2016. 03. 15  

ポルノグラフィティの二人、岡野昭仁さんと新藤晴一さんは因島(いんのしま)出身です!

島のあちこちに彼らの足跡が点在しているということでいってまいりました!

因島大橋を渡り因島へ!
1999年にしまなみ海道が開通し、車でアクセスできるようになったようです!

IMG_1151.jpg


まず「プラザ・オカノ」を訪れました!
ここはボーカル岡野昭仁さんの叔父さんが営まれている写真館です!


IMG_1192.jpg

芸能人のプライベートにかかわる場所に押しかけて行ってもいいのかと少し心配になりましたが...

垂れ幕が歓迎ムードなので、どどっと入っていきました!

すると、岡野昭仁さんの叔父さんといとこの方がオープンに歓迎して迎え入れてくれました!

「ようこんなとこまできたな、ありがとう!」
歓迎され、とてもうれしかったです!

お店の奥へ案内してもらうと、ポルノグラフィティの写真が沢山ありました!
インディーズ時代の若かりし写真、いろんな思い出の品や写真が所せましと飾ってあります!

ファンノートや、ファンの方が書いた、ポルノグラフィティについての論文など興味深いものがたくさんありました!
卒業写真なんかもあって、学生時代の昭仁さんもみれました!
面影が残っていて「ああー!」と感心しました。なんの感心やねん

芸能人オーラというかわんぱくスポーツ少年という感じでした!


その後も、叔父さんは色々話してくれました。
「あの2人が凄いんじゃない。みつけてくれて応援してくれてる君たちファンが凄い。」
「謙虚で真面目。あの2人はいつになってもどんだけ売れてもそれだけは忘れない。」


話を聞くうちに、お二人の人柄もわかって、ファンでよかったなと改めて思いました!

僕が4月から就職すると話すと、握手してくださって激励していただけました。
大好きなポルノグラフィティの親戚の方に応援していただけるなんて
感激して感激して、震えました、ガクブル!!!


社会人に向けて頑張ろう!
闘志に火がつきました、本当にありがとうございます!!


最後にポスターと、貴重な因島ライブのDVDを購入してプラザ・オカノを後にしました。

僕が駐車場から出ようとしといたら、なんと、叔父さんがお見送りに来てくれました。
一ファンの僕にそこまでしていただけて本当に感激しました!!!


プラザ・オカノの奥の部屋の写真をほんの一部載せておきます!
本当にたくさんの写真やポスター、貴重なものがあるので、ファンのみなさん、ぜひ足を運んでみてください!

IMG_8794.jpg
IMG_8797.jpg


続いて青影トンネルに向かいましたが、なんと、僕が訪れたのは「大山トンネル」

間違えてました。それに気づいたのは、家に帰ってからで...
トンネルの案内表示には大山トンネルって書いてあるのですが、
マップでは、ここが青影トンネルな気がしまして...
みなさん、間違えないようにしっかり確認して訪れてください!



土生港は生活感のあるとても落ち着く港でした!
入口の売店には、ポルノグラフィティの垂れ幕がかざってありました!

売店の雰囲気は昭和って感じで落ち着きます。
ここの2階は因島の観光協会になっています!

IMG_8813.jpg
IMG_1211.jpg
IMG_1210.jpg

土生港から近くにある
ペーパームーン

ファンの方が集う喫茶店です!
ここにも、ファンノートや思い出の写真がたくさんあります!
晴一さんが草野球している写真があってプライベートな部分をみれてよかったです!

IMG_8814.jpg


この近所に新藤フルーツがあったそうですが、現在は閉店してしまったようです。



そして、島の南に向かいます。
道はなかなか狭くて、道がくねくね曲がってほんのり事故ってまいそうでしたが耐えました~。どんだけ運転へたやねん
造船所があって、テンションが上がりました!
IMG_1197.jpg


折古の浜へ向かいました。

「狼」♪君に出逢ってしまったよ 夏盛り 折古の浜♪の場所ですね!
夏盛りどころか、3月と寒い時期でしたが、静かな海をのんびり眺めることができました。
今は海水浴は禁止になっているんですが、漁師の方がいらっしゃいました。


折古の浜 (2) - コピー
折古の浜 (1) - コピー


広島県立因島高等高校
お二人の出身校です!

IMG_1227.jpg
IMG_1230.jpg
IMG_1229.jpg

因島高校の前には、ポンカン?が落ちてありました。
僕が学生なら、2、3個頂きたくもなりますが、実際の生徒さんはどうなんでしょうね。笑


ここは因島水軍城です。
ここはポルノグラフィティとは関係ないのですが、村上家というのは、因島の中心的一族です!
戦国時代に毛利氏と手を組んだ村上武吉率いる能島村上水軍と同じ一族だそうです。

IMG_1164.jpg
IMG_1168.jpg



因島をぐるっと観光しましたが、とても楽しかったです!
二人の軌跡を辿れて、もっと二人を応援したい気持ちが増しました!次のライブが楽しみです!

一番印象に残っているのは、プラザ・オカノですね。もっともっと昭仁さんの叔父さんと話したかったです

僕は、午後から因島を訪れたのですが、丸一日時間をとっておけばよかったと思っています!

昭仁さんの実家や、その近くの食堂など、訪れなかった場所もまだあるので、また因島に行きたいと思います!
島の落ち着いた雰囲気が、とても好きで、島全体が人を包み込むような島でした!!!

みなさんもぜひ因島を訪れてみてください!
地図を載せておきます!


因島1
因島2
関連記事
NEXT Entry
2回表 リアル脱出ゲームにて、リアルに脱出どころではなかった
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Entry TAG
因島     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム