2016. 08. 26  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章5話へ | Ⅲ章7話へ→




線路に降り、電車を止めてまで集合時間を守ろうとした僕とキャプテンをあざ笑うかのように、集合時間を過ぎてもほんわか練習を続けるテニス部の面々。

30分経って、ようやくバスに乗り込み試合会場へと向かいました。

神戸市西区の総合運動公園、会場に着いたとたんに不思議とテンションが上がる僕らは遠足気分です。

「あの学校強そうやな。」

「なんで?」

「ボーズおるやん。」

「テニスと髪形関係あらへん。」

「は?ポーズ=ガチ。ガチ=上手い。に決まってるやろ。」

「じゃあ、坊主にしたらみんな強いんかよ。」

「アホ、逆や!
強いから坊主にするねん」


「強いと自分で思ってて坊主にしてみたけど、実は弱かったらどうすんねん?

「どうもこうもあるか!
弱い坊主っていうレッテル貼られてはずいだけ!」

「あの坊主ってどっち?」

「それは試合を見てみなわからん。」

坊主はこちらをじろじろみています。
彼も坊主というだけでここまで話題にされるとは思っていなかったでしょう。


僕らはたわいのない会話をしていますが、今日がなんの試合かはわかりません。
正直、何の大会だろうが、どうでもいいのです。

わちゃわちゃと他校を観察しているうちに、僕らの高校の団体戦が始まりました。

テニスの学校別対戦は団体戦が基本です。
各校3ペア6人が出場し、2勝した方の勝利です。

試合に出ないメンバーは、コートの両端で応援します。
それぞれのチームの選手がコートのフェンスに、蝉のようにがっしりしがみついている姿は少し異様な光景です。
「テニスの試合ってさ。どんな雰囲気なん?」
「ガチやろ。」

「観てて楽しい?」
「知らん」

僕、キャプテン、ギアルの不真面目3人組が、端っこで雑談していると、谷川さんがやってきて、釘をさしてきました。

「お前らちゃんと応援世えよ。」

ボブとたけけは世渡り上手なため、こういう場面では僕らから距離を置き、
真面目な部員のそばで真面目そうなフリをしています。

生き方がずるがしこい…


そうして、試合が始まりました。
テニス初心者の僕らにとっては、初めての試合。

テニスってどんな応援するんやろうと思ったのもつかの間、2年生の瀬戸さんが、急に歌を歌い始めました。

「もえろっもえろっ!もえろりょうほく!」

せっとんさんの掛け声に合わせて他の部員も歌いだします。

「もえろっもえろっもえろりょうほく!」

かっちょ悪い合唱がカジュアルに始まったのです。

え?唄うの...?

応援で歌を歌うなんて僕にとっては少年野球以来です。

かつてキャプテンはバスケ部であり、シャイなので恥ずかしそうな顔をして小さな声を出しています。

ザ個人競技・陸上部であったギアルは、突然の歌に戸惑っていましたが、天性の音楽センスを遺憾なく発揮し、しっかり歌って、燃えていました。

歌の応援に驚きつつも、なんやかんや歌っていると気分が楽しくなってきます。

僕らはもともと空っぽの脳みそをさらに空っぽにして、「もえろっもえろっ」と歌い続けました。





次回予告

味方の応援より、敵へのヤジ!
僕ら'頓珍漢トリオ'が編み出したチーム勝利ヘの秘策とは...?

9月2日(金)
→7話 初のテニス公式戦(2) でかすぎて逆に小さいわあ

←5話 電車止めちまう(3) 「戻ったところでどうもならん」


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る6話エンディング曲
ネオメロドラマティック(ポルノグラフィティ)




俺バグ最後15


スポンサーサイト
NEXT Entry
名言集 vol.4 先人の言葉(幕末期)
NEW Topics
Ⅲ章 37話 世界で一番長い日(4) 「みなと神戸花火大会」
【ぐぅかわ】 どん兵衛 吉岡里帆☓星野源 逃げ恥のムズキュン再び
Ⅲ章 36話 世界で一番長い日(3) 「これがバイナイってやつか…」
Ⅲ章 35話 世界で一番長い日(2) 「キャンプ行く=誰か行く」
~アカネのミルタンクから学んだこと~
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム