2016. 04. 03  
大阪市営地下鉄、東梅田駅。
停車している電車にパンパンに詰められた人、人、人。

次の電車を待つ人も数多くいるが、彼はその死地に飛び込んだ。
華奢な体の彼は、ただただ押し潰される。
若いお姉ちゃんなら笑顔になろうが、車内の大半はおっさんサラリーマンだ。

彼は天井を見上げ、皮肉交じりの満面の笑みで呟いた。
「これが毎日続くんやな。最高やないか…」

彼の名は、円谷夏生。
それなりの大学を出て、それなりの企業に入った、至って平凡な新卒1年目のサラリーマンだ。

 それから2時間後。
円谷は、入社式をこなし、挨拶回りをしていた。

約20名の新人が幾つもの部署を回る。
2列に整列し、進む姿は、ドラクエのパーティ移動だ。


挨拶回りが終わり、彼ら彼女らゆとり新人たちはそれぞれの部署に派遣された。
 円谷は、父親の年齢の男性が多くいる前で、娘さんを僕にください的なテンションで挨拶をした。
「円谷夏生と申します。不束者ですが、どうかよろしくお願いしますっ」

課長が、彼の傍により、
「元気があるのはよろしぃっ」
と声をかけ肩を叩いた。
彼は安心した表情で心底喜んでいる。

「とりあえず座ってよ。」
直属の上司から声をかけられた円谷は、ガッチガチに緊張しながら椅子に座る。

すると、お姉さんがやってきた。
「コーヒーいれよっか?」
大人の色香を漂わせ、彼に一声かける。

「お、お気遣いありがたく存じます!」

「砂糖とか入れる?」

「は、はいっ!入れてください!」

「はーい。」

彼女はしばらくして、コーヒーを持ってきてくれた。
「ありがとうございます!」

彼女は、円谷をいなかっぺの小僧と判断したのだろう。
横にシロップとミルクが、2つずつ添えられている。

彼は少し戸惑った。
内心シロップ3つくらい欲しいと感じているが、これから社会人として立派に働くためには舐められるわけにはいかない。コーヒーもストレートで飲めないで何が、サラリーマンだ。

一個で良いと判断したのか彼は、シロップとミルクを一つずつ入れて、コーヒーを口にした。

彼は苦悶の表情を浮かべ、こっそり、二つ目のシロップとミルクを入れた。
「この甘さが一番」
コーヒーを味わう表情からそんな思いが滲み出ていた。

彼がコーヒーを人並みにたしなめるにはあと100万光年は必要なのかもしれない。
なにせ舌が赤ちゃんなのだ。出川哲郎もびっくり。


その後、彼は上司から仕事内容の説明を受けていた。

「なるほど!なるほど!」
彼は返事だけはいい。

が、あまりわかっていない。
だから、何度も繰り返し、説明を求める。

彼は、やる気はあった。だが何すりゃええかが、わからないようだった。

そうこうしているうちに初日が終わった。
円谷以外多くの社員は残業していたが、彼は帰宅を許可された。
「今後ともよろしくお願いします!」

彼は、挨拶だけはしっかりしていた。
むしろ、ゆとり世代と侮られないためにも、元気いっぱいぶつかっていくことだけを考えていた。


大学4年間を、楽勝に生活していた彼にとって、社会人初日は疲労の田丸一日だった。
憔悴した彼は、よれよれと梅田を歩く。
やたらカップルちっくにいちゃいちゃ男女2人で歩く新卒社員らしき人とすれ違う度に、嫉妬心を抱く。
「不公平な世の中だ」
そんな不満を無意識に感じた瞬間、あいつの言葉が脳裏に浮かんだ。

「他人と比較するな」
彼は心機一転し、お気に入りの曲をイヤホンで聞く。爆音で流れるミュージックに乗り、
人混みの梅ダンジョン(梅田の地下街)を駆け抜けた。

彼は、月曜日からしっかり働いていけるのか?
不安しかないが、彼の眼だけはぎらついていた。
「ゆとり世代の本気ってやつを見せてやりたい」彼はそう呟いた。

To Be Continued
関連記事
NEXT Entry
Ⅰ章 8話 鯉を捕まえろ~明日へのプレイボール~
NEW Topics
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
【株式投資】 TATERU-タテル- に賭けて、資産3倍!
Make my story   Lenny code fiction
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム