2017. 06. 13  
ピクセラ 6731

目次
【ピクセラに踊らされる】
【敗因】
【上記の失敗から学んだこと】





【ピクセラに踊らされる】

 5月末頃、1~2万円で買える低位株に興味を持ち、そのうちの幾つかの企業を監視していました。
低位株は、財務体質も悪いことが多いのですが、(だから人気がなくて安価)材料さえでれば、大きく値上がりする可能性を秘めた銘柄なのです。

その低位株銘柄のうち、私が注目していたのは、ライザップ関連銘柄、堀田丸正でした。

しかし、6月9日、ピクセラにIRが出たのです。
・ピクセラの次世代テレビ事業が順調に進捗している
・グーグル社が展開する新しいテレビ事業において、世界的に著名なLG社やなどと並んで、ピクセラがグーグルパートナーの10社のうちの1社として明らかになった

これらは、ピクセラ自身の発表ではなく、Oakという投資会社からの発表でした。

ここから、爆上げが始まります。
ヤフーファイナンスの掲示板をみても、大盛り上がり!

「これが、祭りか!」
私はさっそく参戦いたしました。
SBI証券のPTSで、210で、200株買いましたが、上昇が止まらないので、逐次、買い増します。

このとき、1万5千円ほど利益確定しても、まだ含み益は約7万円、株数も700保有していました。
このときは、含み益を考えて、むふふとなっていたのです。

6月12日のPTSでも450円付近をうろうろしており、
「これは、明日もストップ高あるで?買い増ししようか」と思っていました。

しかし6月13日、100円付近から389円まで走り抜けたピクセラに、ついに調整が入ったのです。

450円付近で始まるも、いつの間にかストップ安。
昼間には、350円付近まで下がってしまったのです。

私は、朝、板気配を読み、いくつか成り行き注文をしていたので、
451円、451円、381円で売り抜きましたが、
残り400株は安値になってしまっていましたが、ここが底値と踏んで、340円で買い増し。
しかし、終値はストップ安の309円。

完全にしてやられました。
終わったことを言っても仕方がないものの、400台のうちに、一度大半を分売しておくべきでした...

しかし、PTSで、339円で200株投げ売り、なんとか利益を確保します・

結局実存益は、約5万円。
うまく分売できれば、この倍は儲けることができました。

恐ろしいもので、10万ほど儲かるかもしれないと期待したとき、4万の儲けがちっぽけに思えてしまうのです。強欲とは恐ろしいものです。

しかし、これはいい経験になりました。この失敗を活かして、次はしっかりと利益確定のタイミングを計りたいと思います。



【敗因】
○希望的観測

掲示板の意見に踊らされました。
「1000円は堅い。」「グーグルのパートナーなのに、時価総額が低すぎる」等
そして、1000円まで上がるなら、今700株持ってるから
300→1000の700×700で49万の儲けやと!
 捕らぬ狸の皮算用で喜んでしまっていたのです。

○欲張りすぎ
これに尽きます。3日連続ストップ高の時点で、そろそろ、利益確定の売りが入ることを予想すべきでした。
いや、予想はしていましたが、もうけを大きくすることに夢中で利益確定まで考えが回っていませんでした。
気持ちが前のめりになってしまったのです。

○分売の甘さ
 朝の板気配の時点で、ストップ高を」つけた、一昨日、機能とは明らかに勢いに陰りが見えました。
この時点で保有700株のうち500株あたりを成り行きで売って400円台でもっと売っていればよかったと思います。
そして、下がってからもう一度拾うことが最上でした。

○仕手株だったのではないか?
IRを発表したのがピクセラ自身ではなくて、出資会社のoakでした。
このoakが曲者でして…
彼らが絡んだ銘柄は異様な動きをするようです…
この爆上げと暴落もオークの掌で転がされただけかもしれません。




【上記の失敗から学んだこと】

☆含み益は幻! 希望的観測を捨てろ!!

含み益は、幻です。利益確定をしなければ意味がありません。もっと上がると思って、利益確定をしないうちに、含み益が消えるなんてことはよくあります。
また、掲示板などは無責任なものです。
いくら好材料でも、3日連続ストップ高では調整に入って当然です。
ストップ安になって売れなくなる前に利益確定をしておくべきでした。。掲示板にだまされず、含み益に慢心しないことが大切だと思いました。

☆満塁HRより二塁打を狙っていく。

 私の今回の失敗は、大きな利益を求めたために起こりました。
含み益は、チャンスでもあり、最大のピンチでもあるのです。
なぜなら、含み益が暴落して含み損になれば、感情が入ってなかなか売れません。
「あんなに含み益があったのに、損切りなんてできるか」と思ってしまうからです。

だからこそ、逆指値をしておくことが重要なのです。

今回の例ならば、前日にストップ高389をつけた時点で次の日は、
まず1つほど、380あたりで逆指し値しておくべきでした。

そして13日の朝気配が450でもみ合っていたので、ここでも430
400あたりでも逆指し値しておくべきでした。

これらが、暴落に備えた利益確定の作戦の一つです。

「高値で売ってしまって、下がってから買う。」
こう考えても、もし上がったらどうしようという考えが浮かびます。
それは仕方がないのです。

満塁ホームランを狙って三振するよち、二塁打を打つ方がいいのです!
株でいうヒットとは、少ない利益で利益確定することですが、それでは大幅な利益は見込めません。
少し貪欲に二塁を狙っていくのが大切なのです。

☆流れを読め!決断の大切さ

「いつ売るか?」
これは投資家にとって永遠の課題です。
こればかりは、どうしようもありません。
...%の利益で、一度利益確定などというルールも、流れに逆らえば失敗します。

ひとつ言えることは、「風」、流れを読む、ということです。
板気配を見て、チャートをみて、トレンドの流れを読む。
これは暴落なのか、調整なのか?
そろそろ調整が入るのか暴落するのか?

希望的観測をせず、冷静にそれを判断して、迅速に対応する。

それができたら苦労はしませんが、数々の経験を踏んでそれを判断できるようになりたいですね。




【リンク集】

拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍

スポンサーサイト
2017. 05. 31  
勝っているときは得意絶頂になり、そして手痛い負けを経験して学びます。




愚かなことで、実際に負けを、損失を経験しないと、学ぶことができないのは
悲しいことですが、この経験を活かすしかありません。

株取引を始めて、はや4ヶ月。

師匠の教えと好調な市場に支えられた私は、順調に利益を重ねていました。
自分の実力で稼いでいるわけでもないのに、「俺ってすごいんちゃう?」という謎の無敵感に包まれていたのです。

そんな時に目をつけたのは、5年連続増益の新進企業、弁護士ドットコムでした。
買い場を探し、938円で買い、999円で買い増しました。
順調に値は上がり、1131円と1203円で逆指し値売却。

IMG_7263.png

セオリーなら、ここで株価は一度調整に入ります。長期線から乖離しすぎなのです。
売り抜けた私は、様子をうかがってから慎重に買い場を探すべきだったのです。

しかし、人間の欲とは恐ろしいもので、「もっと儲けてやる!」という熱い思いは、私の判断を鈍らせました。

5月29日の昼休み。
午前のさらなる急騰確認すると、ろくすっぽチャートも見ないで、1219円で買いました。

いつもなら買値マイナス30くらいで逆指し値するのが私ですが、
(イントラストという会社で1万2千円損してから決めたルール)
今回は、この逆指し値を忘れてしまっていたのです。

ここから株価は「焦って高値でつかみやがったな」と、私をあざ笑うかのような動きを見せました。

1219で買ったあたりから急落。1105まで下がっているのです。

次の日の朝、通勤電車で私は悩みました。
①中途半端な位置で逆指し値注文をするか?
②どれだけ含み損がでても気にせずホールドし続けるか...

これは、投資家全員の永遠の悩みでしょう。

まだ、新米の私にはどっしり構えるという選択ができませんでした。
結局中途半端な位置で逆指し値注文をしてしまったのです。

1074。
板を見ると、1075に3000株の大口注文が入っていたので、その下の値段で指したのです。
ここまでは下がらないだろうという安心。もしこれより下がるならば一気に3桁まで下落するだろうという読みでした。

株において、「希望的観測」は、損失を増やしますことにもつながります。

結局1074で約定していたものの、株はもみ合い、1150円あたりで落ち着いてしまったのです。
売るにしても申し越し待っておけば損失を8000円ほど減らすことが可能でした...

もし、がっしりホールドしておけば、14000円もの損失を出すこともなかったでしょう。




<この一連の売買で改めて学んだ教訓>

○銘柄に恋するな!一度儲けた、大損した銘柄は判断が鈍る 
師匠からの教えにもあったのですが、今回は感情に負けてしまいました。
恋愛におけるサンクコストと同じですね。
自分が気に入っている銘柄には、盲目になってしまいます。
そんな感情の弱点を補うためにも、自分で決めたルールに沿って、投資を行うことが大切ですね。

○逆指し値売却は諸刃の剣
私のように常に相場に張り付いて確認できない兼業投資家には、損失を防ぐために逆指し値注文は必須です。
しかし、逆指し値は非常に難しいです。
値段設定次第で、勝敗が分かれます。

そのため、逆指し値売却をする際には、慎重に値段を決めることが必要になります。
・高値圏で買ったならば、95%
・上昇トレンドが続きそうならば、90%
・中途半端な場所では、絶対に損切らない!
そこまで下がれば、塩漬け覚悟でナンピンかホールド

○出来高を見ろ!
出来高は大切です。よく観察して、注目度を確認しましょう。
イントラストは出来高が先細った末の下落でしたが、弁護士はそうではありませんでした。

○株は我慢料
 最近の私は、とにかく早く利益を出そうとしてしまいます。弁護士ドットコムや九州リースで運良く数日で万を稼ぐ感覚を経験してしまったからかもしれません。
 しかし、もっと我慢できていたら、がっしりホールドできていたら、もっと利益を得ることができた銘柄もたくさんあります。

株取引において、最も忌むべきことは、焦って短絡的に判断してしまうことです。
投資においての私の経験上ですが、雰囲気に流された即決で成功したことがありません。

しかし、「わかっちゃいるけど、やめられない」

株をホールドできず、損失が出たらすぐに損切したくなる一番の原因は資金不足なのです。
本来、株の資金には余剰資金を使うべきであり、貯金の20%あたりを投資するのが、理想です。
生活費の大半を投資に回している私は、クレジット会社からの請求前には株を無理にでも売却しなければなりません。

資金が少ないので、すぐに他の銘柄が気になって、上昇率が悪い銘柄は見切ろうとします。

もし、200万円の資金があれば...
めぼしい低位株7,8つを100株ずつ保有して、さらに、ナンピン用、期待度高い株用の余剰資金として待機もできます。

資金によって、心の持ちようが変わってくるのです。
資金があるほど、どっしりと売買できます。
そして、最も怖いことは、株価の暴落ではなく、暴落時に余剰資金がないことです。

○「たられば」は考えるな!
「この銘柄ではなく、こっちに投資していたら」
「ここはやはり上がった。2倍の額を投資していたら、利益も倍になったのに」
投資している限り、このように思うことは、何度もあります。
しかし、そんなこと考えても仕方がなく、きりがないのです。
あるのは、今現在の結果だけ。

株価の上下左右は常であり、後からその選択に対して評価をすれば、悔しくなるところがたくさん出てきて当然です。
その場その場で最善の選択を積み重ねる。
そして、結果を見つめて、次に活かす。
それだけです。


○含み損は毒、含み益は幻。
そもそもたかだか1万、2万円の損失さえも、ぐっとこらえられないことが、私の最大の弱点です。

含み損は毒。
ポイズンにやられて、中途半端なところで損きり(キアリク)してしまえば、一度は気が楽になります。
しかし、損切りすれば、実際に損失がでてしまうのです。
チャートをみて、明らかに下降トレンドに入ったなら損きりするべきですが、そうでないならば、信じてみましょう。

自信のある銘柄はどっしり構えておくべきです。
業績が右上がりで、自己資本率も高く、有利子負債も低い。
そういう銘柄は、握って離さない。
自らのテクニカル分析を信じましょう。

また、損切りをするならもっと早い段階で、しょう。
中途半端が一番いけません。

リーマンショックの時もそうです。
危険な発想ですが、下落時は安く買い集めるチャンスでもあるのです。
含み損(毒)の期間の問題です。

株とは、我慢です。

☆戦略を立てましょう!
投資はギャンブルです。
しかし、考えるほど、研究するほど確立の上がるギャンブルです。

行きあったりばったりの投資で勝てるのは、ただの運です。
 さっと買って、適当に逆指し値してて、あっという間に5000円損した。
こんなことが最近多いです。
 私は運がよかったために今日までは勝てていましたが、今回の失敗で、
初心に返ることにいたしました。

慎重に買い場を探っていこうと思います。



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍
2017. 05. 31  
日経平均が2万に届かないですが、なかなか堅調な今日この頃!
私が特に注目する銘柄を紹介させていただきます!




◎弁護士ドットコム
自己資本率の高さと、右肩上がりの業績は魅力的です。
暴騰しましたが、まだ割安水準かもしれません。
無配なので、増配の可能性もあります。

希望買値:1130
目標株価:2000
投資期間:長期(2019年~)
売買指針:


◎PALTEC
大手企業ザイリンクスと提携する5G関連株です。
5Gは国策ですので、期待したいですね。
円高に気をつける必要がありますが、順調に株価を伸ばしています。

希望買値:950
目標株価:2000
投資期間:長期(2019年~)
売買指針:上昇に応じて逆指値


◎SFPダイニング
鳥良、磯丸水産を経営する会社です。なんといっても、優待が素晴らしい。4000円分の割引券がもらえます。
飲み代が一日浮きますね!
両店とも味もいいのでうれしいです。

希望買値:1400
目標株価:2000
投資期間:超長期(2025年)
売買指針:暴落に備えて逆指し値


◎セラク
農業IoTを推進する企業です。
持ち株比率がいいですね。

希望買値:1050
目標株価:2000
投資期間:長期(2019年~)
売買指針:上昇に応じて逆指値


○アルチザ
自己資本率の低さがネックですが、5G関連銘柄です。
円高に気をつける必要がありますが、順調に株価を伸ばしています。

希望買値:870
目標株価:1200
投資期間:短期
売買指針:上昇に応じて逆指値


○イントランス
不動産の再生事業が柱の会社です。
和歌山マリーナシティの権利を持っているため、カジノ関連銘柄ですね。
自己資本率の低さと、有利子負債の多さが気になりますが、突然の暴騰がありえるので、宝くじ感覚で買っている銘柄です。
100株2万円ちょっとで帰るので、下がれば、買い増ししていっています。

希望買値:205
目標株価:1000~2000
投資期間:カジノ決定まで
売買指針:吹き上がれば、随時分売していく


○アピックヤマダ
長野県千曲市に本拠を構える半導体の会社です。
自己資本率の低さと、有利子負債の多さが気になりますが、好調な半導体市場に支えられています。
半導体製造のうち、後工程ですので、いずれ吹き出すのではと思っています。
現在は、決算時の内部告発により割安水準だと思います。

希望買値:500
目標株価:650
投資期間:中期
売買指針:吹き上がれば、随時分売していく


○イントラスト
長期的には、とても有望な銘柄です。
現在はまだ、事業を周知している段階ですので、売り上げとなって現れるのは、次、そのまた次の決算あたりでしょう。
日経平均とは全く別の動きをし、IRが出ても全く反応しないなど不気味な銘柄でもあります。

希望買値:820
目標株価:1500
投資期間:長期
売買指針:下がれば買い増し。暴騰すれば一度逆指し値で利確


○コンテック
親会社の業績が絶好調で、株価が暴騰しています。

○チエル
教育IoTの中心的銘柄です。

○IBJ
婚活業界は国策とも言えます。

△アンドール科学銘柄です。


△川西倉庫
神戸に本拠を構え、2019年に創設100周年を迎える老舗企業です。
優待の新設のタイミングを鑑みるに、2019年に一部上場を狙っていそうです。
一部に上がった後は、優待廃止などがあるかもしれません。

希望買値:1100
目標株価:1400
投資期間:2017年10月が買い場
売買指針:一部に上がれば売却


△九州リースサービス
社長が一部昇格を目指すとはっきり明言しています。
2月あたりに900円台まで上昇しましたが、その後は調整を続けています。
10月あたりから買い場を探すつもりです。

希望買値:770
目標株価:1100
投資期間:2017年10月が買い場
売買指針:一部に上がれば売却


△SDエンターテイメント
暴騰すぎている節がありますが、ライザップ関連銘柄です。


△ウエスコホールディングス
水族館の運営に携わる企業です。



【リンク集】

拙い文章を読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍

プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム