2017. 07. 21  
Ⅳ章

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

←Ⅳ章PART2へ→ | Ⅳ章PART4へ→



謝ってから殴るたけけに対して、ギアルの怒りは頂点に達します。

そんな一触即発の雰囲気の中、常識人のキャプテンはここでもキャプテンシーを発揮したのです。

「まあ、お前ら落ち着けよ」

たけけと、ギアルも、キャプテンの言葉にそっと耳を傾けます。そんな彼らを諭すように話を続けるキャプテン。

「ギアルは、殴られて痛い。
その気持ちはめっちゃわかる。

たけけは、殴りたいから謝ってから殴る。その気持ちもわかる。

つまり、俺は、2人ともの気持ちがわかるねん。

極論を言うと、2人とも悪くない」

まさかの平和的解決に一同は息を呑みます。

「っていうのも、悪くはないけど、しっかりと落とし前はつけたい。

ここで問題になるのは、2人の欲求の強さや。殴りたい気持ちと殴りたくない気持ちを比較するってことやな」

殴りたい気持ちと殴りたくない気持ちを比較...
まさかの方向に向かうキャプテンの話に一同は驚きを隠せません。

ギアルなどは、それでも最後には自分が正しいと言われる自信があるのか、にやにやしながらキャプテンを見つめています。

キャプテンは続けます。

「暴力に訴えるのは一番あかんことや。
けど、たけけは殴りながらと、殴る前に謝ってたやろ?
つまり、申し訳ない気持ちはあるねん。
けどな、それでも、殴ってしまうってことはな?
相当、殴りたい」

たけけは、真顔で大きく頷きます。

「ギアルも殴られたくはないやろうけど、殴られたくない気持ちの本気さはみえてけえへんねん。

殴られたときの叫び声がちょっとふざけてたし、笑ってたからなあ。
こんな真剣な話し合いの場の今でもにやにやしてるし。

そもそも、'がっつかれとうわー'と、たけけを挑発したのはギアルや。

けどな、たけけは、真剣すぎて叫んでまうほど謝った。
つまり謝りながらも、殴ってしまうほど殴りたいんや!

相当殴りたいんやろな。

そして、その思いは、ギアルが殴られたくない思いをはるかに上回る...

哀しいけどこれが現実や。
だから許したれ、ギアル!」

「エッ!」まさかの判決に腰を抜かすギアルを横目に、大岡越前守のような素晴らしい?裁定に聞き惚れた野次馬たちは「スゲッースゲッー」「さっすが、キャプテンッ」と沸き立ちます。

ギアルはというと、その場の雰囲気に飲まれてしまい、「それならしゃあないな~」と、口をとんがらせてあっさり納得してしまったのです。

その瞬間にみせた、たけけのにんま~りした表情を、誰が見ていたでしょう...



「おい、お前らー!もう練習始めるから早くコートに来いよー!」
遠くから聞こえる本物のキャプテン、
谷川さんの声を聞いた途端、ぼくらのキャプテン信仰の魔法は解けました。

本物のキャプテンが呼んでるから早くコート行こうぜ」
「せやな」

ぼくらのキャプテンは、本物のキャプテンではありませんが、ギアルとたけけのマジ喧嘩を止めた素晴らしいキャプテンです。


そして、部活が終わった後の部室にて...

ぼくはすっぱむーちょを大量購入した末に手に入れた応募券をはがきに貼っていました。
2枚目の応募券を貼った際に目に入った、「重複応募はできません」という但し書きに絶望しているぼくにボブはガムを噛みながら語りかけました。
「とっしー、Aqua Timezのことはええからさ、この夏について考えていこうぜ」

「そうやねん。とりあえずてっとり早く楽しめるイベント考えないと、俺ら干からびてしまうぞ?」
キャプテンもそう言って悩んでいます。

「たしかにな。
授業があった時には、部活が終わるのも夕方やから、そこからスーパーマーケットで時間を潰してバグり島やったけど、夏休みの午前練習のあとにスーパーに行ってしまうと、ほぼ一日スーパーで時間を潰さなあかんやん!
それはまずい!」

「いや、家帰ればよくない?」

「それは違うぞ。
せっかくの青春時代の夏休みにすぐに家に帰るなんてもったいないやん」

「じゃあ何するねん?」

「聞いて驚くなよ...あれを始める...」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

果てしない夏を有意義に過ごすためにぼくらは、あるゲームを...

 7月28日 PART4 Bond in a field

←PART2 Don't hit, Don't hit!

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村

 



エンディング曲



俺バグ 文末 乞うご期待 (2)
スポンサーサイト
NEXT Entry
Ⅳ章 PART2 Don't hit, Don't hit!
NEW Topics
Ⅳ章 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!
5回表 阪神電車にて、マイルドヤンキーを観察
遅すぎた撤退 ~1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える~
延 Ⅲ章 7話 サッカー大会(1)
4回裏 飛行機に乗り遅れると、焦りますが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム