2017. 06. 16  
俺バグ延長戦Ⅲ章

↑俺バグ社会人編 目次へ
→3話へ
→5話へ



イオンに着いた俺たちは、ウマメシを買ってテラスで食べながら社会人になった感想を話し合う。

話しあうといっても、まさはるは未だ研修中、ギアルとキャプテンはフリーターだ。

このメンツではいち早く一応正社員として働いている俺に白羽の矢がたった。
彼らに社会人の厳しさを伝えなくてはならない。

「仕事どうなん?」
まさひこ(研修中)が俺に尋ねる。

「2日目にいきなり有給とったよな、1時間やけど」

「は?舐めてない?理由は??」

「ライブや。
ちなみに定時でも開始には間に合ったんやけど、余裕持って行きたくてな」

「は?そんなんええん?」

「ええかはしらんけど、1時間有給申請したらとれたからなー」
俺はお気楽に答える、これぞゆとり。

「有給とってはよ帰るってことは、その日の朝は相当早く来て仕事済ませてるんやろ?」まさはるは尋ねる。

「出勤は業務開始の5分前や。エレベーター次第では3分前になっちまう」

「それこそ余裕持てよ」

キャプテンは、俺をじっと見つめて語りだす。
「普通さ。人からどう思われるかとか考えるやん。ただとっしーぱそんなこと考えてへんねん。
主人公気質やからな。
人生を楽しむスキルがあるんや。
たぶん仕事のときはちゃんとやってるやろから、嫌われてもない...はずや」

そんなことを言われて俺は鼻高々になっていたが、別に彼らは褒めているわけではなかった。

ギアルは照れた俺の顔を見て呟いた。
「照れたら映画俳優みたいな顔するやつおる?」


そんなとき、まさはるは急にたばこが吸いたくなったのか喫煙所へ走り出した。
彼はそこでヤンキー風のお兄ちゃんに話しかけ、タバコをもらっていた。そしてそれをスパスパ吸いながら仲良く話をしている。

「今の人誰??」
俺たちは喫煙所から戻ってきたまさはるに尋ねた。

「知らん。初めて会った人やからな」

初めて会う知らん人にいきなりタバコ貰う、彼はなんて逞しい男なんだろう。

その後、アウトレットの醍醐味であるショッピングを堪能した。服に帽子に、ああでもない、それはださいといいながら、購入するいつものイベントだ。

垂水のアウトレットを後にして、三宮に戻る。そして、レンタカーを返すと、家族亭という定食屋に入った。


「そういや、とっしー。大学の時、女の子とのデートで家族亭で飯食ったんやろ?ほんで、そのあとゲームセンターで太鼓の達人をする、と。
そして、告ったら、結果振られると」

「その話はやめろ。」

「遊び方が中学生やからな、そら振られるわ」

茶化されて嫌になったおれは、それを誤魔化すかのように、ボブにライン電話をかけた。
もちろん通常の電話ではなく、テレビ電話だ。
顔と顔をつけあわせたい。

ピポパピポパピポパポーン

がなり終わるやいなや、ボブは応答した。

おれの携帯には、上半身裸のボブが現れたんだ。




次回予告

あのころの熱い思いを、取り戻したい!
ボブを勧誘するが...

6月23日(金) 延 Ⅲ章 5話 バンドやろうぜ!

↑俺バグ社会人編 目次へ
→3話へ
→5話へ



-俺バグ延長戦-
作者が弾き語るエンディングテーマ

 「ふがいないや」 YUKI 



俺バグ延長戦8

関連記事
NEXT Entry
ピクセラ 爆上げからのストップ安 ~夢幻の如く~
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム