2017. 10. 09  
thumb-nikkansp-20140913-09130131-sports.jpg

大谷翔平、鈴木誠也、山田哲人…
輝かしい活躍を見せる同年代の彼らを、違う世界の住民だと思うことがあります。
しかし、そうではないのです。
彼らはとてつもない努力をして、夢を諦めなかっただけなのです。



神戸で生まれ育った私は、所属球団に関わらず、神戸市民の同年代を応援してしまいます。
神戸市北区出身の西武・田村、神戸の公立高校からプロ入りを果たした巨人・桜井。
da35b3f62b718f76ca5dd898beda91c5-770x513_Fotor.jpg


彼らは1軍に定着はできていないものの、プロの世界で立派に戦っています。

まだ18歳という若さながら、つい先日、1軍初登板を無失点で飾った阪神の才木も神戸の公立高校出身です。

神戸出身でなくとも、同年代(1993年生まれ、1994年の早生まれ)の選手の動向にはいつも注視しています。

ソフトバンクの武田翔太は、野球の実力もさることながら、プロ入り後に栄養学、行政書士を学び、将棋、ギター、ドラムなど多彩な才能を発揮します。
「自分‐野球=0になりたくない」という人生に貪欲なその姿勢には脱帽します。
巨人では、宇佐見が出場機会を増やし、桜井、重信、中川も1軍に定着し始めました。

芸能界では、子役から活躍する神木隆之介やブレイクを果たした竹内涼真が画面で輝いています。
2115555_324x486.jpg

彼らは懸命に努力をして、結果を残しているのです。

年下の活躍を素直に喜べず、複雑な思いになる自分もいます。
努力の鬼でとてつもない活躍を果たし、今年メジャーに挑戦する大谷翔平、今年ブレイクを果たした巨人宇佐見や、左のエース田口、世代交代が進む阪神の若手たち。

テレビや新聞で知る同年代の彼らの活躍を嬉しく思うと同時に、ふがいない自分の現状が情けなくなるときがあります。

仕事が退屈だと不平を抱え、与えられたタスクを無表情でこなす。
俺がやりたい仕事はこれじゃないと思えど、やりたいことではお金が稼げない現実。

そんなぼくをしかりつけるかのような言葉を元総理大臣・高橋是清公はおっしゃってくれています。

「不平を起こすぐらいならサラリーマンたる己れを廃業して独立するがよい。
独立してやれば成敗いずれにせよ何事も自分の力量一杯であるから不平も起こらぬだろう。
けれども、この独立ができないならば不平は言わないことだ」


この言葉を考えて、独立する勇気も覚悟もないぼくは、スポーツ選手や芸能人に羨望のまなざしをむけてしまいがちなのです。
「自分の好きなことを仕事にできていいなあ。けど彼らは別世界の人間や。庶民とは違う」

しかし、ぼくはふと思いました。
そういう言葉で現実から目を反らしていいのか?

彼らも10年前、いや、2,3年前までは、スターではありませんでした。
決死の努力と覚悟で、夢をつかみ取ったのです。
 生まれながらのスターなんていません。だれもがはじめは庶民だったのです。

スポーツ選手や芸能人に限りません。この世界にはぼくより頑張っている人が何億人何十億人といると考えると、もっと懸命に生きなければならないと思うのです。

「彼らは俺と同年代なんや。別世界の人間じゃない。負けてたまるか!」

私とスター達の間の、今日までに積み重ねた努力の差は、簡単に埋まりませんが、彼らに少しでも追いつきたい。
土俵は違っても何かに対して努力する姿勢や毎日懸命に生きる姿勢では負けたくない。


同年代の活躍を見るたびに、奮起を促される今日この頃です。



読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!

←【目次】 短編エッセィ集 
←【目次】俺たちバグジー親衛隊


↓ランキングに参加していますので、タップorクリックお願いします!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

関連記事
NEXT Entry
親父がVRゴーグルを買ってきた
NEW Topics
【決戦8月19日】 REVERSI / UVERworld
【高校野球】報徳学園 2002年以来の夏の頂点へ
【高校野球】金足農・吉田 平成最後の鉄人 & 昨年夏に地獄をみた大阪桐蔭
特別編 第11話 音沙汰無し、手詰まりの果て、自爆
【世界情勢】トルコ通貨危機は、EUへの難民流入問題の再燃につながる超巨大リスク
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム