2016. 11. 04  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章15話へ | Ⅲ章17話へ→




タッタッッ

赤い操作レバーを右方向に倒すと、主人公が意気揚々と右方向へ走り出しました。

その3秒後...

画面右端から突如現れた黒い鳥に彼は倒されてしまったのです。

奇妙な音楽が流れ、画面にはコンティニーの文字が...

「え?1Pしかないん?
もうゲームオーバーやん...」

2時間がっつり映画見るつもりで映画館に入ったら、本編が2秒しかなかったみたいな顔で半泣きになる僕をみて、2人は爆笑しています。

「へたすぎやろ!」
「俺らに任せろ!」

ボブ、キャプテンが続けざまに挑戦しますが、2人とも5秒と持たず撃沈します。

即座にコンティニーに陥り、しぶしぶながらも50円を入れて何度も挑む姿は、ある種の中毒者です。

両替したばかりの50円玉が底を尽きた時点で、キャプテンはある真実に気づきます。

「ちょ待って。この機械儲けすぎちゃう。」

「そこかよ。俺らが金払いすぎじゃなくて、機械の儲けを気にしてるん?」

「考えても見ろ。
俺らは5秒でゲームオーバーして5秒で次の50円を投入している。つまり10秒で50円を取られてる。つまり1分なら300円やぞ。
これが1時間なら、18000円...」

「え?こいつの時給18000円?!」

「ぼったくりバーかよ!」

「'バー'ではないよな。マスターとかおらんし。」


機械の儲けを僻んだあとは、また別のことが気になり始めます。

「てかさ、あのマリオで例えたらクリボー的な立ち位置のやつ強過ぎん?」

「たしかにな。開始5秒で出るキャラとは思えん...」

僕とボブが、黒い鳥の強さに頭を悩ませていると、キャプテンはさらりと囁きました。

「めっちゃ筋トレしたんやろ」

「筋トレ?
そんなんでどうにかならんやろ。」

「人並み以上に、筋トレしたんやろ。影の努力ナメんなよ。」

「そっか。
ならしゃあないな。筋トレした奴には勝てんわ。」

「けどさ。クリボーの立ち位置のやつがあんなに強いんやから、
あいつの後に出てくるキャラはもっと強いんやろな。」

「違うで。あいつが1番強い。」

「は?なんであいつが1番強いねん。」

「1番打つバッターが1番打者みたいなもんや。セオリーを無視してくる。」

「となると、あいつがボスキャラみたいなもんか?」

「そうやな。
あいつが1番強いねんからあいつを倒したら全クリや。」

「それなら、10秒で全クリできるやん。手応えなさすぎやろ!
なんやねんこのゲーム!」

妙な議論に時間を費やした僕らは、開始5秒でゲームオーバーになるゲーム'魔界村'を後にしました。
その後もいろんなゲームをしますが、どれもすぐに飽きてしまいます。


「なんかめっちゃ熱中できるアーケードゲームないかな...」

ボブとキャプテンがあたりを見渡して歩いているとき、ぼくは1人でガンダムに熱中していました。

「ガンダム?おっさんかよ。きもっ!」

ボブはそう言うと、ガンダムの隣にあったよくわからないゲームに目を奪われていました。

「ダ、ダイナマイト刑事…?」

ダイナマイト刑事。
名前のインパクトだけではなく、どういうゲームか全くわからない神秘性…

「おい、これやろうぜ。」

ボブとキャプテンは2人が座れる長いいすを持ってきて、ダイナマイト刑事の前に座りました。

ゲームオーバーになり、ガンダムを終えた僕は、彼らが怪しみながらも50円玉を投入しゲームを始める様子をじっとみつめました。

この時はまだ、このぶっとんだダイナマイト刑事の恐ろしさに誰も気づいていませんでした。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

大西洋上の豪華客船を舞台に繰り広げられる死闘...
俺たちバグジー親衛隊は、次々と遅いかかるテロリストたちを倒し、人質を解放することができるのか...?

11月11日(金)

→17話 史上最悪のクソゲー「ダイナマイト刑事」(1)

15話 メトロ神戸の洗礼

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る15話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後16
関連記事
NEXT Entry
第二十二話 トキガセマル~新幹線を変更せよ~
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム