2016. 10. 07  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章11話へ | Ⅲ章13話へ→




チョロいまさはるは、少し真面目に語り始めました。
「俺が吹奏楽部に入ったのは、深いワケがあるんや。聞いて驚くなよ。」

「絶対驚くよ。」

「じゃあ驚け!」

「...軽いな。」

「俺の姉貴がうちの高校の吹奏楽部OG、もとい、叔父やって言うたやろ。」

しっかり叔父で通すまさひこに一同喜びでうなずきます。

「その姉貴から『吹奏楽部見に行ったら?』って言われてな。」

「お前の叔父さんって吹奏楽部めっちゃ好きなんやな。」

「ほんで吹奏楽部の見学し に行ったら、急に楽器吹かされたんや。
ほんで『じゃあ新入生はどこどこ行って、なになにの紙書いてね』って言われて。」

「まあ、さすがにそんな流れで入るやつおらんやろ。」
ボブは当たり前の感想をまさはるにぶつけますが、まさはるは気にせず話を続けます。

「紙書いてって言われたとき、『何これ入る感じ?まあいいか。とりあえず書いてみるか。』と思って書いた。」

「お前適当すぎるやろ!」

「書いたら入らなしゃあないやん?
まあ入って適当に吹いてたらさ?
『吹奏楽楽しくね?』って感情が生まれてきて今に至るわけや。」

まさはるの適当すぎる部活選びを聞いて、総括するかのようにキャプテンは呟きました。
「んでまさはるは吹奏楽部に入って3ヶ月。
'吹いてるフリ'がうまなったわけやな。」

まさはるはガッと形相を変えて、キャプテンをにらめつけながら彼に近づき耳元で囁きます。

「吹いてるフリってことは...部員にはバラさんといてな。」

彼は'吹いてないキャラ'を通すのでしょうか。


ここで、まさはるとオナチュウ(中学校が同じ)だったギアルが少々キレた顔で会話に割り込みました。

「俺さ、まさはるにテニス部おすすめされたからテニス部入ったのに、まさはるが吹奏楽部入ったから裏切られた気分や。」

まさはるは、キョトンとした顔で、
「裏切ってはないで。おすすめしただけやもん。
ギアルにテニス部お勧めした1週間後に、『俺吹部入ったで』って言ったときのギアルの反応はおもろかったな。
世紀末みたいな顔してた。」

まさはるを責めたつもりが逆にバカにされたギアルは、にぎぎにぎと拳を握りしめながら、話題をスライドさせました。

「そういや、まさはるの姉貴めっちゃ可愛いねんで!」

何が言いたいのかわからない突拍子の話題に僕は食いつきます。

「会わせてくれ。」

一人っ子の僕は、可愛い姉ちゃんの存在に憧れていたのです。
可愛い姉ちゃんと同じ屋根の下...

「無理。いや勘違いすんなよ、血のつながった姉ちゃんには全然そそられんからな。」
まさはるは冷たく断ります。

「ほんま頼む。可愛い姉ちゃんに会いたいんや!」
「ムリ。」

「ほんまた...」
「ムリ」

「ほ」

「ムゥゥリィィッッッ!」

『完・全・否・定』

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

クリクリしたつぶらな瞳を宿したモティとダミ声のムッチー。このコンビが1-3をざわつかせる...
愛しの浅倉さんを黙ってみつめるとっしーを横目に下川は....

10月14日(金)
→13話 フェニックスッ

←11話 '全力'全力少年&まさはるの姉貴


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る12話エンディング曲
あかん (ティーナ・カリーナ)




俺バグ最後11
関連記事
NEXT Entry
仮面ライダーエグゼイド 第1話 あらすじ
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム