2017. 02. 03  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章26話へ | Ⅲ章 28話へ→




部活帰りのいつもの日常、
ぼくたち3人は横に並んで座り、電車に揺られていました。

眠気に襲われ、顔を落としているぼくの顔をキャプテンはじぃっとガン見してつぶやます。

「こんなところに、小栗旬おるやん」

いつものぼくならは「なんでやねん!」
とつっこみますが、

小栗旬
oguri350.jpg


という響きがあまりに嬉しすぎて、少しニヤついただけで反応を終えました。

それと同時に、自分の近くに小栗旬がいるという非日常情報を聞いた目の前のおばちゃんは、遠慮がちに顔を上げてぼくをチラ見したのです。

小栗旬と呼ばれまんざらでもなく嬉しそうなぼくと、
'小栗旬かな?'と期待したおばちゃんとの目が合った瞬間、

'ズゥーンッドキッ'という鈍い音が車内に響いた気がしました。


「プププッ」

目が合った1秒後には、おばちゃんは思わず吹き出していました。

「だ、誰が小栗旬やねん」

巻き込み事故から脱するために、慌ててつっこみましたがもう手遅れでした。

「あ、間違えた。市原隼人や」
o071807451290676248714.jpg

キャプテンはおもしろがって見当違いな褒めを続けます。

もう一度ぼくをチラ見して、ざっと目をそらし笑いをこらえるおばちゃんの反応を楽しむかのようにキャプテンは言葉を連ねます。

「チャングンソクでもあるな。
いや、水嶋ヒロ、っぽくもある」

'どこがやねん'という思いが笑いを通り越して怒りに変わる瞬間を迎えつつあるおばちゃんの様子を察したぼくはキャプテンの耳元でささやきました。

「本気出してくれ。他にちゃんと他に似てるやつおるやろ?」

彼は整った顔立ちをひょっとこのようにぐにゃっと曲げて言いました。

「麒麟の田村か、しずるの池田かな?」
1415f9791239f415d25cbe364d8895d8f2486bab1422067368.jpgしずる池田


'その辺が妥当'という安堵に満ちた表情のおばちゃんをみてぼくは安心しました。


謎イベントをこなし終えて、最寄りの西桜ヶ丘駅で電車から降ります。

その時ボブは、「ちょっと、大、いってくる。」と言い、トイレに寄りました。

ぼくとキャプテンが、待ち始めて僅か1分後、ボブは満足げな表情でトイレから出てきたのです。

「え?めっちゃ早くない?」
「ほんまに大なん?」

驚くぼくらにボブは飄々と答えます。

「大やで」

「いや、さすがに早すぎるやろ!?」
食い気味に突っ込むキャプテン。

「なんでそんなに早いん?」

「先に拭いてるからな」

「は?
先に拭いてるって、どういうこと?」

「普通の人らは、用を足してから拭くやろ?
だから遅いねん。

俺は、先に拭いておく」


「ん??」
事態が飲み込めないぼくらにボブは説明を続けます。

「座ります。拭きます。大をします。
これで終わりや!!
だから早い!」


「大した後は、拭かへんのか??」

「それを次の時に拭くんや。
前の分を、次の大のときに拭いてるから問題ないやろ?」



さすがにふざけてる、これは嘘やと思いながらぼくとキャプテンは驚きつつも質問します。
「ボブ、
それ、マジで言っとんか?」

「...信じるか信じひんかは、
お前ら次第や」


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

この物語をいつも読んでくださいありがとうございます。
みなさまの存在が励みです。

しかし、最近は公私ともに多忙で、この作品を書く時間が確保できなくなってきています。
来週の話の構想もまだ練っていない状況ですが、読んでくれているみなさんのため、
おもしろい作品を毎週届けれるようにします!

2月10日(金)
→Ⅲ章 28話 速球派ボブ

←Ⅲ章26話 わかりま...えびす


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る27話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後10
スポンサーサイト
2017. 02. 10  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章 27話へ | Ⅲ章29話へ→




真っ直ぐ西桜ヶ丘へ帰宅せずに、湊町のマクドナルドで時間を潰していた部活帰りのある日のことです。

僕らが座っているとなりで500円玉を握りしめた小学生が、今後のスケジュールを報告しあっていました。

「おれは、かえってからあ、ほんよみのしゅくだいする!」

「おっれっは、ともだちと、さぁっかーする!」

「おれはあ、おれはあ、かえって、
えぃと...
らんどせるおいてぇ、
はっ、

ぅうんこする!」


たわいもない会話で盛り上がる小学生を見て、あいつら幸せそうやなぁと冷めた視線を送る3人の高校生ですが、普段の僕らの会話のレベルは彼らと大した違いはありません。

しかし気持ち的には大人になったわけで、純粋に毎日を過ごしている小学生が羨ましくなります。
そうして黄昏にふけりながら、あの頃を回想します。

「小学校時代が懐かしいな」

「小卒してもう3年か」


そんなときぼくは、思い出したかのようにボブに言いました。

「おいボブ、そろそろあのことについて謝れよ。」

「なんのことや?」

「小学生4年の時の、ドッジボール...
ボブが投げたボールが、俺の親指に当たった...
それで俺は、骨にヒビ入ったんや!!」


「そんなん知らんがなっ」

「知らんはずあるか!
あんな速い球投げやがって!
人が骨折する可能性考えたんかよ!」


「誰がドッジボールで、'骨折せんように'って遅い球投げるねん!
俺は悪くないぞ。
骨折するとっしーの骨がへぼすぎるたけやろ」

「なんやと!
俺の骨は、へぼくない!
ボブの球が速すぎるんや!!
あんな速い球投げてヘラヘラすんなよっ!」


「どんな球投げようと俺の勝手やろ」


ぼくは目を充血させて叫んできましたが、冷静さを取り戻しました。

「わかった。何を言っても無駄みたいやな。
ただこれだけは覚えとけ。

お前の'とてつもない速球'は、人を傷つけることもある。ボクサーの拳といっしょや。

だから、これからは、
もっと遅い球投げろよっ」


ぼくはボブを責めているのですが、球が速いを連呼されたボブは少し嬉しそうな顔をしています。

高校ではテニス部に入っているものの、小学校1年から中学校3年まで野球をしてきたボブにとって、球が速いということは何者にも代えがたい名誉だったのかもしれません。


ぼくとボブの口論を横で聞いていた横では、キャプテンが頭をぽりぽり掻きながら首をかしげていました。

キャプテンは、ぼくとボブとは別の小学校に所属していたので小学校時代の出来事は共有されていませんでした。

「おれの小学校は、お前ら2人と違うけど、中学校はボブと同じや。

ボブはうちの中学校の野球部のエースやったからな。
いろいろ噂が聞こえてくるわけや」


ぼくは体をキャプテンに近づけて尋ねます。

「どんな噂や!
星ヶ丘中学校に、'ものごっつい速球'を投げるやつがおるってか!?」

バツの悪そうな顔で、「おい、もうええやろ」と言うボブを横目に、
キャプテンはぐぅと息を飲むわけでもなくさらっと言い放ちました。

「球の速さはふつう。
コントロールの良さが売りの技巧派エース。
これがボブの中学校時代の評価や」

ボブは'バレたかー'という顔をしています。
「おれの球は速くはない。少年野球いっしょにやっててんから知ってるやろ?
そんな球に骨折させられたとっしーの骨...

察してくれ」

「うぅわぁーぁっーー」

今日も神戸の街には少年の叫び声が響き渡ります。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

あだ名...
それは、唯一無二の表現

3月24日(金)
→29話 よこぶーブイビクトリーバルカンボルケーノ...


←27話 ハヤサガイノチ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



エンディング曲
やっぱ I love you  




俺バグ最後2

2017. 02. 12  
戦隊 (1)

目次
1. 9人集まりましたが…
2. ゾロ(オオカミブルー)がかっこよすぎる!声優が豪華!
3. ヒロイン(大久保桜子)がかわいい!
4. 今後の展望





1. 9人集まりましたが…

戦隊ヒーローの次回作が「キュウレンジャー」ということに度肝を抜かれて、私は妄想に耽っておりました。

「5人→9人か。レッドには、より統率力が求められるな。」
 「一回くらいは野球する話があるやろ」
 「怪獣倒したあとの打ち上げは大人数でめっちゃ盛り上がるんか」

戦隊ヒーローは小学校2年生くらいから見ていませんでしたが、シリーズ1作目である
『ゴレンジャー』を回帰させる命名が気になったこともあり見てみることにしました。

ちなみにキュウレンジャーのタイトルは、「初心に戻って次世代を切り開く」という意味合いも込められたものだそう。

簡単なあらすじは、
宇宙の星座系は、宇宙幕府ジャークマターに支配され、希望が失われている。
しかし、宇宙伝わる伝説に基づき、9人の究極の救世主が、宇宙を救う!



2. ゾロ(オオカミブルー)がかっこよすぎる!声優が豪華!

とにかく声優が豪華です!

オオカミブルー/ガル:中井和哉
 「ONE PIECE」ロロノア・ゾロ、「銀魂」土方十四郎

テンビンゴールド/バランス:小野友樹
 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」東方仗助、「黒子のバスケ」火神大我
オウシブラック/チャンプ:大塚明夫
  「ブラック・ジャック」ブラック・ジャック、「ONE PIECE」マーシャル・D・ティーチ
司令官 ショウ・ロンポー:神谷浩史
 「ONE PIECE」トラファルガー・ロー、「進撃の巨人」リヴァイ

ナレーション:木村昴
 「ドラえもん」剛田武(ジャイアン)

とくに、オオカミブルーの声、ワンピースのロロノアゾロ役の中井和哉がかっこよすぎます!!
C0k5ncoUUAAFDd-.jpg



3. ヒロイン(大久保桜子)がかわいい!

カメレオングリーン役の大久保桜子ちゃんがかわいいです!

大久保桜子 (3)
大久保桜子 (2)

生年月日:1998年7月20日
出身:千葉県
身長:152cm
の現役女子高生だそうです!!

大久保桜子 (1)
大久保桜子 (1)



4. 今後の展望

「敵の侵略に立ち向かう」という従来の作品に多く見られたフォーマットにではなく、
「侵略された宇宙を自分達から仕掛けて解放していく」という能動的なヒーロー像が今作の特徴です。

また、9人のうち、5人が人間タイプで4人は非人間タイプ(ロボや狼)です。
現在は、5人しか集まっていないため、仲間を探していくようです。

今後が楽しみですね!

戦隊 (2)




俺バグ最後

#宇宙戦隊キュウレンジャー 

<リンク集>
← 「俺たちバグジー親衛隊」 Ⅰ章1話 ボウズとプールと、時々校長 
← 「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
2017. 02. 26  
 毎週みてくださっている読者の方々、いつもありがとうございます。
更新が遅れてしまい申し訳ございません。

毎週金曜日に連載している、俺たちバグジー親衛隊ですが、作者の都合により、休載させていただいております。

ハンターハンター富樫先生のように、1年以上も休んで読者の皆様が作品を求めてくれるほどの名作を書いている自信はありません。
「俺バグは毎週書いてこそ俺バグ」です。

 しかし、今の私は、俺バグを執筆する気持ちの余裕がありません。
書いている私が、「おもろいな」と思いながら書いてこそ、いい作品になると思っていますが、
今は諸事情により、わくわくしながら俺バグを書くことができないのです。

 個人的な理由で大変申し訳ございません。
3月中には連載再開したいと思っておりますので、それまでお待ちください。



<リンク>

物語の第一話

→Ⅰ章 1話 ボウズとプールと、時々校長

最新話
→Ⅲ章 28話 速球派ボブ
 
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム