2017. 04. 29  
アイネクライネナハトムジーク



【「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」  あらすじ・感想】

短編集ですが、それぞれの話が繋がりあって1つの大きな物語になっています。
誰かが誰かに影響を与えて、その誰かがさらに他の誰かを動かす。みんな誰かに影響されている。

それがプラスの影響になるか、マイナスの影響になるかは、人との関わり方、その人の捉え方次第です。

この本は読後感がすっきりと、爽快です。明日からまた頑張ろう。と思えます。

ボクシングヘビー級の日本チャンピオンが一応主人公ですが、登場人物が多く、また作中で時系列がまぜこぜになるので、読みながら人物相関図を書いた方がわかりやすいです。

軽妙な会話や、手に汗握るボクシングの対戦シーン。
ほっこりしつつと熱くなれるか素晴らしい作品です。

ボクシング (3)




*『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』とは
Wikiより抜粋

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusik) ト長調 K.525は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したセレナードのひとつである。
ドイツ語でEineは女性形の不定冠詞、kleineは「小さな」の意の形容詞kleinの女性形、Nachtmusikは、Nacht(夜)+Musik(音楽)の合成名詞で、「小さな夜の曲」という意味である。かつて日本語では「小夜曲」と訳されていたが、今ではほとんど使われなくなっている。この題名はモーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものである。




この物語は6つの短編が折り重なっていますが、それぞれを少し紹介します。

多少ネタバレも含みますので、ご注意ください!

1.アイネクライネ

「どっかにいい人いないかなあ」
恋人のいない社会人の多くはこう思っていると思います。
学生時代のように、自然と出会える環境がない日常でも、「奇跡、いや、奇跡までは言えないながらも、偶然の出会いがあるんだ。もしかしたら私も...」
そう思えて勇気が出る話です。

ここで出てくる2人の登場人物はこの作品のキーとなります。

◯織田一真
物言いが乱暴で子供っぽいですが、自信たっぷりな姿や言動がかっこいいのです。

◯斉藤さん
無言が鳴らす音楽が人々の心をとかします。この人物はこの本のタイトルとも関係があります。


2.ライトヘビー
この物語の一番のピーク「ナハトムジーク」につながる話です。
不思議な距離感の2人の関係性に注目です。


3.ドクメンタ
全てを書かずに読者に想像させる物語の終わり方が素晴らしいです。
夫婦関係の陰陽が描かれています。


4.ルックスライク
一番練られた短編です。初めはなんのことかわかりませんが、つながりに気付いた時に体が震えました。
しかし、同時に切なさも覚えるという作品です。


5.メイクアップ
誰しもが何か抱えて生きて、その傷を隠しながら生きている、人間の本質が垣間見える作品です。


6.最終話「ナハトムジーク」

現在、9年前、19年前、3つの時代が交錯しながら物語が進みます。

(p.256~)
決戦に備えて過去を回顧する場面で、小野がトレーナーのケリーと会話する場面と、
(p.269~)
世界戦の描写は、胸が熱くなります。
(特に273~278)

寡黙で真面目な小野が、対極に位置する自信家で天才のアメリカ人オーエンに挑戦するシーンはしびれます。

小野の戦う様を見て、「私も頑張らなければ!」と勇気をもらいました!

ラウンドボーイ(少年)の静かな意思表示に気づいたときは、私も小野と共に燃えていました。
最後の左フックは場面が頭に浮かぶようでした。


【名言】
「年齢を重ねても人は変わらない。経験を重ねるからこそ人は変わる」
「何と言っても世界戦だぜ。挑戦者はまだいい。目的がはっきりしてるだろ。向かっていくしかねえんだから。守る側はモチベーションを保つのが難しい。油断大敵なんだよ」



【おすすめ度】

読みやすさ  ☆☆☆☆ 
わくわく度  ☆☆☆☆ 
感動     ☆☆☆
ほっこり   ☆☆☆☆☆
読後の爽快感 ☆☆☆☆☆

ささいな日常にほっこりしつつ、熱くなれる作品。
アイネクライネナハトムジーク

おすすめです!



【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次
→人生をRPGと捉えれば楽しくなる!
→やる気を上げる捉え方、考え方
→「おもしろおかしく生きた方が勝ちだ!」 ~こち亀 人生観 vol.1~
→おすすめ書籍
スポンサーサイト
NEXT Entry
Ⅲ章 34話 世界で一番長い日(1) 「空気を読めば」
NEW Topics
延 Ⅲ章 5話 バンドやろうぜ!
残り全部バケーション | 伊坂 幸太郎
延 Ⅲ章 4話 Workin Workin
ピクセラ 爆上げからのストップ安 ~夢幻の如く~
Ⅲ章 39話 世界で一番長い日(6) 諸行無常のバグり島
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム