2017. 06. 02  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章37話へ | Ⅲ章39話へ→




「花火誘えよ」

ボブの何気ない一言にぼくはそそのかされました。
振られたその日に、女の子に会おうと言うなど常軌の沙汰を逸していますが、夜のテンションがそうさせたのでしょうか。

「わかった誘うわ」
ぼくは煩わしそうに呟きながらも、心はワクワクしていたのです。
結末さえ知らずに...

「浅倉さん、今花火大会にいるんや!
おれもおるから会おう!
一緒に花火みよう!」

声に出せば出すほど気持ち悪いメールの文面を考え出したぼくは、キャプテンとボブに感想を求めます。

「メールにここまで気持ち込める奴見たことない」
「ええ文章やな、気持ちがグッと伝わってくる」

2人は感心して頷いています。

彼らの反応に安心したぼくはこの文章を送信します。

仲良くもないのに告白をされて当然ながら振った女の子が、告白してきた男と一緒に花火を見る。ありえない要求をしているなんてことにはいまいち気づいていませんでした。

ポチッ...とな。
送信ボタンを押す音を聞いたキャプテンは、聞こえるか聞こえないかの微かな声で「こいつぁヤベェゼ」 と呟きました。

午後7時50分。
花火がよく見える海岸線沿いの混雑に嫌気がさしたぼくらはどこか人が少ない場所を目指してハーバーランドの人混みをひたすら歩きます。

ヒュルルルルルー...ドーンッ

そして、花火が打ち上がり始めました。


5分ほど歩いたあとでしょうか、浅倉さんから返信が届きました。
そこには、「今友達と一緒にいるから、それはできない」という、当たり前の断り文句があったのです。

心なしか返事が冷たいように感じます。

その返事をみたボブは至って冷静に言い放ちました。
「なんで誘ったん?」

「お前が誘えって言ったんやろうがいーーー!!!」激昂するぼく。

「あんな誘い方するやつドン引きやろ

♪ドーンドーンドンッビキビッキィッーーー
ド、ドーンドドン、ビキビッキィッーー♪


ボブが突然歌い出したメロディは、安田大サーカスのそれでした。

「そんな歌歌うなやー!」怒りが止まらないぼくの反応を楽しむかのようにボブは歌い続けます。

♪ドーンドーンドンッ
と、ボブが太鼓をたたく仕草を見せると、

ここでキャプテンが登場し、
ビキビッキィッーーー
と言いながら、手を引く動作を全身で表します。

ド、ドーンドドン
ビキビッキィッーー♪


即興とは思えないほどの彼らのコンビネーションの素晴らしさは、このネタを去年あたりから仕込んでいたのかと疑うほどでした。
しかし、感心するわけにはいきません。

永遠とループされるメロディ
♪ドーンドーンドンッビキビッキィッーーー♪にイラつきが収まらないぼくは太鼓をたたくボブの手を押さえつけて叫びます。

「お前が言うのは、おかしいやろっ!」

太鼓を叩けず、少したじろぐボブの横では、俺に任せろという顔でキャプテンが太鼓を叩き始めていました。

♪ドーンドーンドンッ♪

ビキビッキィッーー♪
ドン引きの仕草を見せるのは、ぼくの腕を無理やり引き離したボブです。
彼らはとっさの判断で太鼓と、ドン引き役を交代したのです。

なんという執念、どれほどこの歌か歌いたいのでしょ。

♪ドーンドーンドンッ♪と歌うキャプテンをぼくはギョっと睨んで言い放ちます。
「お前は言うてもええわっ」

♪ビキビッキィッーー
と叫んでジェスチャーをするボブには、顔を近づけて再び叫びました。
「お前が言うのは、おかしいやろっ」

そうです。
ぼくはドンドンドンビキビッキィーーーの歌自体にはキレていないのです。
ドンドンドンビキビッキィーーーの歌を歌う人物にキレているのです。


そんなぼくの怒りを知ってか知らずか、2人は歌い踊り続けていました

♪ドーンドーンドンッ♪

♪ビキビッキィッーー♪

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

真夜中の静寂で、少年たちは憂う...

6月9日(金) 39話 世界で一番長い日(6) 諸行無常のバグり島

←37話 世界で一番長い日(4) 「みなと神戸花火大会」

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?

 



エンディング曲
やっぱ I love you  






俺バグ 文末 乞うご期待 (1)
関連記事
NEXT Entry
かって兜の緒を締めよ(弁護士ドットコム)
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム