2017. 07. 30  
flightInfo1.jpg

←【目次】 短編エッセィ集 


「11時40分に梅田着く!リムジンバスで関空行こ!」

10時30分、相棒から上記ラインが来ましたが、「おれ、ギリギリになるから先行っといてくれ!」そう返信したぼくが梅田に着いたのは12時半過ぎでした。

そして、12時40分過ぎに新阪急ホテルの空港バス乗り場に着きます。

関西空港から飛行機が出発する時間は、14時50分。

「13時のリムジンバスに乗れば、
14:01に関西空港の第二ターミナルに着くからな、25分前のチェックインにはヨユーで間に合うやろ」

この時のぼくは、まさかあんなことになるなんて思いもしませんでした。

12時55分、相棒から電話がきたのでぼくは応答します。

「おう、もうバス乗ったん?」

「まだやで、バス乗り場」

「まだなんや?俺もバス乗り場やで。どこおるん?」

「後ろにおるで」

そう言って彼はぼくの真後ろから、ひょいと突然現れました。
リアルメリーさんの羊とはこのことです。

金曜日の昼間、有給消化コンビの珍道中の始まりです。

ぼくは彼に言います。
「先行ってくれたらよかったのに、すまんな待ってもらって」

「ええで、髪切ってたから」

この返答にぼくは度肝を抜かれます。

たしかに、髪の毛はやけにかっちょええ...
しかし、リムジンバスの待ち時間に散髪に行くとは、時間の使い方がうますぎやろ!?

そんなこんなしている間に13時発のバス会社到着しました。ゾロゾロ乗って行く乗客たちですが、ぼくらが乗る直前に、案内のおじさんが腕を振って言い放ちました。

「はーい、ここより後ろの方は次のバスに乗ってくださーい」

「次?次??いや、次はギリギリなってまうで、これに乗っけてよ」

ぼくは焦りますが、危機感が足りなかったのか、
「まあギリギリ間に合うかならええか」と引き下がってしまいます。

そして、次の13時20分発のバスを待ったのですか時刻を過ぎてもバスが全くきません。

「ただいま、バスの到着が遅れておりまーす」
緊張感のないアナウンスに、ぼくらの焦りも緩和されてしまいます。

「おいおい、もしかしたら、飛行機間に合わへんのちゃう?」

「せやな!」


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


結局バスは、20分も遅延し、13時40分ごろに梅田を出発したのです。

peachの飛行機は出発の25分前には空港でチェックインをすませないといけません。
しかし、バスが20分遅延したことにより、チェックイン時間に間に合う可能性はゼロになりました。

「絶対間に合わんやろ??」

「せやな」

「けどさ、ワンチャンに賭けてみいひん?」

飛行機に乗り遅れる時にこんなに明るい奴らも珍しいでしょう。緊張感なさ!

「もし乗れんかったらどうする?」

「神戸空港からスカイマークの仙台行きに乗るか」

「関空から神戸空港って何分で着くん?バスじゃ遠いやろ?」

「大丈夫や、水上ジェット船がある。なんと、約40分で着く」

(*7月26日に事故を起こした高速船ベイ・シャトルです)


「チッケェ!!」

「でも水上ジェットは、便数少ないなあ。
神戸空港からの飛行機の出発時間にギリギリやん」

「これさ。神戸空港行って、神戸空港でも遅れたらどうするよ?」

「そうなったら伊丹空港に行こうぜ!」

「1日で近畿圏内の三空港制覇するとかおもろすぎやろ!!」

飛行機遅延という大事件をワクワクに変えてしまうぼくらは、やっと関西空港の第二ターミナルに到着しました。

バスから降りて、peachの受付に行ってリムジンバスが遅延したという事情を説明します。

peachの方の対応はとても丁寧で、2160円を支払えば翌朝の仙台行きの飛行機に振替えてくれると言うのです。

2160円?!めっちゃ安い!と思いつつも、ぼくは無茶な要求を出します。

「それでも嬉しいんすけど、今日の成田行きの便とかに乗っけてくれませんかねー?」
仏のpeach職員でもさすがに、それの要求にはNGがでましたが...


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


明日の朝の飛行機という提案にぼくらは考え込みます。

「明日の朝か?
けどせっかく今日有給とったのに、明日出発やったら意味ない、なんとか今日行きたいなあ」

「やっぱ、神戸空港行こか、」

「いや、わかった。神戸空港行って、遅れたら明日の朝の関空発に乗ろう!」

「は?それって二回もチャンスがあるってことかよ!得すぎやん!」

「せやろ?最高の作戦や!」

そして、神戸空港に向かいますが、神戸空港からの便に乗れなかったらpeachの飛行機に振り替える、というややこしい事情をpeachの職員さんに伝えました。

もちろん、仏peachは笑顔で快諾。
そして、バス会社の事務所に向かいます。
peachの飛行機を振り替えるためには遅延証明書をもらって提出しないといけないのです。

バス会社に遅延した旨を伝えると、ぶっきらぼうな事務員が、黄ばんだヨレヨレのザラシに印刷された遅延証明書を渡してきました。

バス遅延証明書!

あまりのしわしわさに驚きつつも、ぼくらは遅延への不満を伝えます。

「空港リムジンバスが遅れて関空発の飛行機に乗れませんでした。

だから、今から神戸空港発の飛行機に乗るつもりなんですが、
せめて神戸空港までのバスの切符は、無料配布してくれるとかはないんですか?」

すると、ぶっきらぼうな事務員は、無機質に答えます。
「バスと飛行機は連動してませんので、遅延証明書しか出せません」

リムジンバスを運営する大阪空港交通、関西空港交通は、まるで遅れたことなど悪いと全く思っていないような態度です。

「空港行きのバスが、飛行機と関係していないってどういうこっちゃねん!」怒りを胸にしまいます。

せめて、大阪駅の乗り場で、「遅延しておりますので、お急ぎの方は電車にお乗りください」などのアナウンスがあってもよかったのではないでしょうか。

あくまでも、バス会社の利益しか考えていないその態度、どうなのでしょう。
たしかに、ぼくらの態度は軽いですが、飛行機に遅れるという重大事態に遭遇した若者に同情の一つでもしてくれてええんとちゃいまっか!?

ぼくらはバス会社に失望して、神戸空港へのリムジンバスに乗り込みました。

わざわざ神戸空港に行かずとも、明日の振り替え便で仙台にいけばいいのですが、「なんとしても今日仙台に行こう!」と、なぜかムキになってしまっていたのです。

あの黄ばんだ遅延証明書を見るたびに悔しさがこみ上げます。
「ここで、あきらめたら、あのバス会社の事務員の思うつぼや」

*大前提、そもそも、もっと早くバスに乗ればよかったという事実を棚に上げるあたりがゆとり世代の傲慢さです(笑)

リムジンバスが第二ターミナルから出発して、第1ターミナルに到着した時にぼくらは我に帰ります。

「ちょっと待とうや。急いで仙台行ってどないするん?」

「コボスタで楽天戦みるやん」

「それさ、明日でよくね?」

「...」

「ここから神戸空港まで行くのに2000円、飛行機代が23000円。さらにそれで、間に合う保証もない。また遅れるかもしれん」

「けど、ここであきらめたら、バス会社の...」

「バス会社にとって俺らなんて眼中にないぞ???」

「あっっ!!!」

リスキーすぎる神戸空港へのアタックに気づいたぼくらは、慌ててバスから駆け下りて、ドトールで会議。
そして、冷静になってだした結論は、本日は泉佐野で一泊、明日朝一の飛行機で仙台へ。

その晩、ぼくらは飛行機に遅れたころなんて忘れて、楽しくお酒を呑んでいましたとさ。




【今回の教訓】

今回のミスから、次回の旅行に活かせる教訓をまとめようと思います。

☆飛行機は絶対に送れない
基本中の基本です(笑)
飛行機だけは何としても遅れないようにしましょう!
振り替え便がないときや、帰路の時に遅れたら最悪です。余裕を持って空港に向かいましょう。

○リムジンバスは想像以上に混んでいるということを想定に入れる。
リムジンバスは速い。そう思っていました。しかし、昨今の外国人観光客増加により、リムジンバスの利用者数は大幅に増加しています。
乗るつもりのバスが定員オーバーで乗れないこともあります。
バスよりも、電車などの公共交通機関の方が遅延の心配はないと思います。

○乗り遅れても焦らない
 関空で乗り遅れて慌てて、神戸空港に向かうというのが、最も誤った選択でした。もし、神戸空港から飛行機に乗ったとしても、関空からの振り替え便との、到着時間の差は僅かでした。その僅かの到着時間の差に25000円ほどかける意味は薄かったでしょう。
旅行終わったあとに、待っておけばよかったなあ、と思うはずです。
乗り遅れないのが一番ですが、乗り遅れてしまった場合でも冷静に事後対応を考えることが大切だと思います。

ぼくたちの失敗がみなさまの教訓になれば幸いです。



読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!

←【目次】 短編エッセィ集 
←【目次】俺たちバグジー親衛隊


↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
躍動感あふれる小兵・宇良 大相撲
NEW Topics
Ⅳ章 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!
5回表 阪神電車にて、マイルドヤンキーを観察
遅すぎた撤退 ~1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える~
延 Ⅲ章 7話 サッカー大会(1)
4回裏 飛行機に乗り遅れると、焦りますが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム