2016. 08. 05  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅱ章2話へ | Ⅱ章4話へ→




ファオファオファオ…

鳴り響くサイレン…
僕らは死に物狂いで逃げました。

あの忌まわしい音を引き起こした張本人にも関わらず…


俺たちバグジー親衛隊 Ⅲ章
 3話 電車止めちまう(1) 「階段やめよ」




テニスの大会の日、僕は寝坊してしまい、遅刻が確定された電車に乗ってしまいました。

「ああ、やっちまった~。」

嗚咽のような溜息を洩らしながら、車内を見渡すと、見覚えのある青年が頭をポリポリ書きながら困った顔をしています。

くっきりとした目鼻立ちの背の低いイケテルメンズは、どでかいエナメル鞄をのっさりと揺らし、
その場から溢れでんばかりの常識人オーラをまきちらしながら僕に近づき、話しかけてきました。

「おうとっしー。
この電車に乗ってるってことはお互い遅刻確実やな。」

「キャプテンよ。諦めるってのはな?
`明らかに見極める`ってことなんや。

諦めるのはまだ早いぞ?」

「ムチャ言うな!この電車が駅に着くのは、集合時間の3分前や。
本気で走っても学校まで7分はかかる。
間に合うはずがない。」


「やってみねえと、わからんやんけ!」

僕の言葉はキャプテンの心の発火点となりました。

「そうやな。本気で行ってみよか。
なんとしても遅れられん。遅れたら

置いていかれるからな…!」


おいていかれる…


この事実が僕らの脳裏によぎりました。


集合時間=出発。


主将の坂田さんは昨日そう言いました。

「けどよ。俺らも選手やん?
遅刻しても待っといてくれるんちゃう?」

「ちゃうで。
俺らはな?

雑魚なんや!
んでもって、真面目でもない。
そんな2人が遅刻…
バスは俺らを置いて出発するやろ!?

残された俺らはあわあわして結局家に帰る…」

キャプテンの理論を聞いた僕はとっさにポジティブなことが頭に浮かびます。

「家に帰れるん?嬉しいな!」

「アホかっ!」

とぼける僕をキャプテンは一喝し、説明を続けます。

試合に行かんって相当あかんぞ?

先輩にもピリられるし、今後めっちゃ気まずいぞ?」

正論で押すキャプテンの言葉に、僕は西野カナを遥かに超える勢いで震えています。

「な、なんとしても、間に合うしかない!けど、どうする!?」

「電車を早くするのは無理やろ?」

「せやな。」

「やっぱり電車から降りてからが勝負や!」

「足を速くするのは無理ちゃう?」

「そうなるとショートカットしかないな。」

「マリオカートみたいやな。」

マリオカートには触れずにキャプテンは考察を続けます。

「あの駅ってさ。
改札までに行くまでに、階段上り下りして、反対ホームまで行かなあかんやん?
あの時間むだちゃう?」

「じゃあ階段やめよ。」

「っやめる?!

階段を使わずにどう反対ホームまで行くねん?」

僕はぐっと息をのみこみ、おぞましい案を提案しました。


「…線路に…

降りよう…!!!」






次回予告


俺とキャプテンはついに作戦を決行する!
正気か正気じゃないかはどうでもいい...
間に合うために、すべてを尽くす!!!!!
とち狂った2人のぶっ飛びアクションが開幕!

8月12日(金)
→4話 電車止めちまう(2)

→2話 もっとええコート借りとけよ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る3話エンディング曲
常套句(Mr.Children)





俺バグ最後2
関連記事
NEXT Entry
名言集 vol.3 哲学者の言葉
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム