2017. 07. 14  
Ⅳ章

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

←Ⅳ章PART1へ | 



テニス部というのは、どのようなイメージでしょうか。
かっこいい、地味。ださい。スマート...

だいたいあっていますが、うちのテニス部の1年生には異端児が集まっています。

ギアルは、みためだけいうとパソコン部。色白で細いからだつきは、殴られたら骨が折れそうです。

たけけは、みためだけいうとヤンキー。黒く焼けた肌に、屈強な体つき、鋭い眼光で周りに圧を与えます。元野球部のエースでしたが、現在は脂肪が増えており、まれに巨乳化することもあります。

そんな相反する二人ですが、意外にも彼らはよく絡んでいるのです。

モテ男たけけが、廊下で女の子に話しかけられていると、ギアルは彼を冷やかします。

「がっつかれとうなあ。モッテモテやぁ」

ギアルに冷やかされたたけけは女子との会話を終えると、ギアルの元へと向かいます。

そして、「筋肉潰しやあ!」 と、ギアルの二の腕をわしづかみにするのです。

筋肉が潰されるギアルは「うぁわわやぁー」と叫びます。

しかし、筋肉がつぶされるわりには、控えめな叫び声です。

実際筋肉が潰されたことがないので、筋肉が潰される痛みは想像できませんが...

そんな仲良しの彼らは、部活開始前の団らん中も隣同士にいましたが、そんな彼らのそばから急に鈍い音が響きました。

ッゴン

音が響くと同時に、たけけの拳がギアルの二の腕をえぐります。

「いってぇ~!」ギアルが甲高い声を発するや否や、
「すまん!」たけけは真顔で叫びます。

あまりにも心を込めて、「すまん!」と叫ぶので、ギアルは何も言い返せません。
ただただ、頬を歪ませるギアル。


10秒後。

ッゴン

またも鈍い音が響き、たけけの拳がギアルの二の腕をえぐります。


「いってぇ~!」ギアルが蚊の鳴くような甲高い声を発するや否や、

「すぅーまぁん-!!」たけけは先ほどにもまして、真顔で叫びます。

さすがに二度も殴られて黙っているギアルではありません。

ギアルはたけけをキッとにらみ、こう告げます。
「謝るなら殴るなよ~」

殴るなよ!ではなく、'謝るならば、殴るな'と言う条件付け否定。
このあたりが、ギアルの優しいところです。
湊町というお柄のよろしくなき町に育った彼ですが、生粋の優しさを秘めています。

そんな優しさの塊のギアルを殴ったたけけは、申し訳なさそうにこう言います。

「すまん。やってもうた!」

たけけがヤンキーになりきれない理由はここです。

本物のヤンキーは殴ってから謝るなんてことはしません。
しかし、たけけは'謝ることができる'のです。
ヤンキーっぽくてヤンキーではない、これがたけけの魅力であり、やっかいな部分でもあります。

ギアルとたけけの間に微妙な空気が流れる事態に、状況を観察していたボブとキャプテンが割り込んできました。
彼らは厄介ごとをさらに厄介にさせるプロです。

「ギアル、たけけは謝ってるんやから許したれよ」

「そうやな。謝ってるやつは責めたらあかん」

二人がたけけの肩を持つので、ギアルはバツの悪い顔をしています。いつも色白の彼の顔が、化粧つけとんのかいなと思うほど白くなり、
「わかった...」と呟いたのです。

そんなギアルをみて、見た目ヤンキーのたけけは、にんまありと笑っていました。

そして、10秒ほどの沈黙の後、またもやたけけは動きました。

彼の拳がギアルの二の腕をえぐると同時に、咆哮が部室に響き渡ります。

「すまん!」

なんと、たけけは、謝ると同時に殴っているのです。

人類の歴史上、かつてこんな殴りかたをした人はいたでしょうか?!

「謝るなら殴るなよ~」というギアルの希望に沿いつつ、殴りたいという自らの欲求もかなえているのです。なんという隙のなさ!

パンパン腫れ上がった二の腕を押さえながら「殴るな~」と、訴えかけるギアル。

そんな彼を見て、さすがのたけけも反省をしたのか、すっとうつむいて大人しくなりました。

これで解決したと、みんなが思った矢先でした...


「すまん!」
けけは、ギアルをみつめて、叫びます。

なんのことかと、事態が飲み込めないギアルの二の腕に襲いかかるのは、またもたけけの豪腕でした。

グゥオオッーッンッ

鈍い音がこだますると同時に響くのはギアルの叫声。「イッィッテェ~」

事前に謝ってから、拳を振り抜いたたけけは、腕をふらふらにしながらよろめくギアルを見つめます。
さすがに今の一発は答えたのか、ギアルは目を細めてじっとたけけを睨みつけます。

この一触即発の状況に、誰もがーマジモンの喧嘩ーを覚悟しました。

「これはギアルもやり返すぞ」
「喧嘩や、喧嘩が始まるゾォ」
「おい、道端の小学生呼んでこい!大勢で盛り上げっぞ」
部員たちはささやき合います。

しかし、野次馬根性に溢れた彼らは喧嘩を止めようとはしません。
喧嘩という名の、魂のぶつかり合いを見て見たい気持ちになっていたのです。

キャプテン1人を除いて...

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

一触即発の事態にキャプテンの裁定が下される!
世界をひっくり返すほどのその裁定とは?


7月21日(金)PART3 Captain Sea

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

 



エンディング曲



俺バグ 文末 乞うご期待 (1)
スポンサーサイト
NEXT Entry
#過保護のカホコ ドラマ感想!
NEW Topics
Ⅳ章 PART4 Bond in a field
Ⅳ章 PART3 Captain Sea
Ⅳ章 PART2 Don't hit, Don't hit!
#過保護のカホコ ドラマ感想!
メディネット 2370 抗がん抗原抗体の新たな検査法について日本で特許が成立
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム