2016. 12. 09  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章20話へ | Ⅲ章22話へ→




「テニス用品をみにいこうぜ!」
ということでハーバーランドのスポーツゼビオへ入店したとき、

地元にあるプロ・サァーブ(常連の店)を裏切り、都会の量販店に来てしまった...
それを知ったプロ・サァーブのおっちゃんは涙で枕を濡らすだろう...

なんて背徳心を抱くこともなく、「ど田舎のプロ・サァーブとは品揃えがちげぇなっ。」とウキウキでゼビオへ歩みを進ませました。

「今日俺、用事あるから、あと30分くらいで帰るわ。」ぼくは一言断ります。
「おう。」ボブは目を泳がせながら生返事をしました。


ラケット売り場に来たとき、ボブは店員さんに話しかけました。

「ガット張り替えてくれますか?」

「1週間かかりますが、いいですか?」

「え?
プロ・サァーブのおっちゃんなら、1時間で張り替えてくれるんすスけど?」

予想の斜め上をいくまさかの反論に驚いたのか、店員さんは平べったい顔全体を目一杯横に揺らして言い放ちます。

「うちは1週間かかるんです!
その'プロ・サブゥ'とやらが暇なんちゃいますか?」


「おけっす。もうええっすわ。」
そういって、ラケット売り場から離れます。

「'プロ・サブゥ'ちゃうわ、'プロ・サァーブ'やんな。」
「けどあの店員が言うこともわかるよな。」

「たしかにプロ・サァーブのおっちゃんの店に、俺ら以外の客が来るの見たことない...」


そんな話をしながら歩いていると、上着エリアにたどり着きました。

「みんな練習着って自由に着てるよな。」
「おれらもそろそろオリジナルの服を買うか。」

どれがええやろ。とシャツ売り場をうろついていると、キャプテンがあるTシャツを持ってきました。

「とっしーこれめっちゃええで!」

黒を基調とした中で、背中のど真ん中に真っ黄色の文字が描いてあったそのTシャツ。

「これのええところは背中刻まれた文字や。ほらみろよ。」

ー自己打破ー

そこにはたしかにそう書かれていました。


「かっこええやん!」ボブも助長してきます。

「なんか腕の袖めっちゃくちゃ短いし...」必死でこのシャツの変なところを探すぼく。

「こんなにかっこいいのに買わへんの?」

「やめとくわ。」

「もったいねー。
こんなにかっこいいのを買わんやつがこの世界におるはずないやろ。と思ってたら、まさか俺らの隣におるなんてな。」
「ひぇっ。こわっこわっ。」

「じゃあ、勧めるお前らが買えよ。」

「おれらはあかんって。こんな'かっこええ'の買っても似合わへん。
とっしーにしか似合わへん代物や。このシャツはな。」

元々細い目をさらに細めながら「...トイレ行く。」と言ったぼくは、その場からさっと抜け出しました。

後方からは、これでもかと言わんばかりの煽り声が聞こえてきます。

「あー結局買わんのか。もったいねえな。」

「よせって、あいつは所詮チャンスを活かしきれんやつなんや。」


5分後...

彼らの元へ戻ったぼくの異変に気付いたボブは素っ頓狂な声をあげました。

「とっしー、なんか黒いTシャツが透けて見えるぞ。」

「もしかして、あのシャツこっそり買って、トイレで着替えてたんか?!」キャプテンの鋭い質問。

ぼくは黙って彼らに背中を向けました。そして、白いカッターシャツをバサッバサッと脱ぎ捨てます。

自己打破

背中にはその文字が刻まれていました。

「なんで買ったん?」

「これさ。テニス用じゃなくて、どう考えても陸上部用やん。」

「え?」まさかのカミングアウトにぼくは目が点になります。

「着てもてるから返品できんで。
てか袖短けっ。だっせ!」

「テニスって相手があるスポーツやん?どう自己打破するん。」

畳み掛ける2人の言葉は、
「自己打破かっちょえぇっ!」と勘違いしていたぼくの酔いを醒ますには十分でした。
膝から崩れ落ちた途端言葉がこぼれ落ちます。

「うわぁあああ!!!」

不甲斐ない自分を自己打破したいと思った出来事でした。


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

鳴り響く親父からのTEL
口論する3人
決断を下す間も無く悲劇は訪れる...

12月16日(金)
→22話 嘘つき少年、現る

←20話 'BECK'「普通に普通」


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る21話エンディング曲
Hello! Good-Bye!!  




俺バグ最後17
スポンサーサイト
NEXT Entry
Ⅲ章 20話 'BECK'「普通に普通」
NEW Topics
延 Ⅲ章 5話 バンドやろうぜ!
残り全部バケーション | 伊坂 幸太郎
延 Ⅲ章 4話 Workin Workin
ピクセラ 爆上げからのストップ安 ~夢幻の如く~
Ⅲ章 39話 世界で一番長い日(6) 諸行無常のバグり島
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム