2016. 11. 04  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章15話へ | Ⅲ章17話へ→




タッタッッ

赤い操作レバーを右方向に倒すと、主人公が意気揚々と右方向へ走り出しました。

その3秒後...

画面右端から突如現れた黒い鳥に彼は倒されてしまったのです。

奇妙な音楽が流れ、画面にはコンティニーの文字が...

「え?1Pしかないん?
もうゲームオーバーやん...」

2時間がっつり映画見るつもりで映画館に入ったら、本編が2秒しかなかったみたいな顔で半泣きになる僕をみて、2人は爆笑しています。

「へたすぎやろ!」
「俺らに任せろ!」

ボブ、キャプテンが続けざまに挑戦しますが、2人とも5秒と持たず撃沈します。

即座にコンティニーに陥り、しぶしぶながらも50円を入れて何度も挑む姿は、ある種の中毒者です。

両替したばかりの50円玉が底を尽きた時点で、キャプテンはある真実に気づきます。

「ちょ待って。この機械儲けすぎちゃう。」

「そこかよ。俺らが金払いすぎじゃなくて、機械の儲けを気にしてるん?」

「考えても見ろ。
俺らは5秒でゲームオーバーして5秒で次の50円を投入している。つまり10秒で50円を取られてる。つまり1分なら300円やぞ。
これが1時間なら、18000円...」

「え?こいつの時給18000円?!」

「ぼったくりバーかよ!」

「'バー'ではないよな。マスターとかおらんし。」


機械の儲けを僻んだあとは、また別のことが気になり始めます。

「てかさ、あのマリオで例えたらクリボー的な立ち位置のやつ強過ぎん?」

「たしかにな。開始5秒で出るキャラとは思えん...」

僕とボブが、黒い鳥の強さに頭を悩ませていると、キャプテンはさらりと囁きました。

「めっちゃ筋トレしたんやろ」

「筋トレ?
そんなんでどうにかならんやろ。」

「人並み以上に、筋トレしたんやろ。影の努力ナメんなよ。」

「そっか。
ならしゃあないな。筋トレした奴には勝てんわ。」

「けどさ。クリボーの立ち位置のやつがあんなに強いんやから、
あいつの後に出てくるキャラはもっと強いんやろな。」

「違うで。あいつが1番強い。」

「は?なんであいつが1番強いねん。」

「1番打つバッターが1番打者みたいなもんや。セオリーを無視してくる。」

「となると、あいつがボスキャラみたいなもんか?」

「そうやな。
あいつが1番強いねんからあいつを倒したら全クリや。」

「それなら、10秒で全クリできるやん。手応えなさすぎやろ!
なんやねんこのゲーム!」

妙な議論に時間を費やした僕らは、開始5秒でゲームオーバーになるゲーム'魔界村'を後にしました。
その後もいろんなゲームをしますが、どれもすぐに飽きてしまいます。


「なんかめっちゃ熱中できるアーケードゲームないかな...」

ボブとキャプテンがあたりを見渡して歩いているとき、ぼくは1人でガンダムに熱中していました。

「ガンダム?おっさんかよ。きもっ!」

ボブはそう言うと、ガンダムの隣にあったよくわからないゲームに目を奪われていました。

「ダ、ダイナマイト刑事…?」

ダイナマイト刑事。
名前のインパクトだけではなく、どういうゲームか全くわからない神秘性…

「おい、これやろうぜ。」

ボブとキャプテンは2人が座れる長いいすを持ってきて、ダイナマイト刑事の前に座りました。

ゲームオーバーになり、ガンダムを終えた僕は、彼らが怪しみながらも50円玉を投入しゲームを始める様子をじっとみつめました。

この時はまだ、このぶっとんだダイナマイト刑事の恐ろしさに誰も気づいていませんでした。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

大西洋上の豪華客船を舞台に繰り広げられる死闘...
俺たちバグジー親衛隊は、次々と遅いかかるテロリストたちを倒し、人質を解放することができるのか...?

11月11日(金)

→17話 史上最悪のクソゲー「ダイナマイト刑事」(1)

15話 メトロ神戸の洗礼

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る15話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後16
スポンサーサイト
2016. 11. 06  
俺バグ延長戦Ⅲ章




「服がっ!
致命的にっ!

ださいっ!!!」


大学生時代、そう言われ続けた俺は社会人になって私服を大量購入した。

どこで買ったかって?

BEAMS? そんな高価なとこじゃない
ユニクロ? そんな大衆的なとこじゃない

「洋服の青山」


GW中頃のある日、俺は社会人用のスーツを買うついでに、洋服の青山で私服を大量購入した。

そして、「やっぱり5人が最強」(ボブ、キャプテン、まさはる、ギアル、俺の腐れ縁5人組)のグループラインに買った服の写真を送信した。

(グループ名がださいと思うときもあるが、
女子だって自分らでグループ名つけるし、
俺らもきゃぴったってええじゃないか)

「社会人なったし、お洒落になりてえ!
今日買った服みてくれ!」

俺の服の写真をみてボブがすぐに反応した。
「とっしーの買った服。なんで全てシャツなん?」

「シャツしか売ってなかった」
俺は事実を述べる。

「どこの店で買ったん?」

「洋服の青山」

「は?」

「ん?洋服の青山」
スーツ買うついでに私服買ったからな、
洋服の青山においてある私服は、シャツしかないんや。」

「青山で私服買うセンスぱないな」
ボブの文章からはドン引きがありありとにじみ出ていた。

俺は洋服の青山で服を買うに至った経緯を説明した・

俺「私服買いたい」
母「洋服の青山なんでもあるで」
俺「せやな」


ここでまさはるが言葉を挟む。
「買やぁいいって気分やろ」

ボブは言う。
「それは絶対あかん。
服ってとりあえず買やぁいいってもんでもない。」

そして、ボブとまさはるは服の購入とパチンコを絡ませて俺に説明する。

「手堅く絆の設定狙い=青山で服買う=意味がない出費な」
「初めからゴッド行く=そこらの洋服屋に行く=もしかしたらカッコ良くなる」

「まあ言い換えると期待値がないやな」
「初めからGODいく=高い金払ってブランドもん買う」

「お前らなんでもパチンコやな」
絆だとかGODだとか、よくわからんかったが、
とりあえず、洋服の青山で私服を買っちまうってことがいかにまずいかは理解できた。

ボブは追い打ちをかけるように語る。
「青山の服=無理が成り立ってしまってるからな」

*急にぶっこむ用語解説
「無理」=彼女ができない状態のこと
無理をこじらせると生涯独身、死んでしまうマンとなる


「青山の服ってそんなに無理なんか?」しんぷるな疑問をぶつける俺。

「`これどこの服?`
`青山で買ったど!`

`ヒェ…`」

「間違いない」
まさひこの意見にうなずくボブ。

「けどよ。青山の店員くっそおしゃれやぞ。
あんなお洒落な人らが売る私服もかっこええはずやろ?」

いまだに青山信仰を続ける俺にボブが引導を渡した。

「とっしー。ほんまに。
ちゃんと服買えよ。
お前は一人じゃあかん。
まさはるとかについてきてもらえよ。

そのままじゃ。きついぞ。
いくってさ…」

*急にぶっこむ用語解説
「いく」=彼女を作るためにアタックすること


「髪型、服、トークとか全て合わさって決まると思うねん。
そのうちの一つが青山じゃいくらトーク出来てもまじできついと思うで。
青山で私服買うっていう発想が思いつかんからぱない」

ボブは本気の文章からは、ライン越しでも`真顔`の感情が伝わってきた。

しかし、それをちゃかす、まさはる

「俺のターン!いけっ`あおやま`!」


俺はボブの懸命の説得に心を動かさ言葉を吐き出す。
「俺さ、まあまあ話せるしワックスも最近がんばってるのになんで彼女できんのやって思ってた。
ステータス的には贔屓目このへんやろ
髪型6
服1
トーク6」


「まあそんなもんやな」
「俺もそのへんやと思う」

ボブがステータス論の説明を付け加える。
「ステータス全て合わせて18以上あればいけるとする。平均6や」

「証明問題かよwww」

「普通でええやん普通で。6とりゃあいい
髪型、トークが今6やから...」

「あっ(察し)」


「うっわ!服装ましにするだけでぐんとイケそう」
俺は急に希望に満ち溢れてきた。

「アウトレットとか行ったらええやん」
「ブランドもんのマネキン買いやな、かっちょよくなるぞお」

「5月5日、俺らで遊びに行くときいこーぜ!」

こうして、5月5日
関東在住のボブ以外のメンバーでアウトレットに行くことが決まったのだった。

久しぶりの「やっぱり5人が最強」集会。
どんなことが起こるのだろうか…?



最後にボブが語った。
「しんぷるな疑問やから俺こんど友達に聞くわ…

`お前って洋服の青山で私服買ってる?`」



TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした





次回予告

キャプテンの家に行きたがるギアル。東京に来てほしくてたまらんボブ
それぞれの想いは交錯し...
COME ON TOKYO!

11月20日(日)
2話 タイトル未定

次回の俺バグ延長戦は再来週の日曜日にアップします。
よろしくおねがいします。




-俺バグ延長戦- 拝啓、いつかの君へ
作者が弾き語るエンディングテーマ

 「シェリー」 尾崎豊 



俺バグ延長戦7


2016. 11. 11  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章16話へ | Ⅲ章18話へ→




大西洋上の豪華客船`BARMUDA`が、『カリブの海賊』と名乗る武装テロリスト達にシージャックされた。
テロリストたちは、船内にいた約2000人の乗客は人質を取り、政府に多額の身代金を要求した。

そう。
俺たちは、ダイナマイト刑事。
今から3種類のキャラクターに扮し、テロリストと戦っていくのだ。

同時に2名しか行動できないのが、このゲームの難点だが、
ドラゴンクエストの馬車システムのだと思えば問題はない。

そして、冒険が始まる…

――――――――――――

筋肉ムキムキタンクトップの軍人のキャラに扮したぼくらは、ゲームを始めます。

ゲームが始まるとなぜか船上に突っ立っていました。

「ダイナマイト刑事というタイトルから予想されたのは刑事ものやな。」
「この船上で事件が起こるわけか。」

そんな僕らの目の前に現れたのは、パンツ一丁の男とアフロヘアーの男。
彼らは、得体も知れない奇声をあげて僕らに殴りかかってきます。

「うわっっ!いって!」

殴られると同時にぼくらの真上に現れた体力ゲージが減っています。

「なにこれ刑事ものやなくて、肉弾戦?」
「そうか!この船はテロリストにのっとられたんや!こいつらを倒せってことやな?」
「理解力すげえな...」

ぼくらは反撃を決め、パンツとアフロ(テロリスト)にむけ、走っていこうとします。

グギガガガギゴ...

「あかん。おい!縦方向に動かれへんぞ!!!体がググッグって、横に引っ張られる…」

「あ、このゲーム横移動だけや…」

このゲームは「ポリゴン化したベルトスクロールアクション」のようで、横移動しかできないマリオ形式を採用しているようです。


僕らが横移動限定に戸惑ってる間に、パンツとアフロは後方に下がった位置から銃を撃ってきます。

「あかんっ伏せろ!」
「伏せるのもできんって、横移動限定なんや!」

「痛い痛い痛い痛いっ!冷たっ熱ッ!」
銃撃を食らうぼくらの真上の体力ゲージはスリスリとすり減っていました。

「とにかく、横方向しか動けんねんからこれで戦うしかない。俺らも遠距離用の武器を手に入れるぞ。」

「ん?下になんか落ちてるぞ。」

「よし!それを使え!」

拳銃と対物ライフルを掴み、テロリストに発砲します。
テロリストと言っても風貌はパンツ一丁とアフロヘアなので、心は痛みましたがそんなこと言ってられません。

「撃ち方ヨォし!」

...パンパンっ!
ピュンピュンピュンッ!

テロリスト(パンツとアフロ)は麻◯でラリッているのかなんなのか、多少の銃弾では致命傷になりません。

「一発やニ発では全然倒れへんやんあいつら!」

「もっと撃てよ!」

カチ、カチ、カチチ...

「あ、弾切れや...まだ3発しか売ってないのに」
「少なすぎるやろ!みなと神戸花火大会大会なんて1万発やぞ!」
しらんがな

次の武器を探し、拾っている間にも、相撲取りのようなデブ、エセ空手家など、敵はますます増えていきます。

「拉致があかねぇ。おれたちが敵を倒すより敵の出現するほうが早い。」

「くそっもっとええ武器はないんか!?敵を一掃せんと、体力ゲージがなくなってまう...!」

猫の手も借りたい気持ちのさなか、目の前に珍しいアイテムがちょこりと現れました。

こ、こしょう?

「よし!これを使うか!」
「なんの役に立つねん?」
「まあみてろって!」

そういってボブはお相撲さんたちにこしょうをテロリストに投げつけました。

敵にぶちあたり、まきちらされるこしょうを吸い込んだテロリストたりは、んごぉといううめき声をあげながらくしゃみをして苦しんでいます。

「今だ!あいつらの動きが鈍いうちに撃ちまくれ!! 」

ダダダダッダッ…….


こしょうというアイテムに救われ、次のステージへ進んだ僕らは休む暇なく次々襲い掛かるテロリスト達はと戦い続けました。

襲ってくるのは、原住民もどき、メイド、4本足の警備ロボットなど、これでもかといわんばかりにおよそテロリストとは到底思えないような奇怪な連中たち。

「テロリストというよりは変人の集まりやろ。」

「現地でそのへんから寄せ集めただけの安上りのバイトちゃうん?」

そんな中、僕らの目の前に現れたのは、フライパンを片手にデブいコックさん。
彼の頭上には、BOSSというゲージが乗っかっていました。

「コイツが…ボスか!?」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

対戦車ライフルをコックさんにぶっぱなし…
そして現れたのは8本足のバケモノ…
俺たちはどう切り抜ける?


11月18日(金)
→18話 史上最悪のクソゲー「ダイナマイト刑事」(2)

→16話 魔界村へようこそ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る16話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後9
2016. 11. 18  
00000289_820_462.png

11月18日(金)に発売されたポケットモンスターサンアンドムーン

☆今作は、ポケモンジムはありません。
4つの島を巡り、試練を乗り越えていくというストーリーです。

ゲームの流れを記していきます!

主人公はカントー地方からアローラ地方へ引っ越してきました。
IMG_6984.jpg

今作では、自分の顔を選ぶことができます。
IMG_6985.jpg


まず、はじまりの町、リリィタウンへ向かいます。

そこで、「みるからにしまキングってかんじのしまキングを探せ」と言われます。

しまキングことハラさんはこちら
IMG_6989.jpg

その後、OPの女の子を追って、前方のマハロ山道へ

・イベント発生
 ほしぐもちゃんを守る

・しまキングからポケモンをもらう
 IMG_6990.jpg

・しまキングの孫、「ハウ」と戦闘

・1番道路で野生ポケモンの捕まえ方をレクチャーしてもらう

*1番道路では、ピチューが出現します!

・祭りでもポケモンバトル
 VSハウ
 ピチューと御三家ポケモンの2匹

・家の南方  はかせの研究所へ

・家の左下 ポケモンセンターへ

・その奥のトレーナーズスクールへ

ショップで確認するとお金がめっちゃあります。35684円!
母からもらったお小遣いが大きかったようです!


・ハウオリシティへ

☆街の手前のIDくじができる建物の研究員らしき人に、
ポケモン図鑑10匹集めて、みせると、ハイパーボール10個もらえます

☆ブティック屋の前のおばさんに「シルクのスカーフ」をもらえます。


☆わざ忘れおじさんもハウオリシティです。

・ポートエリアでスカル団と対戦

・続けて、トレーナーズスクールキャプテンのイルマと対戦(ヤングースとドーブル)


・2番道路へ向かい、右側に霊園でフワンテを捕まます。
そして、ハウオリシティのポケモンセンターの女性に見せると、
「ええもんあげるわ」と言われ、10000円もらえます。
こんな子供に10000円もくれる、お姉さん...

・2番道路でスカル団と対戦

・2番道路のポケセンでは
オニスズメをもっていたら、ワンリキーと交換してくれます。

・2番道路で、試練をクリアする

・3番道路でリーリエを探す
 ライバルとバトル

・3番道路の右上でケンタロスに乗って岩を砕くと、
 技マシン83 まとわりつく

☆イワンコを捕まえて三番道路一番下の男にみせると...

・大試練 VSハラ
かくとうタイプの使い手です。
マンキー14
マクノシタ14
マケンカニ15

ライドギアをもらい、ポケモンに乗ります。
今作では自転車がありません。

街中でケンタロスに乗るのもどうかと思いますが...
危険ですよね(笑)

IMG_6995.jpg

・ポートエリアへ向かい、船に乗りアーカラ島へ

・カンタンシティ

☆カンタンシティの乗船所の右の建物に、姓名判断氏がいます。

・4番道路を越えて、オハナタウンへ

・オハナタウンの北の牧場へ
 ケンタロスのイベント、ピントレンズをもらえる

・預け屋さんの中の人に話しかけると、
技マシン10 目覚めるパワー をもらえる


・ここで、スカル団の用心棒・グラジオと対戦。
タイプ・ヌルを繰り出してくる

☆5番道路のポケモンセンターの人に
ヒンバスを見せると?

・せせらぎの丘へ
試練、ヌシを倒す
ヨワシ(むれ)は かなり強いので、草タイプのポケモンを連れて行きましょう。

仲間としてよびだされる、ママンボウがいやしのはどうをたかってきて厄介です。
なので、ヨワシ(むれ)本体を先に倒しましょう・

・6番道路のウソッキーを越えて、ロイヤルアベニューへ

・7番道路を越えて ヴェラ火山公園へ
ヌシは、炎タイプのエンミュート

ガラガラの踊りの見極めるイベントは楽しいです。
IMG_7003.jpg
IMG_7002.jpg

・8番道路を越えて5番道路へ
シェードジャングル
マオの試練

☆ここでかいりきを使うと,,,

・6番道路を抜けて
 空間研究所へ

・ディグダのトンネルを越えてコニコシティへ
ポケモンセンターの向かいの店へ入る
そこで、伝言を受け取り、東方向の命の遺跡へ

スカル団との戦闘を経て、

VSしまクイーン・ライチ
ノズパス26
ガントル26
ルガルガン27

・ハノハノリゾートから、エーテル財団に連れられて、エーテルパラダイスへ

・エーテルパラダイスへ
ここで財団の長、ルザミーネという美魔女と遭遇

ウルトラホールから空間の裂け目から現れた?????というウルトラビーストと戦闘
IMG_7004.jpg

そして、この後、第三の島、ウラウラ島に向かいます。


<おまけ写真俺バグ最後


かんこうきゃくの女の子が可愛いです!
IMG_7005.jpg

オーキド博士っぽい人が日焼けした姿で登場。
カントー地方の「オーキド博士」とは別人の「ナリヤ・オーキド」。
アローラ地方に根付くリージョンフォームの研究家で、「オーキド博士」の“いとこ”だそうです

IMG_7006.jpg






俺バグ最後


#ポケットモンスター サン
#ポケットモンスター ムーン
#ポケモンサンムーン攻略
#ポケモンサンムーン オーキド
2016. 11. 18  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章17話へ | Ⅲ章19話へ→




「た、対戦車ライフルって書いてるぞ?」

にんじんに見えるグレネードを投げてくる危険なコックさんと対峙する中、僕たちは強力な武器を見つけました。


「それをコックさんに撃って?」


「え?これ対戦車ライフルやで?
人に撃てば骨も残らないレベルで粉々に吹っ飛ぶし、そもそもこれらを人に向ける事自体が犯罪やろ。」

「んなこと言うてる場合じゃないやろ。
やらなきゃ俺たちがやられるんや!
覚悟を決めろ!」

「か、覚悟?
覚悟...」

僕は息をゴクリと飲み込み、銃口をコックさんに向けます。
震える手で引き金を触り、引き金を引く決意を固めたその時...

自動感知センサーは、'ピッ'と交通ICカードに反応したような間抜けな音を上げ、銃口からダァーンという音を立て、コックさんに発泡しました。
球は直撃し、ドォッーンという炸裂音をあげて爆発!

さよならテンさん...
20.gif


とてつもない爆発にも関わらず、モクモウと捲き上る煙の中からコックさんのシルエットが浮かび上がります。

パッパッ...
チャオズを払いおとすような仕草で不敵な笑みを浮かべるコックさんな本当に人間なのでしょうか?

ワンピースのサンジが空を歩いた時のような衝撃に包まれ、亜然とする僕ら。

「き、効いてない。」

「予想のナナメ上を行くまさに'ダイナマイトバカゲー'やな。」

こうなれば地道に攻撃し続けて敵の体力を削っていくしかありません。

その間に僕らの体力ゲージは何度も0を迎えますがそんなことは気にしません。

「倒されたら50円入れたらええだけやろ。」

「50円で蘇れるねんから嬉しいな。」

終盤のドラゴンボールのように命を軽視してしまっています。

完全ライフ制で残機が無く、一度死ぬとコンティニューへ直行するのですが、50円玉さえ投入すれば僕らは何度でも蘇るのです。


「こうなりゃヤケや!」

落ちている銃には限りがあるので、普通に考えたら武器としては使えないであろう代物まで武器として扱い、総力戦でコックに挑みます。
鉄パイプを振り回し不良のような気分になり、
クラスの委員長に怒られへんか心配になりながらも掃除用デッキブラシを振り乱します。

椅子、ドラム缶などを投げ飛ばしているうちに、コックさんは倒れ込んでいました。

「や、やっと倒した...」


次に僕らを襲ったのはバミューダ族という全身黒塗りで骸骨のような白いペイントを彩ったやつらです

彼らにダメージを与えて、ダウンさせると二人に分裂するというアメーバのような珍しい人たちです。

迫り来るバミューダ族や他の謎キャラをたちコマンドを適当におして攻撃して倒すという、
ダイナマイト刑事になりきって戦い続けてから約30分がたちました。

50円玉でのコンティニューは二桁を越え、ステージ攻略後の急なコマンド入力(「左」と画面にドカっと表示される)

*QTE(素早くレバーかボタンを入力する)が入ることがあり、これに成功すると有利にゲームを進められる

にも慣れた僕らは、このゲームの完全クリアへの手ごたえを感じていました。

ある扉を開いた時に、目の前に全長20mはあろう
タコが現れるまでは...


「おい!この巨大タコ強すぎる。」

「てかなんでタコがおるねん!」

巨大だこは、僕らを容赦なく痛めつけてきました。
足を使って巻きついてきたり、8本足を揺らして仲間の子ダコを集らせて僕らを襲わせたりします。


「うわっ!墨吐いてきた!服汚れるやんけ!」

「この服高かったのに...あとでクリーニングいこ。」のんきやな。

体力ゲージが2列、洒落にならない攻撃力、ゲームバランスもへったくれもありません。

「あっかん!やられた!」
「うわっっ!俺もやられた!」

ボブとキャプテンは同時に倒された後、画面両側にコンティニューの文字が刻まれています。

「とっしーはよ、金入れて。」

「もう小銭ねぇよ。」

「両替してや。」

「いや、もう残り1000円しかない。
てか、もうえーやん!諦めよう。
全クリはむずいって!」

「バカヤロー!
諦めるなよ!頼む両替してくれ!」

ボブは必死の形相で吐き出した言葉を聞いた僕は、メトロ神戸の地下中の空気全てを吸い込む勢いで息を吸い込み叫びました。

「絶対、両替せん!!!」


「あぁ~。終わった。両替してくれんのかよ。」
「ここまでの苦労はなんやったんや。」

ボブとキャプテンはそういってコンティニュー画面の前でうなだれていました。

両替機の近くで、ウィーンジャラジャラジャラという音がしていることに、気づかず…


5.4.3.
コンティニュー画面は、刻一刻と数字を刻みます。

これが0になったとき、ここまでのステージクリアは全て無となります。

「ついに終わりかよ...」
「あとちょっとやのにな...」

ため息交じりの彼らの真後ろからひょろ長い腕を伸ばし、50円玉を投入した少年は、肺が張り裂けそうなほど空気を吸い込んで、叫びました。

「こんなとこで諦めてたまっか!
つづけっぞ!」


「おぉぉおおお!!」
ボブとキャプテンは雄叫びをあげます。


「このタコを倒すには金を入れまくるしかない。」
「50円玉をこの台の上に置いて、すぐにコンティニューする。ノンストップで攻め続けるぞ!」

グリー、モバゲーなどスマホソシャゲーが流行る約1.2年前、僕たちは一足早く課金兵になっていました。

それから5分後...

ゲームバランスを破壊するほどのボスタコ・クラーケンも金に糸目をつけないことによって、何度倒されても立ち上がる僕たちにたじろいでいました。

タコ目線からすれば
「こいつら何回倒しても10秒以内には復活してきやがる。ゾンビかよ...」と思っているでしょう。


「いっけぇ!ドォーン!」キャプテンは、溜め込んだ力を右足に込め、クラーケンの足にぶち当たりました。

クラーケンは8本の足をばたつかせ、苦しんでいます。

グゴゴゴゴ...
クラーケンは得体の知れない音を発しながら倒れこみました。


「うおっうぉっ!」
「しぇっあっ!!」
「ついにやったぞ!」

僕らは甲子園出場を決めたかのように抱き合い、喜びました。

このボスを倒した達成感が大きすぎて、僕はこの後のゲーム展開をよく覚えていません。

最後のシーンでは、全然可愛くないメインヒロインを巡ってここまで共闘してきたプレイヤーキャラが2人で争うことになり、

「え?」
「おれらが戦うん?」

と、戸惑うも結局、本気で勝ちたくなったような気がします。

そして僕ら3人は最後に声を揃えて呟きました。


「ダイナマイト刑事はクソゲー!」


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

「負けたくても負けられんねん。」
嫌味ながらに卓球をするボブに、とっしーとキャプテンは一矢報いることができるのか??

11月25日(金)
→19話 情熱卓球

←Ⅲ章17話 史上最悪のクソゲー「ダイナマイト刑事」(1)


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る18話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後7
2016. 11. 20  
1.動画でレクチャー わざマシン アイテムの場所
2.わざマシン一覧


00000289_820_462.png




<1.動画でレクチャー わざマシン アイテムの場所>

じしん




かえんほうしゃ




でんじは




いのちのたま



こおりのいし






<2.わざマシン一覧>

わざマシン1 ふるいたてる メレメレ島:トレーナーズスクールのバトル後にもらう
わざマシン2 ドラゴンクロー ポニ島:ポニの大峡谷の試練の土地にある右側のくぼみ
わざマシン3 サイコショック ウラウラ島:日輪/月輪の湖にある神殿の右奥
わざマシン4 めいそう ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン5 ほえる メレメレ島:3番道路からラプラスライドをして行った先にあるカーラエ湾の左下の陸地
わざマシン6 どくどく エーテルパラダイス:ドッグエリアの左下
わざマシン7 あられ アーカラ島:ロイヤルドームのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン8 ビルドアップ アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン9 ベノムショック アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン10 めざめるパワー アーカラ島:オハナ牧場の預かり屋さんにいる女性からもらう
わざマシン11 にほんばれ アーカラ島:ロイヤルドームのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン12 ちょうはつ ウラウラ島:12番道路で予告編に出ていた男性と会話してもらう
わざマシン13 れいとうビーム ウラウラ島:ラナキラマウンテンの最初の分かれ道を左に行った先
わざマシン14 ふぶき ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン15 はかいこうせん ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン16 ひかりのかべ アーカラ島:カンタイシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン17 まもる アーカラ島:カンタイシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン18 あまごい アーカラ島:ロイヤルドームのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン19 はねやすめ ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン20 しんぴのまもり アーカラ島:カンタイシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン21 やつあたり ウラウラ島:マリエシティのマラサダショップでオラングルと話す(夜だけかも)
わざマシン22 ソーラービーム ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン23 うちおとす ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン24 10まんボルト ポニ島:ポニのこうやの入り口の左にある斜面を登り、一番左の斜面を降りた先の岩の近く
わざマシン25 かみなり ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン26 じしん ポニ島:殿堂入り後、ポニの古道の上をケンタロスライドで岩を壊しながら進んだ先
わざマシン27 おんがえし ウラウラ島:マリーシティのマラサダショップでオラングルと話す(夜だけかも)
わざマシン28 きゅうけつ アーカラ島:アーカラ島の右下の小道を行った先
わざマシン29 サイコキネシス エーテルパラダイス:UB1との戦闘終了後ビッケからもらう
わざマシン30 シャドーボール ウラウラ島:14番道路でラプラスにライドをし、左にある壊れた灯台
わざマシン31 かわらわり メレメレ島:茂みの洞窟の左の段差の上
わざマシン32 かげぶんしん アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン33 リフレクター アーカラ島:カンタイシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン34 ヘドロウェーブ ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン35 かえんほうしゃ ポニ島:ポニの大峡谷にある木の根に隠れた穴を進んだ先の洞窟の左
わざマシン36 ヘドロばくだん ウラウラ島:ポータウンのいかがわ屋敷の2階にある左上の部屋
わざマシン37 すなあらし アーカラ島:ロイヤルドームのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン38 だいもんじ ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン39 がんせきふうじ アーカラ島:ヴェラ火山の左側の下山道
わざマシン40 つばめがえし ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン41 いちゃもん アーカラ島:5番道路の右側の通路
わざマシン42 からげんき ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン43 ニトロチャージ アーカラ島:8番道路のアクロマとのイベント中にもらう
わざマシン44 ねむる アーカラ島:ロイヤルアベニューのスーパー・メガやすでスリーパーに1000円あげるともらえる
わざマシン45 メロメロ アーカラ島:ハノハノリゾートのホテルの左上で起こるカイリキー救出イベントでトレーナーを倒すとカイリキーからもらえる
わざマシン46 どろぼう メレメレ島:茂みの洞窟のぬしの間でケンタロスにポケライドをして岩を壊した先
わざマシン47 ローキック アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン48 りんしょう メレメレ島:ハウオリシティのショッピングエリアの夜に発生するベトベターイベントでもらう
わざマシン49 エコーボイス メレメレ島:ハウオリシティのボートエリアの手前にある草むら
わざマシン50 オーバーヒート ポニ島:殿堂入り後、ポニの花園を進んで最初の分岐点を上、次の分岐点を下に行った先
わざマシン51 はがねのつばさ ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン52 きあいだま ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン53 エナジーボール アーカラ島:シェードジャングルをケンタロスとカイリキーにポケライドをしながら右に進み、その先にある8番道路の右上
わざマシン54 みねうち メレメレ島:ハラに勝利後ククイ博士からもらう
わざマシン55 ねっとう アーカラ島:せせらぎの丘の3つめの湖を下に行くとある道の先
わざマシン56 なげつける メレメレ島:ハウオリ霊園で夜にカイリキーに乗っている女性に話しかけるともらえる
わざマシン57 チャージビーム アーカラ島:5番道路のポケモンセンターの左下の道を進み、分岐点を上に行った先
わざマシン58 フリーフォール アーカラ島:8番道路、全てのトレーナーを倒した後にスタート地点のエリートトレーナーと話すともらえる
わざマシン59 ぶんまわす アーカラ島:8番道路側から5番道路に入って段差を1段降り、左側の道に入って分岐点を右に曲がった先
わざマシン60 さきおくり ポニ島:ポニの広野にいる全てのトレーナーを倒すともらえる
わざマシン61 おにび アーカラ島:コニコシティ
わざマシン62 アクロバット メレメレ島:テンカラットヒルでケンタロスライドをして岩を壊しながら左に進み、その先にある最奥空洞の右上の草むらを抜けたところ
わざマシン63 さしおさえ ウラウラ島:地熱発電所のコイルの近くにいる研究員からもらう
わざマシン64 だいばくはつ メレメレ島:メレメレ海の左下にある岩をサメハダーライドで壊し、その先にある洞窟の一番奥
わざマシン65 シャドークロー アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン66 しっぺがえし ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン67 スマートホーン アーカラ島:マオの試練終了後にククイ博士から貰う
わざマシン68 ギガインパクト ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(50000円)
わざマシン69 ロックカット ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン70 オーロラベール アーカラ島:カンタイシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン71 ストーンエッジ ポニ島:海の民の村のポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(30000円)
わざマシン72 ボルトチェンジ ウラウラ島:ホクラニ岳のポケモンセンターから下に行き、途中にある右側の草むらを進んだ先
わざマシン73 でんじは アーカラ島:7番道路の右からラプラスライドをして道なりに進んだ先にある島の左奥
わざマシン74 ジャイロボール ウラウラ島:マリエシティから11番道路に入り、最初に見える中央の茂みの中
わざマシン75 つるぎのまい ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン76 そらをとぶ ウラウラ島:マリエ図書館の1階にいる麦わら帽子をかぶったお姉さんからもらう
わざマシン77 じこあんじ ウラウラ島:12番道路の全てのトレーナーを倒した後に”12番道路のカフナ”と話す
わざマシン78 じならし ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン79 こおりのいぶき ポニ島:ポニの荒磯の左上にある段差の上
わざマシン80 いわなだれ メレメレ島:メレメレ海でサメハダーライドして右下にある岩を壊した先にある陸地
わざマシン81 シザークロス ウラウラ島:16番道路のポケモンセンターの右にある建物の下を潜った先
わざマシン82 ドラゴンテール アーカラ島:コニコシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン83 まとわりつく メレメレ島:3番道路に空を飛んで右下の道にある岩をケンタロスライドで壊した先
わざマシン84 どくづき ウラウラ島:17番道路の右を進み、すべての段差を左から降りた先
わざマシン85 ゆめくい ウラウラ島:ハイナ砂漠の出口付近にある積まれた石の数が「2→1→0→4→左→4」の順番に調べる
わざマシン86 くさむすび アーカラ島:シェードジャングルの左側の木のくぼみ
わざマシン87 いばる メレメレ島:殿堂入り後、2番道路の右の家にいるグズマの母親からもらう
わざマシン88 ねごと アーカラ島:6番道路の左の小道
わざマシン89 とんぼがえり ウラウラ島:マリエシティのポケモンセンターにあるわざマシン売り場で購入(10000円)
わざマシン90 みがわり メレメレ島:殿堂入り後、ポケモン研究所にいるククイ博士からもらう
わざマシン91 ラスターカノン ポニ島:海の民の村の右にあるハガネールボートに入り、下のドアから出た先
わざマシン92 トリックルーム アーカラ島:殿堂入り後、ハノハノリゾートのホテルにいるカヒリからもらう
わざマシン93 ワイルドボルト ウラウラ島:15番道路の下でラプラスライドをして、さら下に進んだ先にある陸地
わざマシン94 なみのり ポニ島:ポニの荒磯の右下にいるビキニギャル2人組とのマルチバトルで勝利するともらえる
わざマシン95 バークアウト ウラウラ島:10番道路で全てのトレーナーを倒した後、ベテラントレーナーに勝利するともらえる
わざマシン96 しぜんのちから アーカラ島:5番道路で全てのトレーナーを倒した後に発生するプチ試練で、おじさんに勝利するともらえる
わざマシン97 あくのはどう ポニ島:ポニの海岸でケンタロスライドをして岩を壊しながら進んだところにある段差を降りた先
わざマシン98 たきのぼり ポニ島:ポニの荒磯の右下にいるビキニギャル2人組とのマルチバトルで勝利するともらえる
わざマシン99 マジカルシャイン ポニ島:ポニの大峡谷を進んで洞窟を抜けたところの右にある小さな穴を進んだ先
わざマシン100 ないしょばなし メレメレ島:ハウオリ霊園を右に進んだ先


俺バグ最後
2016. 11. 20  
俺バグ延長戦Ⅲ章




*今回は会話中心です。省略表記を説明しておきます。
とっしー=俺  キャプテン=キ  ボブ=ボ  ギアル=ギ  まさはる=ま


5月5日。

俺、ボブ、ギアル、まさはるの4人は、
2月の卒業旅行ぶりに「やっぱり5人が最強」の集合が決まった
(ボブは関東に在住のため不参加)

当日は、4人全員で三宮に集合してレンタカーを借り、三宮→六甲山牧場→垂水のアウトレットへ行く。
だいたい~そんな感じ~…日和。


その前日の5月4日。

キャプテンはラインで質問した。
「明日、俺は家に待機でええ?」

ギ「ええよ」

き「こいつは嬉しいや!」

俺「いや、全員三宮集合にしようや」

「いや、車できゃぷてんの家まで迎えにいこ。絶対いこ。」
ギアルは、免許を持っておらず車が運転できないのだが、無責任なことを言う。

それにつられてキャプテン
「別に三宮行くのに、絶対来るんやったら待機しとくわ。そっちのが楽やしな。」

俺「いや、キャプテンも三宮来てや。」

ギ「来るな。キャプテンは家おってくれ。」

俺はあっさりと折れてしまい、
「きゃぷてん定期ないやろ。俺らが車とってくるよ。家で待機しといて。」

き「いや、なんか我儘言ってるみたいなってるけど、別に三宮までいくぞ?」

ギアルがここで驚きの確認をする。
「キャプテンが三宮来ても来んくても、とりあえずキャプテンの家には行くよな?」

ギアル…どんだけ、きゃぷてんの家行きたいねん!

俺「なんかギアルがきゃぷてん家行きたがってるのが俺はなんか嬉しい」

きやぷてんは、困り果てて普通の反応をする。
「俺は特に嬉しくはないけどな」


ギ「きゃぷてんの家に行けたら俺は嬉しいんや」
ここまで男友達の家に行きたがるギアルを、俺は心底変態だと感じ、

「コ、コイツ、ホモなんか?」
という感情さえ浮かんだが、それをぐっと押し殺す。

き「じゃあ、待機しとくわ」

こうして、5月5日、キャプテンの自宅待機が決まった。


――――――――――

5月5日
8時50分に三宮駅に集合だが、俺は遅れそうだったので、裏ワザを発動した
「当日の朝に集合時間を変える」という荒行。

普通こんなこと許されないことだが、俺たちの集団は集合時間などあってないようなものなので全然OKなのだ。

俺は、三宮にいるであろう、まさひこに電話をした。

通話中に聞こえてきたのは、
ジャラジャラじゃら

「お前らどこおるん?」

「ラウンドワン。」

「どこの?」

「新開地。」

「お前ら三宮こいよ。集合三宮やで。」

「あ、きつい。湊川まで来てくれ。」

「俺に一人でレンタカー借りとけってことか?」

「そうなるわな。」

集合場所まで来ないことに一切悪びれることがない、ギアルとまさはる。
あいつらのテキトウすぎる気まぐれ行動を考えると、集合時間に遅れる俺など可愛く見えてきた。

キャプテンは、ラインで一言。
「俺は家で、待機してるで。」


立地条件的には、三宮のレンタカー屋に一番遠い俺が1人で車を借りに行き、三宮に近い上沢に住むギアルとまさはるの2人が新開地で待機をする。

「この謎の状況。最高。」一人でそう呟いて、イライラを笑いに転換した。


三宮でレンタカーを借りた俺はギアルとまさはるを迎えに行く。
カーナビは三宮から、南下し2号線に進ませようとするが、俺は加納町に進み、北へ抜けた。
カーナビの指示なんてガチ無視だ。

好いている県庁沿いの道をひょいひょいとすっとばして、湊川公園へ到着した。

そこで、彼らを乗せ、きゃぷてんの家へ向かう。

「よし!行くぞ!」
「とっしーはよ出発せえや!」
集合場所にさえ来なかったくせに、2人はとてもエラそうだ。


母校・稜北台高校から西神戸自動車道を通り、西桜ヶ丘へあっという間に到着した。

キャプテンの家の近くまで来たものの、彼の家は高級住宅街。
車で入る道がわからず、少し遠くの場所に路駐することにした。

「路駐するか?」
「せやせや。」

路駐場所を探しているうちに、なぜか謎な場所で左折した俺は、団地の中へ迷いこんだ。

「どこいきよん?」
「知らん。とりあえず、団地入ってみた。落ち着くからな。」
「落ち着き具合で、車の進路決めんなよ…」

団地をぐるぐる回りながら、どこか駐車する場所を探していると、ギアルが妙案を出した。
「団地の駐車場に停めようや?」

「それはあかん!契約者の車が来たらどないするねん!」
「バレんやろ。」
「けど、バレんかったらラッキーやな。」

なんやかんや議論しながらも、行き止まりにぶち当たってしまったので、他人の駐車場に停めることにした。

「キャプテン家まで言って帰って10分。その期間に駐車場の人こおへんやろ。」
そうやな。ちょうど来たらそうとう運悪いで。んなやつおらんよ!」

そういって、車から降りた瞬間に、どこどこと車がやってきた。

その車から下りたおじさんは不可解な表情で俺たちをじろじろ見ている。

俺たちは照れ笑いをしながら、車に飛び乗りそこから立ち退いた。
ルパン顔負けの速さだった。


結局、「田舎道やから、大丈夫」という理論により、道端に路駐した。


車を降りてからの俺たちは、なぜかハイテンションだった。


ハッピバアスデイをうたいながら(5月5日はきゃぷてんの誕生日)
きゃぷてんの家に向かう。

辿りついた豪邸には、家の前で体育座りをする一人の男がいた。
溢れんばかりの普通オーラと、低身長ながら、まばゆいイケメンさ。

俺たちのキャプテンだ。

彼は真顔で、俺たちに言い放つ。
「なんで、お前らってレンタカー借りてるん?
俺の家の車使えばいいのに。」


「先言えよ!!!」


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした




次回予告



12月4日(日)
3話 タイトル未定

次回の俺バグ延長戦は再来週の日曜日にアップします。
よろしくおねがいします。




-俺バグ延長戦- 拝啓、いつかの君へ
作者が弾き語るエンディングテーマ

 「シェリー」 尾崎豊 



俺バグ延長戦5
2016. 11. 24  
この記事では、クレジットカードを持ちたいがどのカードがおすすめやのか、という疑問にお答えしようと思います。

目次
1.確認すべきポイント
2.おすすめカード




1.確認すべきポイント

☆年会費が永年無料かどうか
これが1番大切です。富裕層でない限り、年会費のかかるカードはやめておいたほうがいいでしょう。
初年度のみ無料や、利用に応じて無料になるなどいくつかのパターンがあります

・ポイントの還元率
100円で1ポイントが大方の相場です。

・ポイントの交換先
ポイントが貯まっても、交換先が問題です。楽天ポイントやTポイントなど、使いやすいポイントに交換できるか確かめておきましょう。




2.おすすめカード
これらをふまえた上での、おすすめクレジットカードは以下の3枚です。

一.エポスカード
eposcard.jpg

エポスカード 公式サイト
メジャーではありませんが、とても有能なカードです!
入会金・年会費永年無料であり、さらに海外旅行保険がついています!
楽天カードと違い、海外保険は自動付帯ですので、このカードを海外に持参するだけで、保険が適用されます。

海外旅行におすすめのクレジットカードについて


二.オリコカード
orico-card-the-point.png

オリコカード 公式サイト

入会後半年間はポイントが2%というポイント還元率の高さが売りです。
カードのデザインは黒を基調としたかっこいいデザイン。

オリコカードのメリット・デメリット


三.楽天カード
無題1

テレビでCMを観ない日はありませんね。
ポイント還元率は1%ですが、キャンペーンが豊富でポイントがたまりやすいです。

注意点は、キャンペーンにエントリーしないと、特典ポイントがもらえないということです。
規約をよく読んで、確実にエントリー、条件を達成しましょう。


楽天カードでポイントを確実に受け取るために

また、楽天市場をよく使う人や、楽天モバイルを使っている方にはおすすめです。
それらとの連動で、ポイントが非常にたまりやすくなります。



以下のサイトで、より詳しく説明されておりますので、こちらもご参照ください。

クレジットカードの種類 VISA
クレジットカードの種類と分類

#おすすめ クレジットカード
#クレジットカード比較



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
2016. 11. 25  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章18話へ | Ⅲ章20話へ→




ダイナマイト刑事を終え再びゲームセンターを徘徊していると、脱衣麻雀が目に入りました。

脱衣麻雀と聞くと、読者のみなさんは「エロっちいな。」と思われたかも知れません。

しかし、結論から申しますと、全くエロくない!
全然エロくない!

昭和のアーケードゲームは基本的に画像が荒く、よくわかりません。
そして脱衣していく女性も、おかずクラブのオカリナより、ほんのり、ほんのほんのり可愛いレベル...

そして、そんな脱衣麻雀をプレイしているのは、無職っぽい本気のおっさん。

おっさんは、画面を食うかのように、オカリナ風女性の動きに集中しています。

その顔がとにかく怖い。
そこいらのホラー映画や文化祭のおばけ屋敷なんて目じゃありません。

「ああいうおっちゃんにはならんとこう。」

僕ら3人は声には出しませんでしたが満場一致でそう思っていたのです。


その怖い場所から逃げ出した後、機種が古すぎて反応が悪い太鼓の達人を楽しんでからゲーセンを後にしました。


次に訪れたのは、ゲーセンの隣にある卓球場です。

以前のようなスーパーマーケットではなく、しっかりとした卓球場で、やる気のなさそうなおっちゃんがやっぱりやる気なく店番をしています。

「30分500円、1時間800円。料金先払いね。」

安いのか高いのかわからん料金体制です。

料金を払おうとして、ボブとキャプテンはわざとらしそうに財布を確認しますが、
「あ、小銭ないわ。あとで払うからとっしー先に払っといて。」
「俺も小銭ねーわっ!とっしー先払い頼むな。」

支払いをぼくに一任してささっとラケットとボールを手にしています。

「お前ら、後で払えよ。」
ぼくがそう言って先払いした3分後...


「ここの卓球場って'タダ'やろ?すっげぇ!」
「どうやって経営してるんかな?」


たわけたことを口走りながらラリーをする2人に、ぼくは顔面を35度ほどくしゃっと歪ませつつ叫びました。

「俺が先に払ったんや!お前らはあとで払うんやで!」


「えっ?タダでできるのにとっしー金払ったん?」

「めっちゃええ奴やな。今度浅倉さんに伝えとくわ。これで付き合えるな!」

とぼけ切った彼らには、何を言っても無駄でした。

無駄無駄無駄無駄ァ
7e8d6151_1298896297275.jpg


さて、卓球というのは、
1vs1か2vs2でのプレイが通常ですので3人組のぼくらは必然的に1人余ります。

そこで、5点マッチの勝ち抜き戦を行い負ければ交代という制度をとることにしました。

3人の中で、一番上手いのはボブ、ずっと勝っているので常にプレイしています。

「お前らよっわ!
いい加減もう変わりたいわ。
誰か俺に勝ってくれ!」


嫌味ったらしいボブにぼくらは反論します。

「じゃあ手加減しろよ。」
「わざと負けてくれりゃあええやん。」

「負けたくても負けられんねん。」

「負けるのなんて簡単やろ。」

「お前らがザコすぎてそれも叶わん俺の気持ちよっ!
こんな負けたいやつになんでお前ら勝てんの?」

そう言いながらひょいっと球を打ち返すボブは、適当にしていても上手いのです。

そのときの対戦相手である僕は、ぼぶの鋭い球を返すのに精一杯。

あてただけのボールは相手コート上でふわりと跳ね上がり、絶好のチャンスボールになってしまいました。

「きたっ!」

ボブはそう叫ぶと、ハエを叩くかのごとくラケットを縦に振り下ろしました。

豪速球はコートを突き刺し、僕のおでこに向けて矢のように飛んできます。

ペシッィんッッーーー

轟音がメトロ神戸の地下に響き渡りました。

「いってぇ!」でこに手をあてて叫ぶぼくをみて、2人は腹を抱えて笑っています。

「ざっこぉー。」

「ここまでザコいやつみたことない。ザコさのプロ…
`ザコプロウ`や!!!」


ここに意味のわからない語句がまた一つ生まれました。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

かっちょええTシャツが欲しい!
あのころはそれだけの気持ちでした...
それがこんなことになるなんて...

12月2日(金)
→20話 'BECK'「普通に普通」

←18話 史上最悪のクソゲー「ダイナマイト刑事」(2)



↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る19話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後7
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム