2016. 03. 31  
↑俺バグ社会人編 目次へ

←PART2へ



「From that 7 years have passed.」

この章は会話中心です。省略表記を説明しておきます。
とっしー=俺  キャプテン=キ  ボブ=ボ  あくま(後輩)=あ




「俺、高校時代の先輩のこと尊敬してたんすよ。
ギラギラして、やんちゃで、人生めっちゃ楽しそうで...
それが今は、このザマっすか??

あの頃の先輩に戻れるでしょ?
もう一回、かっちょええ先輩になってくださいよ!」


2016年3月28日AM11:00
昨晩の後輩の言葉が何度も何度も脳裏を掠めた...

二日酔いの頭痛、風邪による37度の微熱

「もう2度と風邪引かん。」
2年に1度ほど、風邪でダウンする度にそう決意するがそんな決意は露と消える。

口ばかり達者な自分が嫌になる。
なっさけねぇ。後輩にまで失望されてよ。」

ヘロヘロで死にかけた俺は半ば義務のように高校野球を見ていた。
明石商業と龍谷大平安が息も詰まるような投手戦を繰り広げている。

そういえば、今日は母校の稜北台高校が家の近くの桜ヶ丘ホールで定期演奏会をするらしい。

「とっしー行くん?」
昨日ボブに言われたが、行かない。

もう、バグジー親衛隊は解散した。

今は、できるだけ高校時代は思い出したくない。あの頃に戻りたくなって切なくなるからだ。

「新社会人に向けてかつての思い出から離れて生きよう。」
強がった台詞を吐きすてた。



話は1日前に遡る...

2016年3月27日、今日は、バグジー親衛隊、真の解散式だ。
集合は12時、桜ヶ丘駅。

俺は朝起きるなり、納豆と豆腐とヨーグルトをかきこんだ。

「今9時か」
集合時間まで時間がある。

「4月から社会人。これまでの人生を総決算する意味でも、幼稚園からの卒業アルバムをみなおそうか。」

俺は物置からアルバムを取り出した。
幼少中高、4冊あるが、ダントツおもろいのが高校の卒アル。

よくみると俺の顔付きが違う。
俺であって俺でないような顔をしてるだ。
いや、パーツ自体は俺なんや。

遠くからみたら麒麟田村で近づいてみてもやっぱり田村。

そこは死守してる。


けど、生き生きしてるっていうか、眼光が鋭いっていうか、エネルギーに満ち溢れてる。
ほんのり、市原隼人にもみえる。そ、それは言いすぎたごめん。

みんなからのメッセージを書いてもらった自由ページのところがセロテープで開けないように閉じられていた。

「封印されてる?なんかやべぇのがあるんか?」

そう思いつつ、セロテープを破り、中を見た。

エロい袋とじを開けるときと同じような興奮、
ドキドキしながら、開けてみる

パッ

そこには、俺の母の名前が筆ペンでどでかく書かれていた。

ちょいちょい挟まれる下ネタや、朝倉さん(高校時代の俺の彼女)と頑張れ的なことがかかれた。
これは封印して当然や。

恥ずかしすぎる。

けど、みんなからのメッセージが1番多かったのは、この高校のアルバム。
メッセージというか、殆どいじられてるだけだが。


わっけわからんメッセージやけど見たら笑いが止まらん。
幾つか抜粋してみる。

・俺のオカンに告白してるメッセージがあった

・T君は書く「何考えてんのかさっぱりわからんかったけど何か面白かった」

・Nさんは、俺の卒アルに俺以外の人物へのメッセージを延々と書いている。
ツッコミ上手、一緒に委員できてよかっただのなんだの。

俺、委員なんてしてないぞ。
不思議に思ってたら、文の最後に、間違えたごめん。と書いていた。

その隣に俺へのメッセージがあったが、俺以外のやつに当てたメッセージのほうが長かった。
無理せんでええのになあ...

・きゃぷてんは小さい字で書いてあった「諸行無常」

・後輩のTは「1997年、下痢をもらす」と書いてた。
いつの話かもしらんし、そんな宣言されても...

・M君は人の卒アルに「15万稼ぐ」と宣言していた。
実際、彼は大学でバイトの鬼になってたようだし有限実行可能か

・「乳房」と誰かがどでかく書いていた。

・浅倉さんと昔映画に行ったことを自慢してきた人もいた。悔しいからやめてほしい。


浅倉さんからのメッセージは、びっくりするほど俺にとって嬉しいことを書いてくれてた。夢かと思ったが、あれは間違いなく浅倉さんの筆跡だ。

そこで、やっと気付いたん。

朝倉さんが好きやった俺は高校時代の俺や。今の俺なんかじゃない。
あの時の俺は、毎日全力で生きて自信と気力に満ち溢れていた。


親衛隊が毎日俺と共にいて、
「服装、髪型ださすぎやろ!」と言いまくっだから俺は、
髪型、ファッション、色々気を使っていた。

けど、大学に入ったら親衛隊とは離れた。まあ勝手に生きたらどんどんださくなって変な人間になってもて...
その結果、浅倉さんに振られちまった...

それやのに俺はいつまでも過去を引きづって勝手に悩んで苦しんでた。

音楽や漫画に勝手に感情移入して、傷を癒すふりをしている。
'忘れらんねえよ'ってバンドの'ばかばっか'って曲がとても染みる。

幽遊白書のこのシーンが好きや。

IMG_0189.jpg
IMG_0190.jpg
IMG_0197.jpg

それだけや



さて、

俺は今からどう生きればいい?
どうすれば、あの頃の俺を越えることができる?

そんな疑問の答えはここ2年ずっと考えてきた。
けど、みつからなくて、色々試してあがいて迷走してる。

その答えをみつけて、どでかい指針を定めることを目標に、
 いや、定めた指針を親衛隊に伝えて決意を固める為に、
俺は今日の「バグジー親衛隊解散式」に挑む。




↑俺バグ社会人編 目次へ

←PART2へ




-俺バグ延長戦- 2016あれから君は テーマソング
あれから君は / 芹澤廣明



関連記事
NEXT Entry
俺バグ延長戦 あらすじ&登場人物
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム