2017. 09. 29  
Ⅳ章

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

←Ⅳ章PART8へ | Ⅳ章PART10へ→


あの時は、ボブがええ奴なんか悪魔なんかわかりませんでしたが、アコムの金利を見るたびに彼は天使だったと気づくことになります。

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

「アイス食べたいキャラを作っている」と見せかけて、「キャラ作りしてるって言われるキャラを作っている」ということ2人にばれたぼくは、恥ずかしさに耐えきれず、顔をうつむけました。

そんなぼくに、ボブは珍しく優しく声をかけます。
「とっしー、キャラ作りのことは気にするな。食いたいならもう一個スーパーカップ食えよ」

「けど、金ないんや」

「じゃあ、貸したるよ。食いたいなら借りてでも食えよ。なんぼ?」

「100円、貸してくれ」

「わかった。100円貸すから、200円にして返してな」

「ば、倍やと!?
アコムでも、金利20%とかやぞ!」

ボブはアコム社員より、ほんの~り優しい顔でぼくに言いました。
「別にええよ。
嫌なら4つ目のスーパーカップが食えんだけの話や」

「とっしー、やめとけ。あんなまずいアイス、4つもいらんやろ?」
キャプテンは制止しましたが、ぼくはそれを振り切り、カイジが慟哭するに訴えかけます。

「うまいとかじゃない、食べたいんや。
どうにかならんか、ボブ。
100円借りたら100円返そうぜ?
俺とボブ、小学校1年からの付き合いやん?」


「とっしー、甘いな。ビタ一文もまかりならんぞ。
世の中の厳しさをお前に教えてやらんとな。
だいたい、もう3つ食ったアイスを4つ目がほしいから借金するとか意味が分からん」

「わかった。200円にして返す」
しぶしぶ了承したぼくに、「はい、200円」と言って100円玉を渡したボブの顔は、将来の闇金王に見えました。


5分後、4つめのスーパーカップを平らげたぼくは、大きく息を吸い込んで言い放ちました。
「さむ!さむっ!!
あかん、もう一個買ってくるわ」


「はぁっ?!寒いなら食べるなよ」

「食べたいんや!!けど金ない!
ボブ、もう100円貸してくれ!」

「200円借りたら、400円にして返してな」

「まじかよ。ヤミキンか!
若くしてひどいやっちゃなあ、ほんま」

ぼくは借りる側の立場を忘れて暴言を吐きます。

「そんなん言うんなら貸さへんぞ」カチッとくるボブ。

「じゃあキャプテン、貸してくれ!」ぼくはキャプテンをあてにします。

「俺は絶対貸さへん」
こういうときのキャプテンは頑として応じませんので、ぼくはボブを頼らざるを得ません。

「わかった、ボブよ。400円にして返すから貸してくれ」

ボブはにやっと笑います。
「契約、成立や!」

パチッ
ハイタッチを交わしたあと、ぼくはボブから借りた100円玉を握りしめて、アイス売り場へ走ったのです。


5つ目のスーパーカップを食べているときでしょうか、ぼくの体に異変が起きます。
あんなに大好物だったスーパーカップチョコが、全く美味しくないのです。

得体の知れない茶色い液状のアイス、
シカのフンのような黒いチョコチップ、
掌に収まるちょうどいいフィット感、


今まで魅力的に思えていた全てがいやに思えてしますのです。

しかし、それでもぼくはもう一つスーパーカップを食べたくなってしまいます。
美味しくなかろうが、スーパーカップチョコを食べることはぼくの生きがいなのです。
ここに、スーパーカップ中毒者が誕生しました。

「ボブ…」

「わかってる。もう100円貸してくれっていうんやろ?」

「そうや。合計300円やから、600円返せばいいんやな?」

「ちゃうで。合計300円貸したときは、
500円の返済でええねん。割引や!」


「まじかよ!うっれしー!」

このやりとりを聞いていたキャプテンは「学生の貸し借りで利子を取ってること自体悪魔やろ」という意見を持っていましたが、それは彼の胸の中から出ることはありませんでした。

自分の欲望のためには借金を厭わないぼくですが、スーパーカップなどはかわいいものです。
社会人になると、20万円借りて海外旅行に行くようになるのです。

借りた100円で、冷え切った体に6つ目のスーパーカップをかきこむぼくに
ボブは悪代官のような笑顔をみせて語りかけます。

「とっしーは俺のこと、鬼やと思ってるやろ?」

「まあな。100円借りて倍返しなんて聞いたことねーわ」

「じゃあ、問題です。
俺に1万借りたら、なんぼで返さないといけないでしょうか?」

「1万借りたら…?
もしかして、10万!?」


「ちゃう」

「そうか、20万か」

「全然ちゃう」

「まあ、妥当に考えて、2万円やな。1万借りたら2万円返すんやろ?」

「ちゃうで。正解は、
1万と、500円でいい」

「ええ!?1万と、500円!?
めっちゃ優しいやん!」

このやりとりを聞いていたキャプテンは「だから学生の貸し借りで利子を取ってること自体悪魔やし、高校生が1万の貸し借りすることないやろ」という意見を持っていましたが、正反対のことを口にしました。

「とっしーよかったな!1万円借りるときは、めっちゃ助かるなあ!」

このときのぼくは、1万円なんていう大金を高校時代に借りる日がくるなんて思ってもいませんでした。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

たけけ。
バグジー親衛隊ではないが、ぼくらと最も近い存在。
ヤンキーのような風貌のわりに最もまじめな謎の男。
そんな彼に深く切り込む。

10月6日
Ⅳ章 PART10 片道切符のライバル

←PART8 very very cold

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger


↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村

 



エンディング曲



俺バグ 文末 乞うご期待 (5)
関連記事
NEXT Entry
Ⅳ章 PART8 very very cold
NEW Topics
【決戦8月19日】 REVERSI / UVERworld
【高校野球】報徳学園 2002年以来の夏の頂点へ
【高校野球】金足農・吉田 平成最後の鉄人 & 昨年夏に地獄をみた大阪桐蔭
特別編 第11話 音沙汰無し、手詰まりの果て、自爆
【世界情勢】トルコ通貨危機は、EUへの難民流入問題の再燃につながる超巨大リスク
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム