2017. 10. 06  
Ⅳ章

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger

←Ⅳ章PART9へ | Ⅳ章PART11へ→



「やめるやめる詐欺」
近頃テニス部で、大きな問題になっているこの詐欺。

それを行っているのは、ぼくらと同級生のたけけです。

髪の毛の色は真っ赤、そしてピアスをつけて、風貌はまるでヤンキー。

彼はテニス部のことを忌み嫌っており、
「こんなキモい部活は、もうやめるんや」と口癖のように言っていました。

そんなたけけは、キャプテンと共に美容室に行ったときにもテニス部嫌いをみせつけます。

並んで施術を受ける2人に、美容室のお兄ちゃんは質問を投げかけます。

「君たちは、何の部活してるの?」

「テニス部です、2人とも」キャプテンがそう答えるや否や、
「帰宅部っす」たけけは、そのとなりで食い気味に言葉を発します、

「あれ?え、でも、隣の子は2人ともテニス部っていってたよ?」
美容室のお兄ちゃんは、素朴な疑問をたけけにぶつけます。

「帰宅部っす。帰宅部っす」
無表情で帰宅部を連呼するたけけに驚いたのか、お兄ちゃんはもう何も聞かなくなりました。

その後、美容室に気まずい空気が流れたことは言うまでもありません。


そんなたけけですが、放課後、誰よりも早くグラウンドへ向かい、最も真面目に練習しています。
積極的に先輩に技術的指導を求めて話しかけ、アドバイスを真摯に聞いていました。

もちろんそのときも、「テニス部ほんまおもんないわ。早くやめたい」を連呼しています。
新手のツンデレです。

実は彼は、テニス自体が嫌なわけではなく、テニス部ということが嫌なのです。

髪染めて、悪ぶっている彼は、クラスでは最も活発なグループに属しています。
いうならば、イケキャラ中のイケキャラ。

クラスヒエラルキーの最上層に位置している彼にとっては、ヒエラルキー下層に位置するテニス部のことが、嫌で嫌でたまらないのです。

たけけが地元の西桜ヶ丘にいるときには、ぼくらと一緒にゲームをしているのに、学校では疎遠なふりwpするのもそういうことです。
地元の西桜ヶ丘では、ヒエラルキー上級層の同級生がいないので、たけけは人目を気にしていないのです。


ではなぜ、プライドが高く、人からどう思われるかを気にしているたけけがヒエラルキー下層のテニス部に入ったのでしょうか。

それは、この物語の冒頭部分に答えが出ていますが、一度過去を振り返りましょう。

たけけとぼくは同じ中学で、野球部に所属していました。
当時9番センターのへぼ選手だったぼくにとって、エースでクリーンナップを打っていた彼は憧れの存在でした。

また、たけけは、野球以外でも抜きんでていました。
イケメンで女子にモテモテであり、サッカーやバスケも上手い。
勉強もでき、スマッシュブラザーズやパワプロも上手い。

せめて、勉強やゲームは俺に大勝させてくれ、何度そう思ったことでしょう。

中学1,2年の頃は、ぼくとたけけはわりと仲が良かったのですが、その関係は徐々に変化していきます。

そのきっかけとなったのは、中学最後の総体です。
一死満塁のピンチのとき、センターを守っていたぼくは、たけけの好投をふいにするエラーをしてしまったのです。
その後、たけけは、捕手Uスピーのサインを無視したパームボールを痛打され、致命的なタイムリーヒットを打たれてしまったのです。

その敗退以降、ぼくはたけけに負い目を感じていました。


そんな野球少年たけけが、高校で野球部に入らなかった理由は、ボウズです。
そう、ボウズなんです。この繰り返しに意味はありません。

かっこよさを求める彼にとって、高校3年間をボウズで過ごすことはありえなかったのです。

ボウズで野球するくらいなら、テニス部のほうがましだと思ったのでしょう。
サッカーやバスケと違い、手を使うテニスなら、野球の経験を生かせると思ったのかもしれません。


そんなたけけですが、彼はぼくにとって特別な存在です。

ぼくのことをバカにしてくるライバルでもあり、
あさっぴぃこと、浅倉さんを一番知っている恋のキーパーソンでもあるのです。

しかし、たけけは、ぼくと浅倉さんの恋には非協力的でした。
彼はぼくに浅倉さんのメールアドレスを教えてくれず、困り切ったぼくは、
「謝りたいからメールアドレス教えて」という暴挙にでてしまったのです。
→参照 Ⅱ章 PART2 innocent smile & awkward smile.

たけけのが口癖のように、「お前が浅倉と付き合うなんて無理」と言うたびに、
ぼくは彼を意識していきました。

たけけを、見返してやる。
彼にとってぼくは眼中にないことはわかっていましたが、「片道切符のライバル」として、たけけに挑む気持ちを持っていました。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

「堂林に似てない?」
「いや、もう堂林なんちゃう?」
「そうか。俺らが浅倉さんと思ってるのが堂林で、今、甲子園で投げている堂林が浅倉さんって説はありえる?」
「そ、それや!!!」

10月27日
→PART11  「堂林に似てない?」

Ⅳ章 PART9 100→200、200→400、10000→???

↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger


↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

にほんブログ村

 



エンディング曲



俺バグ 文末 乞うご期待 (4)
関連記事
NEXT Entry
Ⅳ章 PART9 100→200、200→400、10000→???
NEW Topics
【決戦8月19日】 REVERSI / UVERworld
【高校野球】報徳学園 2002年以来の夏の頂点へ
【高校野球】金足農・吉田 平成最後の鉄人 & 昨年夏に地獄をみた大阪桐蔭
特別編 第11話 音沙汰無し、手詰まりの果て、自爆
【世界情勢】トルコ通貨危機は、EUへの難民流入問題の再燃につながる超巨大リスク
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム