2017. 02. 10  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章 27話へ | Ⅲ章29話へ→




真っ直ぐ西桜ヶ丘へ帰宅せずに、湊町のマクドナルドで時間を潰していた部活帰りのある日のことです。

僕らが座っているとなりで500円玉を握りしめた小学生が、今後のスケジュールを報告しあっていました。

「おれは、かえってからあ、ほんよみのしゅくだいする!」

「おっれっは、ともだちと、さぁっかーする!」

「おれはあ、おれはあ、かえって、
えぃと...
らんどせるおいてぇ、
はっ、

ぅうんこする!」


たわいもない会話で盛り上がる小学生を見て、あいつら幸せそうやなぁと冷めた視線を送る3人の高校生ですが、普段の僕らの会話のレベルは彼らと大した違いはありません。

しかし気持ち的には大人になったわけで、純粋に毎日を過ごしている小学生が羨ましくなります。
そうして黄昏にふけりながら、あの頃を回想します。

「小学校時代が懐かしいな」

「小卒してもう3年か」


そんなときぼくは、思い出したかのようにボブに言いました。

「おいボブ、そろそろあのことについて謝れよ。」

「なんのことや?」

「小学生4年の時の、ドッジボール...
ボブが投げたボールが、俺の親指に当たった...
それで俺は、骨にヒビ入ったんや!!」


「そんなん知らんがなっ」

「知らんはずあるか!
あんな速い球投げやがって!
人が骨折する可能性考えたんかよ!」


「誰がドッジボールで、'骨折せんように'って遅い球投げるねん!
俺は悪くないぞ。
骨折するとっしーの骨がへぼすぎるたけやろ」

「なんやと!
俺の骨は、へぼくない!
ボブの球が速すぎるんや!!
あんな速い球投げてヘラヘラすんなよっ!」


「どんな球投げようと俺の勝手やろ」


ぼくは目を充血させて叫んできましたが、冷静さを取り戻しました。

「わかった。何を言っても無駄みたいやな。
ただこれだけは覚えとけ。

お前の'とてつもない速球'は、人を傷つけることもある。ボクサーの拳といっしょや。

だから、これからは、
もっと遅い球投げろよっ」


ぼくはボブを責めているのですが、球が速いを連呼されたボブは少し嬉しそうな顔をしています。

高校ではテニス部に入っているものの、小学校1年から中学校3年まで野球をしてきたボブにとって、球が速いということは何者にも代えがたい名誉だったのかもしれません。


ぼくとボブの口論を横で聞いていた横では、キャプテンが頭をぽりぽり掻きながら首をかしげていました。

キャプテンは、ぼくとボブとは別の小学校に所属していたので小学校時代の出来事は共有されていませんでした。

「おれの小学校は、お前ら2人と違うけど、中学校はボブと同じや。

ボブはうちの中学校の野球部のエースやったからな。
いろいろ噂が聞こえてくるわけや」


ぼくは体をキャプテンに近づけて尋ねます。

「どんな噂や!
星ヶ丘中学校に、'ものごっつい速球'を投げるやつがおるってか!?」

バツの悪そうな顔で、「おい、もうええやろ」と言うボブを横目に、
キャプテンはぐぅと息を飲むわけでもなくさらっと言い放ちました。

「球の速さはふつう。
コントロールの良さが売りの技巧派エース。
これがボブの中学校時代の評価や」

ボブは'バレたかー'という顔をしています。
「おれの球は速くはない。少年野球いっしょにやっててんから知ってるやろ?
そんな球に骨折させられたとっしーの骨...

察してくれ」

「うぅわぁーぁっーー」

今日も神戸の街には少年の叫び声が響き渡ります。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

あだ名...
それは、唯一無二の表現

3月24日(金)
→29話 よこぶーブイビクトリーバルカンボルケーノ...


←27話 ハヤサガイノチ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



エンディング曲
やっぱ I love you  




俺バグ最後2

関連記事
NEXT Entry
Ⅲ章 27話 ハヤサガイノチ
NEW Topics
延 Ⅲ章 10話 back numberは俺たちの心の支え…
同じ人間じゃないか! 同世代の奮起に感化されろ!
親父がVRゴーグルを買ってきた
Ⅳ章 PART10 片道切符のライバル
Ⅳ章 PART9 100→200、200→400、10000→???
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム