけど裸で迫ってくる表現がかっこいいですね!!

「向かい風の日もいいんじゃない 僕は僕でありたいだけ」
最後のこのフレーズは、僕らに希望をくれました。


ライブは素晴らしく良かったのですが、これだけは聞きたかったなって曲も幾つもあります。
アカネ、ビスケット、I LOVE YOU 

また今度のライブに期待ですね!
ライブ終わってからウォークマンで、今日のライブの曲を聞いても何か物足りません。
ライブが熱狂的すぎて、それほど良かったということですね!

また今日は、サポートメンバーとして、爆弾ジョニーのキョウスケさんが参加していました。
爆弾ジョニーは、「なあ〜んにも」が大好きです。





5月22日。
今日は2年前に彼女にフラれて号泣した因縁深い日なんですけれども、
a flood of circle の熱いロックンロールに浸かる最高の夜を過ごせてよかったです!!!

「無様な奴だと笑われても 呼吸をして生きていく」
「届け 届いてくれ 叫び続ける声 花になれ」

僕は佐々木さんのようなカッコイイロックンローラーじゃないし
日々、社会の歯車となり一介のサラリーマンです。


けど、ライブ会場に行って、音を聞いたら、心が自由になって、
ちっぽけな悩みが吹き飛んでいきます。


明日からも仕事頑張って、
電車に延々揺られて家帰って、
下手くそなギターかき鳴らして、
僕なりの音楽を叫び続けていきます!


稚拙な感想を読んで頂きありがとうございます!
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム