2017. 05. 26  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章36話へ | Ⅲ章38話へ→




バイナイについて話しているうちに時刻は16時半を回っていました。

「そういや、今日の花火大会行く?」

本日は1万発の花火が打ち上がるみなと神戸花火大会がある日です。

「男3人で?」

「.....」

以前から気づいていたことですが、ぼくらバグジー親衛隊には女っ気が全くありません。
一度、レベッカという謎の美女と遭遇したものの、音沙汰はなし。

「まあ、行こう。
なんで行くかは知らんけどな」

しかし、キャプテンの頼り甲斐のあるキャプテンシーのおかけで花火大会参加が決まったのです。

ぼくらは一度帰宅して、テニス用品を置き私服に着替えてから再集合し、ハーバーランドへ向かいました。

高速神戸駅を降りて、南へ進みます。
大半がいちゃつくカップルで、ムスカ大佐に言わせれば、まるで人がゴミのような道を進み、やっと沿岸部へたどり着きました。

海沿いのフェンスに体を預けて真っ黒の海を眺め、黄昏れているとき、ある集団が話しかけて来ました。

「お前ら、男3人で花火見に来たん?」

ガムをくっちゃらくっちゃらしながら嘲笑したように言い放つ相手は見るからに年下、茶髪の中学生でした。
おぼこい顔立ち、キレキレの眉毛がなければ、小学生にも見えます。

「お、おう」
ぼくは力なく答えます。

「女と来いよ~。だっせぇ」

茶髪の少年の隣にいた金髪の女子はトドメをさすかのようにぼくらをバカにします。

彼女は整った顔立ちながら、細い眉毛と金色の頭髪によって気の強そうな雰囲気を醸し出しています。

相手がヤンキーだからといって、侮辱されて黙っているわけには行きません。
「ンだとコラァ」と叫んで殴りかかる...

そんなはずもなく、男3人組はチッと軽く舌打ちをして顔を背けます。


茶髪の少年はそこで大きく溜息を、はっきりと声に出すようにして吐き出しました。
不満げな顔つきと不愉快さたっぷりの息は、それだけで他者に威圧感と恐怖を与えます。
彼の好戦的な顔つきからは、ぼくらが殴りかかってくると予想していた節が見えます。

そして、ぼくらを返り討ちにして隣の女にいいところを見せたかったのでしょうが、少年の思い通りにはさせません。
「ざまあみろ」

いや、ただただ言い返せなかったのです。それどころか中学生相手に威圧されていました。


「おい、行くぞ」
ボブはなかば投げやりに吐き捨てるように言いました。
彼の言葉に促されるようにぼくらは足早にその場を去りました。

ヤンキーたちは追ってくることはありませんでした。
チキンなぼくらにはもう興味がないのかもしれません。

キャプテンは調子が悪かったのか、キャプテンシーを発揮できず、終始無言で下を向いていました。

苦虫をすりつぶした顔で...


「お前ら、男3人で花火見に来たん?」
圧倒的侮辱という事実を突きつけられたのち 「女と来いよ~。だっせぇ」
と言われる。

うっすら自分たちでも思っていたことを改めて突かれる、そう、残念無念とはこのことです。


ヤンキーたちから逃げた後は、僕らは珍しく誰も話しませんでした。
各々滾るものがあったのでしょう。

しかし、しんみりするのはぼくららしくありません。
何か別の話題で明るくしようと各々考えていました。

「この花火大会にさ?
浅倉さん来てるんちゃう?きいてみろよ」

当てずっぽうよろしく軽い口調で言うボブをぼくはじっと見つめ、諭すように語りました。

「3時間ほど前にフラれてるんやぞ?
また連絡とるんか?!」


「でもまだ好きなんやろ?
すぐ諦めてるようじゃ浅倉さんみたいなモテモテを彼女にはできんぞ」

ハッとした顔でぼくは考え込みます。

事実、浅倉さんは、クラスの中ではかなり人気がありました。
男子生徒たちの大半は、彼女と交際したいと思っていたはずですが、臆病なぼくらは、みな密やかに、その想いを膨らませていた。

ぼくも他の友人たちの例に漏れず、外見はもちろんのこと、いつもにこやかで人を大切にすることもない彼女に好意を抱いていました。
しかし、好きになったタイミングが入学式なので、他の小僧たちよりは、'好き'の先輩です。

しかし、二度告白して、あっさり振られたことを考えれば、もう一度浅倉さんの恋人候補として立候補する勇気はありませんでした。

もはやぼくにとって浅倉さんは、清楚すぎる女神のように非現実的な存在になっていたのです。

遠くから彼女を眺めて見惚れるだけの、変態予備軍、もとい、ファンの1人でした。

自己討論を終えたぼくは2人に訴えかけます。

「勘違いしてないか?
浅倉さんはめっちゃ可愛くて大人気なんや。俺みたいなモテないやつがそうそう告白して成功する人ではない

「これやから'あきち'は嫌なんや。
(アキラメキチガイ)話参照

告白失敗したからってまだ終わりじゃないやろ?

なんならまだ仲良くないのに告白して成功するはずがないやんけ

いきなり告って成功するのはイケメンだけ。
とっしーは顔以外で戦ってんねんから、これからやろ!」

「そうや。そのためにも今から仲良くなれよ!
だから今、花火大会に来てるかどうか聞いて、コミュニケーション取っていくんや!」

ボブとキャプテンは、相変わらず、無責任に煽るようなことを言います。

しかしぼくは、彼らの無責任を待ち望んでいたのです。

その言葉に背中を押され、「わかった。聞くよ」と、にんまりした顔で、浅倉さんにメールします。

「浅倉さん、今日の花火大会来てる?!」

ものの1分ですぐに返信が来ました。

来てるよー。

「浅倉さん、花火大会に来てるらしい!」
興奮で叫ぶぼくにボブはすかさずアドバイスします。

「ッ誘えよ」

「え?フラれたばっかやのに?」

「大丈夫、誘えばいけるから!」
キャプテンも根拠のない言葉を投げかけます。


普通なら断るところですが、夜のテンションがそうさせたのでしょうか。

「わかった誘うわ」

ぼくは煩わしそうに呟きながらも、心はワクワクしていたのです。
結末さえ知らずに...

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

バグジー親衛隊に亀裂、
マジ喧嘩勃発?!
そして豪雨に打たれ、人生に絶望???
3人に未来はあるのか??

Ⅲ章ついにフィナーレ!!!

6月2日(金) 38話 世界で一番長い日(5) 「ドーンドーンドンビキビッキー」

←36話 世界で一番長い日(3) 「これがバイナイってやつか…」

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?

 



エンディング曲
やっぱ I love you  





俺バグ 文末 乞うご期待 (18)
関連記事
NEXT Entry
【ぐぅかわ】 どん兵衛 吉岡里帆☓星野源 逃げ恥のムズキュン再び
NEW Topics
延 Ⅲ章 11話 なんでこんな暑い日にテニスするんやろな
延 Ⅲ章 10話 back numberは俺たちの心の支え…
同じ人間じゃないか! 同世代の奮起に感化されろ!
親父がVRゴーグルを買ってきた
Ⅳ章 PART10 片道切符のライバル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム