2016. 03. 31  
↑俺バグ社会人編 目次へ

←PART3へ
→PART5へ


俺の人生の前途は明るさしかない。
そうなんかな、少し元気が出てきた。


そして、後輩のあくまが俺にエールを送る。

「先輩、バスケ部の赤嶺とかもっつーからも尊敬されてたんすよ!
急にやってきて、初めて会うのに

`おい!もっつー!もっつーやんけ!`

と話しかけてくる先輩は凄い人やったんす!

あの時の先輩は頼りになったし無敵感があったっす!」


俺は冷静に自分のここまでの人生を振り返った。 

中学までは冴えないオタク気質やった。
高校は言って、親衛隊と毎日いる中で、俺は変わった。
 髪形、服装、そして、アタック。

高校では、浅倉さんに好かれるために、ガッツ?ある行動をしてた。
空回りも多かったが...

そういう、バイタリティのある俺を、あくまは尊敬して、浅倉さんは好きになってくれた。

大学になって、親衛隊と一緒にいることが殆どなくなった。

浅倉さんとは付き合っているが、付き合っているのが当たり前になった。

その頃からおかしくなった。


ボブは言った。
「みんなは普通の状態でいけて、そのままいける。とっしーは、
元がキモすぎたけど、高校時代一瞬めっちゃいけて、そのあと、中学時代のきもさに戻った。だから無理」


俺はやっと気づいた。高校で浅倉さんと付き合えたのは、親衛隊に会って変わっただけや。
俺自身が変わったわけではない。



あくまは、菊水山山頂で撮った俺の写真をみせた。
きゃぷてんとボブは言う。

「笑顔がニッチャーってなってるな!ニッチャーって!」

「高校の時よりだいぶ老けたよな?」


確かに、にっちゃーだ。
2人は続ける。

「中学時代ニッチャーからの、高校で襟足のイケメン、大学でまたニッチャー」

「他の高校言って俺らと会ってなかったら、ニッチャーのままやったな。ある意味高校時代がレアやった。」


俺「けど、今の俺は、あの頃と醸し出すオーラが違う。髪型、服装、自信、何もかもが違う。」

あ「先輩、あの頃に戻ることはできんくても、あの頃のマインドには戻れるんちゃうんすか?」

ボ「てか、今のとっしーの状態おもろない?
  アル中やけど、貯金250万目指す奴。 変なとこで堅実やねん。」

き「そして、バイクの免許持ってるからかっちょええと思いきや、125CC小型AT。
細かい設定がなんでそんなださいん!」


後輩あくまは、今日終始俺を馬鹿にして笑っている。

「俺、高2の先輩と出会った時ほんまやんちゃで、かっこええ人やと思ってたんすよ。
人生楽しそうで、いつも強気で、尊敬してたんす。
それが今は、このざま。また戻れるでしょ?もう一回」


後輩からの失望に俺は耐えきれなくなり呟く。

「俺は、今から変わっていくしかないな。
見た目が変わって行くうちに、俺のマインドが変わる。周りの対応も変わる。
そうやって、成長するしかない。」

ボ「でも、具体的にどう変わるん?なんか目標とか指針は?」

俺「へっへ。よくぞ聞いてくれた。じゃあ言うぞ。

1.筋トレとランニング
2.対人関係のスキル読み込み

この同時並行や!」

俺の回答に一同は爆笑した

「読み込み?筋トレ?」
「そんなんで変われるんか!!!???」


「笑うなよぉ!俺はこの回答出すまで2年かかってんぞ!」


↑俺バグ社会人編 目次へ

←PART3へ
→PART5へ



-俺バグ延長戦- 2016あれから君は テーマソング
あれから君は / 芹澤廣明



関連記事
NEXT Entry
PART3 Serious talk for the future
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム