2017. 03. 31  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章29話へ | Ⅲ章31話へ→



ピーョォーピーィィーー.....

聞きなれない機械音が鳴り響く中、ヒトの腰骨あたりに位置するビート板のような両翼は、瞬時に羽を閉じ、青年の動きを封じ込めました。

「グゥアァ!出れねぇッ!」

慌てふためきながら蒼白になっていく塩顔は、必死に声を絞り出します。

「オメェラッ!俺を置いて早くいけ!」



ピーピーピー

女子が告られた時に、本能的に発する男殺しの言葉、「生理的にムリー拒絶反応」を示す機械音を鳴らす改札口は、改札口を締めて不審者の侵入を防ぐことを試みました。
どうにかしようと足掻く童顔は、首を左右に揺らし口を真一文字に閉じながら、意味のわからない言葉を発しました。

「オメェラッ!俺を置いて早くいけ!」

ぼくのその言葉を聞いたボブとキャプテンは至って冷静です。

「とっしー、かっこええこと言ってるけど、PiTaPaの磁気がバグって改札通れへんだけやん」

「だから、俺を置いて先に行ってくれ」
あくまで主人公を気取るぼくにボブは苛立ちながら言い放ちます。

「ええからズデェーンッってやってくれや」

「アホ!ここは無人駅や」

「無人駅やから、ズデェーンッができるんやろ?」

'ほほう'と納得したぼくはない脳みそを使って3秒ほど考えた末、
「定期あるから大丈夫やな。磁気が狂ったPiTaPaが悪い」という結論を出しました。

そして即座に、

ズぅぅッデェェーン...!

切羽詰まって長川駅でズデェーンしたことを三宮駅の駅員に伝え、真顔でピリられるという大して面白くないイベントをこなしたぼくらは神戸一の繁華街、三宮駅をうろつき始めました。


「さて、今日はどこで何する?」
終業式のあと、部活が早めに終わったからとりあえず三宮まできたものの、相変わらずの無計画さです。

サラリーマンがとりあえずビールならば、ぼくら神戸っ子学生はとりあえず三宮みたいなテンションなのです。

「ラウンドワンでも行くか」と、僕らを導くのはキャプテンの言葉にぼくは反応します。

「ラウンドワンといえばボウリングか....

ボウリングって、地下深くにドリル打ち込む調査やろ?
9.9mから'生活ゴミ'が出てきて、'8億円'値引きされるから気をつけろ!」


「とっしー、何いうてるねん?」

「すまん、今のは忘れてくれ。不都合な真実や」


高校1年生の夏休み前というのは、中学生に毛の生えたようなものです。
繁華街で遊んだ経験も少なく、三宮のラウンドワンを訪れるのもこれが初めてではないかという田舎っぺのボブとキャプテンをぼくは先導します。

「こっちや!こっちやで!」

「とっしー、三宮詳しいな。ラウンドワンの場所わかるん?」

「もちろん、知らん!」

「その自信どっから来てるねん。
ちゃんと調べて」

「わかった、今から調べるわ。」
そう言ってぼくは、自慢の真っ赤なガラケーで検索し始めました。

「あった。ラウンドワン千日前店!!」

「どこにあるん?」

「ええと...
こっから片道39.5km!」

「遠すぎるやろ。
三宮のラウンドワン探してくれよ」

「わかった」

そう言うとぼくは、真っ赤なガラケーを閉じ、道行く人に声をかけようとしました。

「さーせん!さーせん!」
街角調査隊で鍛えられた'一般市民に声をかけるスキル'が大都会でも活かされる瞬間です。

「ラウンドワンどこっすか?」

「...ァはぁへぇ?」

「ラウンドワンどこっすかね?」

「ぃぃしぃらん」

「わかりましたあざっす」

ぼくは彼との会話を終えると、ボブとキャプテンに愚痴り始めました。

「なんであの人ラウンドワン知らんねん。常識やろ?」

「とっしー。あの人、80歳越えてるで。
将棋会館とか囲碁クラブ行ってそうな人にラウンドワン聞くなって」

「すまん、とちった!」

若者が闊歩する三宮で、少数派のよぼよぼおじいちゃんに声かけるというミスをおかしたぼくは反省しました。

「わかった。今度は女性に聞くわ」

そして、
「さーせん。さーせん。
ラウンドワンどこっすかね?」

ボブとキャプテンは、少し離れた距離からぼくを見守りつつ、囁きます。

「あいつまたやりよったぞ。
またお年寄りや。
みた感じ120歳はゆうに越えてる。
あのおばあちゃんは絶対知らん。」

「絶対知らんよな。とっしーって、熟女好きなんかな」


ボブとキャプテンからは期待されていなかったおばあさんですが、海老のように曲がった腰を7度ほど上げて、空に向かって指を指しました。

その指の先には、


どでかいボーリングピンがあったのです。

「おおぉ!あざっす!」
よろこぶぼくの後ろで2人はハモりました。

「人は見かけによらねぇなあ...」


TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

ボウリングレーンを神戸コレクションのランウェイと勘違いしてしまい...

 4月7日(金)→31話 ボウリング狂想曲(1)

←29話 よこぶーブイビクトリーバルカンボルケーノ.... 

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



エンディング曲
やっぱ I love you  




俺バグ最後16
関連記事
NEXT Entry
Ⅲ章 29話 よこぶーブイビクトリーバルカンボルケーノ....
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム