2016. 08. 10  
3分

人は3分という時間を意識され続けてきた。

ウルトラマンの地球上での活動時間、カップラーメンができあがる時間...

俺は、今。

東梅田駅から阪急梅田駅までを3分で到達するという限界ギリギリのイベントに挑戦しようとしていた。

高校のときも同じようなことをしていたが、絶対間に合わんやろと思う電車に本気で走って間に合うときの嬉しさが忘れられないのだ。

正直このイベントはとち狂っている。

梅田の地下道をサラリーマンが本気で走っている姿を想像してほしい。

怖いとあうか、意味がわからん。


しかし、俺は走る。

なんか色々どうでもよくなったからだ。

社会人になっても相変わらず、バカにされて...

もちろん全くモテねぇし、
他人を妬むばかり。

あの子も、どっかのあいつと.......

俺のことなんてとっくに忘れちまってるかもしれない。
忘れてなくたって、俺が必要とされていないことはわかる。

ピエロはピエロとして、勝手に生きるしかない。


そんな現実が、悔しくて悔しくて、たまらない。

「クソッタレ!しゃんなろー!
やってらんねぇよ!」

何処にぶつけたらいいのかわからないこの悔しさと怒りを日々煮えたぎらせている。



会社では、ヘラヘラちょけているが、あれこそキャラ作り。

陽気な奴を演じているだけだ。

その方が、円滑に人生を過ごせるし、仕事自体もポジティブに運べるからそういう風に演じている。


悔しくて悔しくてたまらないのに、変わらない自分が憎くて、
ヘラヘラ笑ってちょけてればいいと思っている甘っちょろい考えも、気にくわない。

そんな自己嫌悪と劣等感に襲われても、

走ってるときは全てを忘れられる。

3分で東梅田から阪急梅田に着くという目標

それに向けた作戦立案

最前列の車両、扉に陣取り、扉が開くと同時に猛ダッシュ。

バカらしいことだが、俺はこんなことに本気だ。


このイベントはただ、ダッシュするだけでは決して間に合わない。

頭で空間を捉え、最短距離を考えて体を動かす。

人がなるべく少ない裂け目を探してそこでダッシュ。

右手から左手、人が少ない方に、荷物を持ち替え、
人が増えたらスピードを落として、
クラゲのように体をスライドさせてくぐり抜けていく。


こち亀で両さんが、人だらけの浅草仲見世通りをくぐり抜けるのと同じ気分だ。

くだらないことでもいい、日々闘っていきたい。

この悔しさを何かにぶつけて、本気で生きていきたい。

全ての本気が合わさって18時梅田発に乗れる、俺は試されている。


全力で走り、阪急梅田へ到着した。

改札を通った瞬間目の前には、駅員がドア近くで手を挙げている様子が飛び込んできた。

行けるっ間に合う!

俺は最後の力を振り絞りダッシュをかけた。
ウサインボルトも顔負けの脚力をみせつせる。

俺がドアのすぐそばに近づき、あと一歩で車内に入れると思った、

その瞬間、、

駅員は手を振り下ろし、ドアは閉まった。

俺は拳を震わせ、呆然とその場に突っ立っている。

言いようのない悔しさ。

たかがその程度、されど、本気で闘った結果だ。


いつも、いつもそうだ。
阪急の駅員は俺が嫌いなのか?

この前なんてこんなパターンもあった。

・十三駅で降りて前の車両に移動するためにホームを歩く

→その間にドアが閉まりかけるので体をねじ込む

→駅員が俺を止める

→俺を置いて電車は進む

→用もない十三駅で諸行無常

→自分が情けなさすぎて柱を殴る

→手が折れる


「クソッタレっ!今にみてろよ」

悔しさだけが募る日々

ぶつけようのないこの悔しさを糧に、日々闘ってやる。

ガキでいい。

バカにするならバカにしろ

もうなんでもいいんだ。

2014年、大切な人に拒絶されてから、大切な人を失ってから、

もうヤケクソなんだ。

バカがほんまにバカになって生きている。

それだけだ。

今にみてろよ




俺バグ最後
スポンサーサイト
NEXT Entry
君の夏は、物語だ  高校野球☓あだち充☓満田拓也
NEW Topics
【ぐぅかわ】 どん兵衛 吉岡里帆☓星野源 逃げ恥のムズキュン再び
Ⅲ章 36話 世界で一番長い日(3) 「これがバイナイってやつか…」
Ⅲ章 35話 世界で一番長い日(2) 「キャンプ行く=誰か行く」
~アカネのミルタンクから学んだこと~
この世界の片隅で  を観て思う
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム