2016. 09. 18  
61x54gkmNlL.jpg



【「コーヒーが冷めないうちに」  あらすじ】

 ある街の地下にある「フニクリ フニクラ」という小さな喫茶店が舞台です。
この店には、'過去に戻れる'特別な席がありました。

望む過去に行くためにはいくつもの面倒なルールがあるのですが、そのルールを守ってでも過去に行きたいという強い願いを持った人が喫茶店を訪れます。
4人の女性の物語が重なり合って本書が構成されています。



【おすすめ度】

読みやすさ  ☆☆☆☆
わくわく度  ☆☆☆
感動     ☆☆☆☆





【感想】

!ネタバレを含んでいます!

 ある街の地下にある「フニクリ フニクラ」という小さな喫茶店が舞台です。
この店には、'過去に戻れる'特別な席がありました。望む過去に行くためにはいくつもの面倒なルールがあるのですが、そのルールを守ってでも過去に行きたいという強い願いを持った人が喫茶店を訪れます。
4人の女性の物語が重なり合って本書が構成されています。

非常に読みやすく、さくさくと読み進めることができました。
展開の起伏は少ないですが、登場人物の心情を丁寧に描いており、感情移入することができました。
この作品はタイムスリップの要素があるSFものです。タイムスリップものにありがちな要素としては、未来を変えるということや、思わずタイムスリップしてしまうというのが王道の展開です。
しかしこの物語では、'過去に戻っても今は変えられない'という、過去に戻る意味さえ奪ってしまうような条件があります。登場人物たちは、現実を変えられないのなら過去に戻る必要はないと思いますが、それでも、何も変えられなくても過去に戻る選択をします。

過去は変えられなくても、真実を知ることで、胸の痞えが降りて前向きに生きることができるのです。そのことが、この作品が最も伝えたいことのように思えました。
それが全編に収束されています。

僕がこの作品を通じて感じたことは、誤解ということの恐ろしさです。日本人は特に、本音を語らないことが多く、それが美徳とされています。
大切な人とコミュニケーションがとれているとおもっても、それは自分の思い込みでしかないかもしれません。

大切な人を本当に大切にするにはどうすればいいのか?
現実から目を背けて逃げていたらいつか取り返しのつかないことが起きるかもしれません。
'あの時、もっと向き合えたら'と、後悔する前に、衝突を恐れず自分の意見を相手に伝える大切さを学び、大切な人とのコミュニケーションを考え直すきっかけになりました。


幽霊さんの話や、北海道にいた理由など、もう少し深く掘ってほしかった部分もありますが、全体的に完成度の高い物語だと思いました。

タイムスリップものでは、未来を変えるということや、思わずタイムスリップしてしまうというのが王道の展開です。しかし、この物語では、過去に戻るための条件が余りに多く、また過去に戻っても今は変えられないという、過去に戻る意味さえ奪ってしまうような条件もあります。
登場人物たちは、何も変われなくても過去に戻る選択をし、そこで、真実を知る。
胸の痞えが降りて前向きに、生きる姿が私たちにも勇気をくれます。




現実が変わったわけじゃない。変わったのは心。
過去の後悔に囚われて大事なことを忘れていないか
心ひとつで、人間はどんなつらい現実も乗り越えていける

関連記事
NEXT Entry
こちら葛飾区公園前派出所 歴代主題歌集
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム