2017. 07. 28  
Ⅳ章

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

←Ⅳ章PART3へ |
 



「聞いて驚くなよ...あれを始める...」

ぼくらは部活終わりの部室で、若竹のように力いっぱいしなりどこまでもうち飛ばしてくれそうな夏をどう過ごすか考えていました。

「あれってなんやねん?」

「あれを話すにはな、こんなとこじゃあかん。とりあえず帰ろうぜ」

ボブは慣れ親しんだ部室を'こんなとこ'扱いして部室から出ました。
彼は普段、誰よりも部室を愛しているのですが、今日は機嫌が悪いようです。
そして帰路につき、いつもたむろするスーパーマーケット食鮮館のベンチに陣取ります。

この日は夏休みの午前練習だったのですが、午前といっても外は8月の外は暑い暑い。
そんな中テニスをしたぼくらは、くたくたにつかれています。

「部活で疲れた午後に動き回るのは...嫌やな。部活で体動かしたあとやし、体力使わへんことで遊びたいやろ?
だからこそあれなんや」

ドヤ顔で語るボブに対して、キャプテンはぼつりと呟きました。

「そんなこと、ゲームしかなくない?」

ここでキャプテンが提案したゲームという言葉に、ボブはピクリと反応します。
先に言われた...という表情です。

ゲームという提案には誰もが内心、ええなあ、と賛成しているのですが、高校生にもなって男が大勢集まってワイワイゲームするのも少し恥ずかしいと思っていたのです。

そんなとき、ヤクザの若大将のような目つきを見せるたけけがポロリと溢しました。
「ゲームするんなら、おれ帰らへんぞ」

たけけはスーパーマーケットでぼくらと無意味にたむろするのが嫌なようで、いつも即座に帰るのですが、ゲームという言葉を聞いた今の彼は、心なしか目がキラキラしています。

そこには、ぼくの顔を見て「お前、顔きもいんじゃあっ!」と叫ぶたけけの野獣のような闘志はありません。
ただただ、ゲームが好きな少年です。

「勘違いすんなよ。別にお前らとおりたいわけじゃないからな。
おれはゲームがしたいねん」
ツンデレ発言を繰り出すたけけをぼくらはいじります。

いや、ツンデレではなく、ただのゲーム好きです。

「たけけ、ゲーム好きやねんな!」

「黙れ!好きちゃうわ...」

「ゲームの申し子やな!」

「黙れ!」


とりあえず、夏休みの部活後はゲームをすることが決まりましたが、肝心のゲームソフトを決めなければなりません。

ここでぼくは、PSPのソフトをお勧めします。
「戦場の絆やろうぜ!
ガンダムのアクションゲームや!」

「ガンダムはおっさん臭いからなんかいややな」

「そんなこと言うなよ!
このゲーム、戦場の絆で、'俺たちの絆'を確かめようぜ」
ガンダムのゲームを強く押すぼくに対してボブは言います。「じゃあ、とっしー買ってきてな」

「なんで俺だけやねん。みんなで買いに行こうぜ」

「おれらはまだ買わんよ。PSP改造してるから、無料で体験版プレイできるねん」

「それめっちゃええやん。けど、おれのPSPは改造してないから体験版できんねん」

「じゃあ、改造してもらえよ。‘仙人‘の家に行けば改造してくれるぞ?」

「改造はなあ、絶対、嫌なんや!」
ぼくは素直なのか、バカなのか、謎の正義感を発揮します。

「別にええで、俺ら3人が楽しく、戦場の絆で絆を確かめているときに、とっしーだけは横で眺めてるだけやからな」
冷たく突き放すボブ。ここで、'俺らが先に体験版して、おもろかったらとっしーもソフト本体買ってくれ'と言わないのがボブという男なのです。

「そんなんやめてくれやあ!」

「なら、戦場の絆を早く買ってきてや。今はとっしー以外全員プレイできるんやで」

「俺が買っても、お前らは改造したPSPで体験版をプレイするんやろ?
そのあとに、お前らがソフト本体を買う保証ないやん。
体験版で満足するんちゃうか?

そうなれば、俺だけ6000円も出してソフト本体買ったことになるやん!」

「大丈夫やって、体験版たぶんおもろいからさ。
体験版では満足できんくなって、俺らもすぐ、ソフト本体を買いに行くで。
なあキャプテン?」

ボブはそう言ってぼくをたしなめると、キャプテンにも意見を求めます。

「せやな、ガンダム戦場の絆は、相当おもろいって評判や。
なあたけけ?」

不良のような要望て根はゲーマーのたけけは、真一文字に閉じていた口をさっと開きます。

「面白ければ買う。それだけや。
まあ、たぶんおもろいやろ」

3人の意見を聞いても、まだ買う決心がつきません。高校1年生にとって、6000円という大金は容易に払えないのです。渋るぼくをみて、ボブはついにしびれを切らします。

「とっしーなんてほっといて、おれらで体験版をやろうぜ」

ボブの煽りを聞いた途端、ぼくは無意識に叫んでいました。
「ぜっぇったい、買わん!!!」
そう言って、食鮮館をあとにします。

この間、食彩館からGEOまでママチャリを本気で飛ばしてることなんてことは、彼ら3人はご承知です。

15分後、食鮮館に舞い戻ったぼくの手に握られたビニール袋を不審がったたけけは、「それなんなん?」と声をかけてきます。

ぼくはにんまり笑顔で答えます。
「戦場の絆。買ってきた!!!」

「さっすが、とっしー!!
さっそく戦場の絆やろか!!」

そうして、全員が満面の笑みになり、戦場の絆をプレイしたのです。


その、10分後...

「おっもんねぇ!やめよやめよ!」
「こんなおもんないゲーム人生で初めてや!」
「だいたい戦場の絆ってタイトルなんやねん!」

ボブ、キャプテン、たけけの体験版3人組は、口々に文句を言っています。

「けど、体験版やからええか。無料やしな。」ボブは無料を推します。
「まあ、無料にしてはおもろいなあ。けど、1人買ってるやつおるやろ?」疑問を呈すキャプテン。
「そんなやつおらんやろ?」あくまでぼくの存在を忘れるたけけ。

そんな彼らにぼくはぼそりと物申します。
「俺、6000円でソフト本体買ってるぞ...」

「へっ!こんなおもんないゲーム6000円も出して買ったん!?」驚くキャプテンの横でボブは一番言ってはいけない一言をぼくに告げたのです。
「そんなおもんないゲーム、なんで買ったん?」

ぼくは、世界中から空気を吸い込むかのように大きく横隔膜を広げてから、咆哮を吐き出しました。

「お前らが、`おもろいから買え`っていったんやろがぁーーー!!!」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告 

「関係ないやろ!お前らに奢ったからって浅倉さんと付き合えるんか?」
「この話を聞いてくれ。俺な、この前、浅倉さんと廊下ですれ違ってん」
「それがどうした!」
「まあ、ムキになるな。すれ違ったときに聞こえた会話内容が肝なんや」

8月18日 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!

←PART3 Captain Sea

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村

 



エンディング曲



俺バグ 文末 乞うご期待 (10)
スポンサーサイト
NEXT Entry
Ⅳ章 PART3 Captain Sea
NEW Topics
Ⅳ章 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!
5回表 阪神電車にて、マイルドヤンキーを観察
遅すぎた撤退 ~1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える~
延 Ⅲ章 7話 サッカー大会(1)
4回裏 飛行機に乗り遅れると、焦りますが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム