2016. 09. 09  
←【目次】 短編エッセィ集 


「お前、まだポケモンGO入れとん?

幼稚やなー。消せ消せ。」

片手間にパズドラをプレイし、人に幼稚と言う割には自分が幼稚な顔つきをした短髪くりくり天然パーマは、胸毛までは見せない灰色のVネックシャツと50年前の勇者様が着てそうな紺の布切れを羽織った友人の携帯を覗き込んで言い放った。

友人は、所々が無駄に破けている白色の七分丈綿パンに手を突っ込み、顔を真っ赤にしながら、苦し紛れの言い訳をする。

「やってないわ。一応置いてるだけ。」

友人は言い訳を言い終わるや否や、苦虫をすりつぶしたような顔で、ポケモンGOのアプリを抑えつけた。

彼の手は小刻みに振動している。
まるでポケモンGOを消したくないのと主張しているかのように...

ポケモンGOのアプリが恋愛中の西野カナを超える勢いで、ブルブル震え始めたのもつかの間、男の手は目にも留まらぬ速さでバツボタンをタップしていた。

白綿パンの男の携帯からポケモンGOが跡形もなく消え去った瞬間だった。

「ふっ」
余りに潔い消去の割に、消した本人は顔面蒼白になっていたのを見た私は、つい吹き出ししまった。

焚きつけた天パと白綿パンは、突然隣に現れた、'急に笑う男'の存在を訝しく思い、ジロジロと私を見つめた。

細い目をさらに細め、何もなかったかのようにケロッとした憎たらしい表情を浮かべた私は、携帯を取り出し、あのアプリを起動した。

「ポケモンGO幼稚やな。消せ消せ。」
そう言って、白綿パンを焚きつけた張本人、天パも、彼がここまで早くアプリを消すのが予想外だったのか、どう声をかければいいかわからない顔をしている、未だに横目でパズドラをプレイしながら。

そして先ほど、私の携帯から起動されたポケモンGOは、破けた白綿パンの目線を集めていた。

彼は綿パンの破けた部分を爪で引っ掻き、唇をガタガタ震わせている。

よっぽどポケモンGOに未練があったのあったのだろうか、白綿パンが私を見る目つきは、長年連れ添った彼女を奪った男に対する憎悪にも似ていた。

ブゥオンプシューっという神戸電鉄独特の停車音で駅に到着したが、そこで天パは「じゃあな。」と言いながら颯爽と電車から降りた。

白綿パンは少し虚ろな目で「お、おうじゃなあ」と力なく答えた。

彼らの友情はこれからも続くのだろうか。
たぶん続くだろう。モヤモヤした気持ちのまま彼らの物語は続いていくが、私には彼らを見守ることしかできない。

しかし、いつの日か、白綿パンが激昂し、「あん時お前の一言で、俺は、俺は、ポケモンGOを消してしまったんやぞぉっ!俺の、ピッピカチュウ返せやボケェッ!」と、天パの胸ぐらを掴み壁ドンする時が来るのかもしれない。

不用意に「消せ消せ」と煽るのはやめようと学んだ出来事だった。



読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!

←【目次】 短編エッセィ集 
←【目次】俺たちバグジー親衛隊


↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


関連記事
NEXT Entry
Ⅲ章 8話 初のテニス公式戦(3) イーッケイッケェイケナガ
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム