2016. 10. 14  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章12話へ | Ⅲ章14話へ→




まさはるの姉ちゃんに会うことを拒否られた次の日の放課後、僕のクラス1年3組の合唱練習が行われています。

1年3組の課題曲は、絢香の
'I believe'

♪あいびりーぶ まいせ~るふ~♪
自分を信じる大切さを教えてくれるポジティブな曲です。

今回の練習では、伴奏者の北畠さんが「みんなすっごいうまいでぇっ」と何の得にもならない謎のベタ褒めを繰り出してきたので、僕らは自分らの合唱がハイレベルなのではないかと勘違いしてきました。

北畠さんは1人で盛り上がっています。
「大丈夫っ優勝できるって!うちが保証する!!」
その根拠はどこから...?

「あ、優勝したらみんなで打ち上げいこな!打ち上げいこな!
いや、優勝せんでも打ち上げいこな!な!」


この1分ほどの彼女の言動から、北畠さんは'とにかく打ち上げがしたいキャラ'ことがわかりました。


北畠さんの無茶なお世辞を抜きにしても1-3は確かにほんのり上手でした。
その理由は男女2人の存在が大きかったように思えます。

男子を引っ張るのは、クリクリした坊主頭に、クリクリしたつぶらな瞳を宿した、モティ。
彼はウィーン少年合唱団にいてもおかしくなさそうな声を出します。

モティの中学からの旧友ムッチーは、自身のダミ声を棚に上げそんなモティの美声をいじります。

「お前声きもいねんっ」

「ううううっっさい黙れっ!」激しく抵抗するモティ

「黙ったら歌えんやろが!」

「あっそっか!」

てへへへへとお互い笑い合う2人。仲がいいんだか悪いんだかわかりませんが世界は平和です。

そして女子を引っ張るのは浅倉さん。

いえ、彼女は決して目立つタイプではないので引っ張ってなどいません。
僕が彼女を好きなので彼女しか見えていないだけです。

ちなみに浅倉さんは安田大サーカス・クロチャンもびっくりのハイトーンボイスを持っていました。
photo07.jpg


女子のソプラノ声の中でも彼女の美声は突出しています。

合唱練習が小休止に入ったとき、下川はニヤつきながら浅倉さんに話しかけました。
「浅倉って、めっちゃ声高いよな?」

浅倉さんは、幼さとあどけなさの残る表情を驚きで曇らせています。
「えっ!?
た、高くないよ!」

下川にそう答えてたその声がめっちゃくちゃ高いことには、浅倉さん本人も気づいていないようです。
めっちゃかわえぇ...

「いやっ!めっちゃ声高いやん!!」

「エッッ!」驚く浅倉さん。

「フェニックスやんけっ!驚く声が鳥みたいや!」
失礼極まりない下川の発言。


「フェ、フェニックスっ!?」

フェニックスと言われた浅倉さんは恥ずかしそう顔を赤らめながら下を向いていました。

そのとき僕は...
浅倉さんと楽しそうに談笑する下川を羨ましく眺めていました。

別にその会話に割って入るわけではありません。
浅倉さんの顔を見つめながら生つばをゴクリと飲み込みます。そして、虚ろな目をしながら誰にも聞こえないような声で呟きました。

「浅倉さんと付き合えたら...どんだけ嬉しいやろう...」


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

緊急事態...
バタバタとダウンする生徒たち...
学校幹部は決断を下す...

10月21日(金)
→14話 インフル襲来、いざメトロへ

←12話 吹奏楽部&まさはるの姉貴

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る13話エンディング曲
あかん (ティーナ・カリーナ)





俺バグ最後5
関連記事
NEXT Entry
世界で1番長い写真 | 誉田哲也
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム