2016. 06. 19  
出生率2.81 岡山県・奈義町の奇跡

目次

1. 少子化こそ日本経済低迷の原因
2. 岡山の奇跡 奇跡というか、自治体の本気
3. 日本の未来図





1. 少子化こそ日本経済低迷の原因


経済成長の根源は、人口だと僕は思っています。

人口が増える時期こそ、経済は成長する。
人が多いほど、国は富むと考えています。

武田信玄公が「人は城、人は石垣… 」と語ったように、人というものは国にとってとても大切な存在です。


しかし、日本の人口は2008年の1億2,808万人をピークに減少に転じています。
そして、2060年には8,674万人になると予測されています。
 
つまり今後、45年で約4000万人=現在の関東圏の人口が消えることになります…

日本はこれから、これまでの歴史を振り返っても類を見ない水準の人口減少を経験することになるのです。

(2060年は、4人に1人が75歳以上の高齢者となると推計)


人口が減少に転じているのは「合計特殊出生率」の低さが原因です。

「合計特殊出生率」という言葉は「一人の女性が一生のうちに出産する子供の平均数」を意味します。
単純計算でこの値が2.0なら、夫婦2人から子供が2人生まれるので、その世代の人口は維持されます。

ただし実際には多種多様なアクシデントによる人口の減少があるので、人口維持のための合計特殊出生率は2.07から2.08といわれています(これを「人口置換水準」と呼ぶそうです)

日本の「合計特殊出生率」は、
戦後の4を超える値から減少しましたが、第2次ベビーブーム期など、ほぼ2.1台で推移していました。

しかし1975年に2.0を下回ってから再び低下傾向となり、2005年には過去最低である1.26まで落ち込みます。

2013年には、少し上昇したものの、1.43という人口置換水準にはほど遠い低水準となっています。

無題


「合計特殊出生率」を県別に参照すると、また新たな真実が見えてきます。

2013年の日本の総人口1億2700万人のうち、1300万人を占める東京都の値は1.13と全国で最も低い水準にあります。

総人口の一割を占める東京都の合計特殊出生率が最も低いことから、日本の少子化に拍車をかけているのは東京都への人口集中が関係していることは明らかです。

また、埼玉県と千葉県の値が1.33、神奈川県の値が1.31であることから、東京圏の合計特殊出生率は全国平均を下回っていることがわかります。

仕事がないから、東京圏に人が集まるが、育児環境の整っていない東京圏では、出生率が下がり、人口が減少すると言う、負のスパイラルに陥っていますね。

反対に、合計特殊出生率が高い地域は、沖縄県、宮崎県、熊本県、鳥取県、大分県と、地方に存在しています。
沖縄県は日本トップの1.94です!

このデータを踏まえると、少子化の進行を防ぐためには、地方が活性化し、地方に人口が流入することが不可欠でだとわかりますね。

しかし、悲観することはありません。
日本の政府が、自治体が改革を断行すれば「合計特殊出生率」は劇的に上昇させることができるのです。




2.岡山の奇跡 奇跡というか、自治体の本気

岡山にある奈義町は出生率1.41から、たった9年で「合計特殊出生率」を2.81まで上昇させました!
奈義町の場所はこちらです。
↓↓↓↓↓

奈義町


「合計特殊出生率」が、上昇した理由は徹底した子育て支援です。

その主な政策はこちらです。

・保育園、幼稚園、学童保育は第2子半額、第3子無料
・出産祝い金制度
・医療費高校まで無料
・ワクチン接種無料
・低家賃若者向け賃貸住宅の整備により、若者世代を呼び込み


しかし、国は1000兆を超える借金を背負い、地方自治体も財政的に苦しい中、
奈義町は育児支援の財源をどこから捻出したのでしょうか?

それは、
議員数の削減、議員報酬の削減、公務員数の削減など、自治体の身を切る政策や
事業の見直しなどの効率化によるものです。


奈義町の政策は、今後の日本のモデルケースとなる例ですね!

こちらが奈義町のHPです。

奈義町 HP




3. 日本の未来図

このまま旧体制を維持した政治を行っていると、日本は間違いなく破綻します。
政府も、地方自治体も。

日本はそれほど、財政的に弱っているのです。
(財政だけじゃなく、食糧自給率の低さや地方経済の崩壊、災害復興など問題山積みです)

だからこそ、従来の考えにとらわれない新たな視点で行政を行うことが大事だと考えています。

ドラマ化もされた小説「ナポレオンの村」
(消滅寸前の限界集落を立て直すために改革を巻き起こす「スーパー公務員」の奮闘を描く)

にあったように、改革を行わないと、何も変わりません。

日本にとって最大の問題、人口減少に立ち向かうには、
行政側の覚悟が必要だと思います。

既得権益の放棄、変える勇気…

そう簡単にいかない事は、百も承知ですが…


そのためにまず、国民が選挙で信頼に足る政治家を選ぶことが大事だと思います。

兵庫県議員、東京都知事と不祥事が続きますが、選んだのは都民、県民です。
 (といっても、誰が信頼にたる議員がどれほどいるのかという話になるのですが)

僕は、政治家が世襲制になっている(限られた財力のある人たちしか立候補しない)
状態がそもそも民主主義の限界だと感じています。

安倍首相しかり、麻生財務大臣しかり…

またそのへんについても記事にしようかと思います。


日本と関係ないですが、アメリカはじわりと減少しつつも、2012年の合計特殊出生率は1.87

アメリカに負けないよう、力強い国を作っていけたらいいですね!!!

拙い感想をお読みいただきありがとうございました。


スポンサーサイト
2016. 05. 06  
私はよく友人から「感覚がズレている」と言われます。
そんな私が綴るエッセイです。
軽い気持ちで読み流して頂けたら嬉しいです。


日本の労働生産性は諸外国に比べて低いです。
「労働=美徳、休暇=悪」という日本の社会通念が労働生産性を下げていると思っています。

仕事できちんと成果を出した上で、どんどん休みを取ってさまざまな経験を積み、人生を豊かにしていく。
そういう社会にしていきたいです!


私はこの4月から社会人になりました。
毎日定時に退社し、入社5日目にさっそく時間有給を消化するなどしています。

そのことを友人に話すと、「新人からそんなこと許されるん?生意気ちゃう?」
という意見を多く受けます。

しかし、私からすれば、その感覚がわからないのです。
会社から与えられた権利を消化して何が悪いのでしょうか?

友人が言うこともわかります。
上司や同僚からしたら、毎日定時でかえって有給申請しまくる奴はおもしろくないでしょう。

しかし、新人は有給とるな。
できるだけ休まず、仕事が終わらなければ、残業してでも働け。

そういう感覚が新人のうちから常態化されることこそ、私はもっとも危険だと考えています。

新卒3年以内の離職率が30%を超えている異常事態は、
「労働=美徳 休暇=悪」という観念が労働者を苦しめているからではないでしょうか?



みなさん考えてみてください。
1と2の人物、どちらが会社にとって有益な人物でしょうか?

1.とても真面目で、一切休暇申請をしない。残業にも文句を言わず働く。
2.仕事はしっかりやるが、自分の時間を大切にする。残業を避け、有給申請が多い。


多くの人は1の人物が会社に有益と答えるでしょう。

しかし、長期的にみれば、2の人物のほうが会社に有益だと私は思います。

なぜか?
1の人物は、勤勉すぎるのです。気を遣って、ストレスを溜めこみすぎる可能性があります。
2の人物は大概、ストレスがあまり溜まりません。なぜなら積極的に余暇をとってリフレッシュを図っているからです。

大量の業務量が発生した場合を考えてみましょう。
1の人物は、仕事に打ち込むでしょう。その結果、心身に疲労がたまります。
最悪の場合、仕事をやめることもありえます。

2の人物は、大量の業務量の時でさえ、自分の余暇時間を取ろうとする姿勢を変えません。
もちろん限度はありますが、すべて仕事に捧げようとすることはしません。
2の人物は、余暇があってこそ、仕事の能率が上昇すると考えているのです。


日本人は圧倒的に1の人物が多いと思っています。

それを悪いといっているわけではありません。
日本人の勤勉性は尊敬すべきことであり、その真面目さが高度経済成長を生み出したことは間違いありません。

しかし、その勤勉性が行き過ぎているのではないか?
勤勉すぎるがゆえに、余暇時間が少なくなっているのでは?
だから、日本の労働生産性は先進国で低い水準にあるのではないか?

私はそう提唱したいのです。


高度経済成長時代に、「24時間働けますか?」という謳い文句が流行りました。

24時間働いて、パフォーマンスが出せるわけないと思うのです。
余暇時間をしっかりと管理することこそ、効率よく仕事に取り組む条件だと思うのです。



日本の有給消化率しっていますか?

50%です。
先進国では6年連続最下位で、昨年はワースト2でした。(最下位は韓国)

日本は諸外国に比べて祝日が多いことをかんがみても、日本は有給消化がしづらい国です。


労働時間が長いことこそ美徳と考え、だらだら残業して残業代もらう人より、
勤務時間に集中して働き、残業をしない人の方が優れているのではないでしょうか?




少し話題を変えて、外国のことを考えてみましょう。
欧州の労働への姿勢はもっとまねるべきだと感じています。


特に私は、フランスという国を心底尊敬しています。

日本では、一般的に2週間以上の長期休暇をとることは避けられています。
一週間の休暇さえとれない雰囲気の会社もあるでしょう。

一方、フランスでは1カ月のバカンス休暇は当たり前です。
フランスでは、全ての労働者がバカンス休暇を取れるよう法律で定められているのです。

フランス人には“ライフ偏重型”の人が多く、仕事が最優先されることはあまりないそうです。

『人生の一部として仕事があり、仕事=人生ではない』と考える人がほとんどなのです。


そうした価値観を多くの人が共有しているので、

『休暇を取って仕事以外のことを楽しみ、自分に刺激を与える時間を持つことは、人としての当然の権利。職場以外で形成できるスキルや、人脈作りもフランス人にとっては非常に重要なこと。』
だとされています。

私はここを強調したいのです。

休みが悪なのではなく、休暇こそ至極の時間ととらえるフランスの姿勢に私は憧れを感じています。


フランスの国内総生産は世界6位
(日本は世界3位ですが人口がフランスより多いため、労働生産性を比較できない)

一人あたりの国民総生産は世界22位です。
一人あたりの国民総生産は日本の26位よりも上回っています。


このデータからも、日本の労働生産性がいかに悪いかがわかります。

余暇時間が長い=働いていない
この図式は間違っているのです。

休暇が取りずらい日本より、一か月バカンスを楽しむフランスの方が一人あたりに稼ぎ出す賃金は多いのです。



EU諸国には、残業する人を『仕事ができない人』と捉える傾向があります。
『決められた時間の中で成果を出せない人は、使えない』と考えるのです。

一方で、長時間働く人を『働き者』として賞賛するのが日本人です。

その結果、余暇を削って働き、労働生産性が落ちた状態で働き続けるのです。


だから私は、欧州の考え方を真似るべきだと考えています。



日本では「労働=美徳」という考え方が根深く、「フランスのような長期休暇の文化がなかなかなじまない」でしょう

だからといって諦めたくはないのです。
私は、人から嘲笑されようとののしられようと、余暇の大切さを説き続けます。

仕事できちんと成果を出した上で、
どんどん休みを取ってさまざまな経験を積み、人生を豊かにしていきたいのです。

こういった姿勢に共感してくれる人が一人でも増えれば、
日本社会の雰囲気が変わっていくと信じています。



私の意見に、反対の人も多いでしょう。
「若造が何を言っているんだと。」

わかります。
しかし、これはあくまで一つの意見です。


休む暇あるなら働いてガンガン稼ぎたいという意見も
私のように自分の余暇時間を大切にしたいという意見も

どちらも正しいと思います。
価値観の違いということです。

ただ、私はやはり日本人働きすぎやと感じています。

私がこの意見を発信することで一人でも多くの方が
この日本がもっと余暇の時間を多くとれる国にしていけたらいいと思っています。

稚拙な文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。


意見がある方はコメント欄に書き込みよろしくお願いします。



参考サイト
https://welove.expedia.co.jp/infographics/holiday-deprivation2014/
http://woman.type.jp/wt/log/mag/archives/36115
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム