2017. 06. 17  
残り全部バケーション (2)

笑いと感動に満ち溢れた``小さな奇跡``
残り全部バケーション | 伊坂 幸太郎



【おすすめ度】

読みやすさ ☆☆☆☆
ハラハラ度  ☆☆☆☆
ほっこりする ☆☆☆☆☆
感動      ☆☆☆☆




【「残り全部バケーション」  あらすじと感想】

ネタバレを含みますが、この物語について感想を記します。

あくどい仕事に手を染める溝口と岡田を巡る5つの話が収められています。
どの話にも伏線回収の魅力が詰まっていて、クライマックスの読み応えは抜群です。

私が特に気に入っているのは、第一章の『残り全部バケーション』と、第五章の『飛べても八分』です。

第一章では、ありえないドライブが展開されますが、その非現実が気にならないくらい自然に話に入り込むことができます。

溝口がこの章で語ったこの言葉には最も共感しました。
「儲けてる奴ほど、ろくなことしてねえよ。ふんぞり返ってパソコンに向かって、ぴこぴこボタンを押してたり、人を顎で使ったりな。それよか、身体使って、荷物運んだり、物作ってる人間の方がよっぽど偉いってのにな」

第五章は、この本の集大成となる物語です。
主人公・溝口と、賢い若者・高田との比較がクライマックスの見どころです。

「人ってのは、恐怖や不安で行動しても、感謝の気持ちではそんなに動かないですよ」と達観している高田と、損得感情ではなく人間の優しさを信じつつある溝口とのやりとりは読んでいて考えさせられるものがありました。

また、'とんでもはっぷん'についてのやりとりが軽快で気に入っています。
「飛んでも八分、歩いて十分、メールは一瞬。だとしても、飛べるなら飛ぶべきだ。そんな経験、しなきゃ損だろうが」

終盤に、行き当たりばったりで能無しと思われていた溝口が、高田をやりこめるところは爽快感に溢れました。
クライマックスは各話のピースがつなぎ合わさり、溝口の真意がわかります。

岡田から影響を受けていた溝口は、物の考え方が変わりつつあったのです。
「人にものを頼むには脅しより親切が大事で、良くしてやれば、良くしてくれる。」
「岡田に責任をおっかぶせちまったことを後悔している。」

物語の最高潮、毒島と溝口の緊迫のやりとりを抜粋します。

毒島「今日はますます、おまえを見直した。ここでやめれば、全部なかったことにする。おまえはどこかでゆっくり、暮らせよ。俺たちは、おまえとは関わらない」

「岡田は帰ってこないけどな」

「おまえと岡田なんて、せいぜい数年の付き合いだっただろうが。そんな奴のために、無茶する意味があるのか」

「意味とか関係ねえんだよ。八分でも十分でも、飛べるなら飛ぶんだよ。損得じゃなくて」

「じゃあこう打て。友達になろうよドライブとか食事とか」
第一章の伏線を回収したときは鳥肌が立ちました!

「その時は、どこかでずっとバケーションでも満喫してやるよ。俺の人生、残りはナウや墨だ。宿題なしでな」


ラストは...なんと...
読後の爽快感は心地よいものがありましたね!




この作品は名言がとても多いですので、それらを紹介します。
物語の中心人物、溝口は、荒い言葉ながらも胸に響く言葉を投げかけてくれます。

16ページ
溝口「頼むぜ。車間距離ちゃんととっておけよ。いいか、距離感なんだよ、人生は」

95ページ
岡田「未来のことはその時にならないと分からないんだし、人生は一度きりですからね。できれば、幸せになりたいじゃないですか」

110ページ
溝口「人間、'さもなくば'なんて日本語、使う時が来たら、おしまいだよ。人生のうちでそうそうないぜ、そんな場面」

146
岡田「困っている人とか大変な人なんて、世の中にたくさんいるだろ。みんなを助けることなんてできないんだから、人助けなんていみないかな、と思ったり。というか、人助けするなんて、そもそも偉そうだしさ」

☆212~214ページ
「飛んでも八分、歩いて十分、二分しか違わないってなったら、飛ばねえのか?俺なら飛ぶぜ。だっておまえ、飛びたいじゃねえか」

☆241
「念には念を入れろ。警戒心は大事っつう話たまよ。高田、シャクナゲの花言葉知ってるか。'警戒心を持て'だよ」


いかがでしたか?
とても面白い作品なので皆様も読んでみてください。

私より、はるかにわかりやすく考察しているサイトを紹介します。
→感想文:ポジティブな結末へ誘導する優しいリドルストーリー


残り全部バケーション (1)



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍
スポンサーサイト
2017. 05. 20  
日清食品「どん兵衛」の新CMが、吉岡里帆さんの可愛さに悶絶してしまいました!

部屋でひとり、どん兵衛を食べている独身男、星野源さんの前に、吉岡里帆さん演じる「どんぎつね」が現れます。

♪どん兵衛のきつね食べてたら、いつでも私と一緒だよ♪

「どなたですか?」
「どんぎつねです」
「は?」
「しばらくお世話になります」 

どんぎつね (4) - コピー

こんなかわいいキツネが現れて、さらにお世話になると言っているのですから、
ここは普通の男ならもっと慌てて、喜ぶものでしょう?

童貞野球部員なら、内野フライを気合でホームランにできるレベルです。

しかし、そこは、逃げ恥でも冷静さを維持したプロの独身、星野さん。
いたって冷静なテンションで、「意味がわかりません」

吉岡さん「だって好きなんでしょ?それ」
星野さん「あ、はい」
そして、どん兵衛のあげを食べると、痛がるどんぎつねさん。
このしぐさがまた、最高に可愛い!!!

吉岡さんに「好きなんでしょ?」と言われたい...!!!





別のタイプのCMでは、吉岡さんが積極的になります!

どんぎつね (3)ダンスがキュート!

目の前にいる吉岡さん扮するどんぎつねを、孤独な男のまぼろしと認識している星野さん。
そんな彼に、吉岡さんは、積極的に口説き?ます。

「いや、いまっすってほら」
「え?」
「ほらさわって?」
「...え!?」

「信じて」

体を起こし、星野さんに近寄る吉岡さん
最高に興奮するドキドキの展開で、どうなると思いきや...

どんぎつね (4)

「近いです」
「え?失礼しました。」
「いえいえ」

星野さん、まさかの拒絶!!!
こんな可愛い子に近寄られたら、抱きしめたくなりそうなものを、この人に欲望はないのか!?
ゴール前でキーパーがいないのにシュート打たへんのと同じですよ!?

「なんてことだ~」と、叫んでほしいぞヒラマサさん!



妄想の展開や、作品の雰囲気が逃げ恥に似ていますね!
吉岡さんが演じる、キツネ姿がとてつもなく可愛く、キュート具合にノックアウトされるCMです。

こんな子が自分の家に来たら...!?
どんぎつね (4) - コピー

耳やしっぽがついたきつねのコスプレに、ふんわりとした笑顔。
どんぎつね (2)

星野さんが死ぬほどうらやましいの一言です!

しかし、星野源さんは前世でどれほどの徳を積んだのでしょう?!

逃げ恥では、ガッキーとキスシーンまで...そして、今CMでも...
星野さんは女性からとても人気があり、ポスト福山雅治の呼び声も高いのですが、ぼくはどうしても嫉妬してしまいます...



【吉岡里帆さんの魅力を紹介】

吉岡里帆さんは本当に可愛いですね!

朝ドラ『あさが来た』でブレイクし、ゼクシイガールにも抜擢された女優ですが、
ぼくは、ドラマ「ゆとりですがなにか」から、彼女の大ファンになりました。
→ゆとりですがなにか
小学校の先生役でしたが、本当に可愛かった!

彼女の一番の魅力は圧倒的な透明感だと思います!
清楚で明るい笑顔が素晴らしいですね!

ここからは、画像を紹介しながら、吉岡さんのプロフィールを紹介していきます!

吉岡里帆 (2)

1993年1月15日生まれ 京都市出身

吉岡里帆 (4)

低身長でスタイル抜群。

吉岡里帆 (1)

学生時代は吹奏楽部に所属しており、アルトサックスを演奏。

吉岡里帆 (17)

趣味は猫と遊ぶこと。無類の猫好き。

吉岡里帆 (15)

書道八段!相当な努力家でしょう。

吉岡里帆 (9)

大津プリンスホテルにアルバイトとして勤務し、接客を学ぶ。「人を楽しませるための気遣い、気配り、おもてなし、この3つは、今でも役者をやるうえで大事なことです」と、女優業の基礎となっていると語っているそうです。

吉岡里帆 (13)

実況パワフルプロ野球のアプリと、コラボしていたのも好感が持てますね!
野球好きのぼくらは、パワプロが好きですから、自然と吉岡さんも好きになります(笑)

吉岡里帆 (3)



そして、ドキッとくるセクシーさ...

吉岡里帆 (1)
吉岡里帆 (11)
吉岡里帆 (3)
吉岡里帆 (6)
吉岡里帆 (14)
吉岡里帆 (5)
吉岡里帆 (2)


これからも、吉岡里帆さんの大活躍に期待しましょう!!!


おまけ【どん兵衛 CM メイキング】





【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍

2017. 05. 04  
konosekai-titleimg.jpg

ロングランを続けている邦画、この世界の片隅で

切ないところもありますが、ほっこりとするシーンも多く、戦時下の生活を丁寧に描いていました。
この作品を見ていると、昭和初期の時代にタイムスリップした気持ちになります。

この作品を観て、最も考えたことは、今の日本の生活はとても裕福になったということです。
空襲もなく命の危険もなく、食べ物にも不自由ない、それだけで幸せなのではないでしょうか。

私が、戦時中に生まれたとしても、その状況を耐え忍ぶことができたでしょうか。

いつ終わるかわからない戦争、配分量の減る配給食料、衣食住がままならない生活環境。
1日に幾度も空襲警報がなり、気持ちが安らぐ暇もなく、劣悪な防空壕の中で何時間も爆音と恐怖に耐え続ける。

今のように職業選択の自由もなく、多くは親から嫁ぎ先も決められる。

今の時代と比較すると自由に人生を謳歌するなんてできませんでした。
それでも、あの時代は、そんな厳しい状況でも幸せがありました。
みんな必死に生きていました。
贅沢言わず、ひたすら耐え忍んでいました。

それを思うと、甘ったれた自分の不甲斐なさを痛感します。
あの時代は、戦争、空襲がどんなに辛くとも、それを避ける術はなく、耐えるしかできませんでした。

しかし、今の時代は違います。
たとえ今がうまくいっていなくとも、自分の努力次第で変えていけるのです。
 もちろん生まれた環境の差はありますが、しかし、誰にでも幸不幸が起こる可能性はあり、逆転するチャンスがあると思えば、平等なのです。
70年前の苦労を思えば、今の恵まれた社会での不遇など取るに足らない、
私ももっと頑張らなければ、と決意させてくれる作品でした。

拙い感想を読んでくれてありがとうございました。

non5.jpg



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍
2017. 05. 03  

ねえぴよちゃん (2)


東京新聞、中日新聞、神戸新聞などで2017 年4月1日から連載が始まった、青沼貴子さんの漫画
『ねえ、ぴよちゃん』
が、とてもおもしろいので、紹介します!

主人公・ぴよちゃんと相棒の猫・又吉が物語の中心です。

ねえぴよちゃん (1)ねえぴよちゃん (7)


ぴよちゃんはいつもニコニコしている小学3年生。
本名の「花乃ひよこ」は、ひよこ草(ハコベ)が由来です。
何ごともポジティブに考え、周囲の人をなごませます。
ぴよちゃんの純粋な前向きさからは、何か困ったことがあっても「前向きに考えればいい」と教えられます。

そんなひよちゃんをいつもそばで見守るのが、猫の又吉です。元気すぎて心配なぴよちゃんをいつも見守っています。
とても賢くて人間の言葉を理解していますが、なぜか大阪弁!
猫から発せられる軽妙な関西弁がユーモアたっぷりです。

「ねえ、ぴよちゃん」は、そんなぴよちゃんと又吉を優しく見守る家族や個性的な同級生たちの物語です。

この漫画を読むと、とにかくほのぼのとして、明るい気持ちになります。
それがぴよちゃんワールドです!

ねえぴよちゃん (3)ねえぴよちゃん (4)ねえぴよちゃん (5)


「ねえ、ぴよちゃん」おすすめです!




【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍


2017. 04. 29  
アイネクライネナハトムジーク



【「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」  あらすじ・感想】

短編集ですが、それぞれの話が繋がりあって1つの大きな物語になっています。
誰かが誰かに影響を与えて、その誰かがさらに他の誰かを動かす。みんな誰かに影響されている。

それがプラスの影響になるか、マイナスの影響になるかは、人との関わり方、その人の捉え方次第です。

この本は読後感がすっきりと、爽快です。明日からまた頑張ろう。と思えます。

ボクシングヘビー級の日本チャンピオンが一応主人公ですが、登場人物が多く、また作中で時系列がまぜこぜになるので、読みながら人物相関図を書いた方がわかりやすいです。

軽妙な会話や、手に汗握るボクシングの対戦シーン。
ほっこりしつつと熱くなれるか素晴らしい作品です。

ボクシング (3)




*『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』とは
Wikiより抜粋

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusik) ト長調 K.525は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したセレナードのひとつである。
ドイツ語でEineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。かつて日本語では「小夜曲」と訳されていたが、今ではほとんど使われなくなっている。この題名はモーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。




この物語は6つの短編が折り重なっていますが、それぞれを少し紹介します。

多少ネタバレも含みますので、ご注意ください!

1.アイネクライネ

「どっかにいい人いないかなあ」
恋人のいない社会人の多くはこう思っていると思います。
学生時代のように、自然と出会える環境がない日常でも、「奇跡、いや、奇跡までは言えないながらも、偶然の出会いがあるんだ。もしかしたら私も...」
そう思えて勇気が出る話です。

ここで出てくる2人の登場人物はこの作品のキーとなります。

◯織田一真
物言いが乱暴で子供っぽいですが、自信たっぷりな姿や言動がかっこいいのです。

◯斉藤さん
無言が鳴らす音楽が人々の心をとかします。この人物はこの本のタイトルとも関係があります。


2.ライトヘビー
この物語の一番のピーク「ナハトムジーク」につながる話です。
不思議な距離感の2人の関係性に注目です。


3.ドクメンタ
全てを書かずに読者に想像させる物語の終わり方が素晴らしいです。
夫婦関係の陰陽が描かれています。


4.ルックスライク
一番練られた短編です。初めはなんのことかわかりませんが、つながりに気付いた時に体が震えました。
しかし、同時に切なさも覚えるという作品です。


5.メイクアップ
誰しもが何か抱えて生きて、その傷を隠しながら生きている、人間の本質が垣間見える作品です。


6.最終話「ナハトムジーク」

現在、9年前、19年前、3つの時代が交錯しながら物語が進みます。

(p.256~)
決戦に備えて過去を回顧する場面で、小野がトレーナーのケリーと会話する場面と、
(p.269~)
世界戦の描写は、胸が熱くなります。
(特に273~278)

寡黙で真面目な小野が、対極に位置する自信家で天才のアメリカ人オーエンに挑戦するシーンはしびれます。

小野の戦う様を見て、「私も頑張らなければ!」と勇気をもらいました!

ラウンドボーイ(少年)の静かな意思表示に気づいたときは、私も小野と共に燃えていました。
最後の左フックは場面が頭に浮かぶようでした。


【名言】
「年齢を重ねても人は変わらない。経験を重ねるからこそ人は変わる」
「何と言っても世界戦だぜ。挑戦者はまだいい。目的がはっきりしてるだろ。向かっていくしかねえんだから。守る側はモチベーションを保つのが難しい。油断大敵なんだよ」



【おすすめ度】

読みやすさ  ☆☆☆☆ 
わくわく度  ☆☆☆☆ 
感動     ☆☆☆
ほっこり   ☆☆☆☆☆
読後の爽快感 ☆☆☆☆☆

ささいな日常にほっこりしつつ、熱くなれる作品。
アイネクライネナハトムジーク

おすすめです!



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム