2016. 09. 09  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章7話へ | Ⅲ章9話へ→




テニスの歌の応援には2種類あります。
6話で紹介した「もえろっもえろっ」



もう一つは新キャラ、
「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ」

とりあえず'イケ'を連呼するというよくわからない歌です。
まだ燃えてる方がマシですが、応援したい気持ちはひしひしと伝わってきます。



学校の勝敗を決める3試合目。
うちの学校からは、池長・占部ペアが選ばれていました。

無気力の塊のようなガイコツ系男子占部さんに、アンパンマンのような柔らかな笑顔を持つ系男子池長さんという対照的な2人です。

この性格も容姿も対照的な2人がペアを組んで共に戦っている背景にはきっと何か血の滲むような努力や2人のぶつかり合いがあったのでしょう。

いつかこの2人の友情を描いたスピンオフ作品を書いてみたいものです。
(そんな物語はたぷんないし、スピンオフ作品も絶対ありえません。)


ギアルはまた素朴な疑問を僕らにぶつけます。

「なあ?占部さんっていつもマスクしてててさ、練習サボって帰ってる人やんな?」
「たぶんな。」

「なんで今日はマスクしてないん?」
「そら試合中までマスクつけへんやろ。」

「なんで?」
「ださいやん。」

「とっしーちゃうで、呼吸しづらくなるからや。」

「でもさ、テニスって心理戦やん。
マスクしてたら表情が読めんから有利やろ。
あいつ顔見えんから何してくるかわからん。ってなって強いやろ。」

「ガンダムでいうたらシャアがマスクしてるみたいなもんか。」
僕のガンダムねたを相変わらず無視してキャプテンはギアルに提案します。

「じゃあそれを占部さんにアドバイスしろよ。マスクの必要性をさ。」

ギアルはその手があったかという顔をさらけ出してから占部さんに向かって叫びました。

「占部さんーマスクー!マスクつけてー。マスクわかるぅ?白いやつよ。」

もちろん占部さんはガン無視です。
ひよっこ新入部員が何言ってんだという気持ちでしょう。

「占部さん無反応やなー。」
ギアルは疑問を感じています。

「そらそうやろ、なんで言ったん?生意気すぎやろ。」
ギアルに言わせた張本人のキャプテンがこう言うのも、もはや僕らには定番の流れです。


そして、僕らの無駄話を遮るように、せっとんさんの音頭で新曲応援歌が始まりました。

「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!」

しかし僕はリズム感がないからか、なぜかこの歌を上手く歌えません。

「イーケイッケイケナガ」となってしまいます。

「とっしー、ちゃうって。
イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!やで。」

「イーケイッケイケナイ イケナガ?」

「違う!イケナガさんはイケナクない。」

「イッケェッイケイケイケナガ!?」

「違うって!お前これちゃんと歌わないとイケナガさんに失礼やぞ!イケナガさん一所懸命やってるやろがっ!」

キャプテンに指摘されると、僕はこのわけわからん歌が嫌になってきて、本音を言い始めます。

「あーっくそっ!
イケイケとイケナガとかやいこしいねん!」


ばっと周りの目線が集まる気配がしましたがそんなことは関係ありません。

「だいたいイケナガさんよ、そんなにイケてないやろ!
何が、'イケイケ'や。カッカッカッ!」


僕はついつい本音を口走ってしまったのです。

イケイケの意味がイケてるかどうかではたぶんないのでしょうが、この時の僕はイケてないイケナガさんを'イケイケ'と謎に褒めることが嫌になっていました。


「た〜け〜だ〜」
谷川さんが僕の背後にゾッと現れ、鬼の形相で僕を睨みつけました。

僕はあちゃちゃっーという顔をして、
「さーせん。ここは大目に見てやってくださいな!」と謝り、その場を丸く収めたのです。

その横では、あの歌が未だに歌われていました。

「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

テニス部の顧問米子先生、あだ名は'よなぎぃ'
彼は物凄い力を、持っていたのです...

9月16日(金)
→9話 テニス部顧問は無能?有能?はたまた...

←7話 初のテニス公式戦(2) でかすぎて逆に小さいわあ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る8話エンディング曲
Dragon Night (SEKAI NO OWARI)





俺バグ最後13
スポンサーサイト
NEXT Entry
第十八話 卓球拳2 〜つわものどもが夢のあと〜
NEW Topics
Ⅲ章 37話 世界で一番長い日(4) 「みなと神戸花火大会」
【ぐぅかわ】 どん兵衛 吉岡里帆☓星野源 逃げ恥のムズキュン再び
Ⅲ章 36話 世界で一番長い日(3) 「これがバイナイってやつか…」
Ⅲ章 35話 世界で一番長い日(2) 「キャンプ行く=誰か行く」
~アカネのミルタンクから学んだこと~
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム