2016. 02. 05  
俺バグ壁紙 Ⅰ章

←あらすじ・登場人物紹介
←最高のPVが完成! 
↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  
| Ⅰ章2話へ→




「おいおまえ!
こっち向けやっおまえ!おまえのことやぞ!」


 階段の上から'ある人物'に声をかけるのは高校に入りたての僕たち。

えらそーに声をかけている相手は、誰かというと...

この学校の校長先生です。

 一体なぜこんなと謎に満ちた遊びをしているのか?
それは僕らにもわかりません。

一つ言えることは、こういう謎イベントは案外楽しくて、無機質になりがちな学校生活を楽しくしてくれるということです。


考えてみてください。

 学校において、校長先生という最高権力者に対して「おまえ!」と呼び捨てる。
こんなバカなことを考える奴らはそう多くはいません。

小学生ちっくな悪戯ごころを持った高校生がたまに現れてもいいかもしれませんね。

 校長先生に「それはワシのことかー!?」

と 'クリリンの死' に切れる悟空のようにキレられても言い訳はあります。

「ちゃいますよ!そこの友人に対してです!学校で1番偉い校長先生にそんなこと言うはずないじゃないですか?!」


 そんなバカなことを考えて日々をテキトーに楽しんでいる僕たちが、稜北台高校という、学科二位のほんのり進学校に入学して約1週間。
現在、部活動を探しという一大イベントを迎えております。

「やきうするか?」

「せやせや!コーシエン行くぞ!」

野球経験者、僕、ボブ、たけけの3人は、野球部の見学へ行きました。

 ボブとたけけはエースとしてチームを引っ張ったゴリゴリ野球人です。

僕はというと、コテコテの三枚目野球人です。
ツーアウトランナーなしで打席に立ってもセフティーバンドのサインが出ます。2球バント失敗したあと打てのサインが出て、「しぇっあーっ」と張り切ってフルスイングするもかすりもせず三振が定番です。

 そんな僕ら3人が野球部を見学していると、僕らに声をかける人がいました。

みるからに'ヤクザっぽくムダに胸を張って歩くボウズ'はエ・グザイルのサングラスの人と、

番長キ・ヨハラをたして2で割って、タチヒ・ロシを足したような人でした。

fg


「あっ、お前らも野球部入るん?

ボーズにせえよ?ボーズ!ボーズ!それまでは来るな。ボーズやでボーズ!」


少し切れ気味にボーズを連呼され、威圧的に言われた僕らは、

「そこまで野球やりたくないしあの人ゴリゴリしてゴリ怖いからやめよ」
と野球からすぐ逃げました。

はい。この物語は甲子園を目指す熱き球児の物語ではありません。

 そんな僕らは選択肢を増やすためにいろいろな部活を見学していきます。

「あ、陸上部はどうよ?俺らの学校、陸上の朝原さんの母校やん」

「陸上部の服ってさ。服の面積が小さいから寒そうやん?」

「そうやな。四捨五入したら裸や、あの服は」

「裸で部活するん嫌やん?」

「せやな」

「じゃあバスケ部はどう?」

「陸上部よりは面積広いけど、やっぱ寒そうちゃう?」

「バスケ部の服も四捨五入したらやっぱり裸やろ」

「じゃああかんやん。てか裸で部活してる奴ら多すぎるやろ」

部活選びという高校三年間を左右する重要イベントを、勝手に四捨五入して、勝手に裸扱いしているあたりが僕らの適当さを表しています。

そんなとき、ボブが僕にある提案をしました。
「とっしープール部いけよ。」

「は?プール部??うちには水泳部はあるけどプール部はないぞ!」

「知ってるよ。今から作るねん。水泳部より下手やけど、一般人より速く泳げる。そしてちょっと、自慢できる。それがプール部や。」

「そんなへぼい部活誰が入ってくれるねん?!」

「部員はとっしー1人や。けど、顧問は俺がみつけてるから安心せえ。ガリガリで蹴ったらすぐ骨折れそうなヨボヨボ青年、理科の合田先生」

tyuj



 そんなどうでもいい話をしながら見学を続けていると、テニスコートに着きました。

ただ軟式庭球部が練習しているだけでしたが、
軟式ボールのあの感じ、部員の感じ、練習のふわっとした感じ…。

これはいかにも……カモ。

 部活入らんのは嫌、しんどいのも嫌、
そんな僕らの'ゆとり魂'にジャストフィットしちゃってる感じがそこにありました。

「ここにしよか。服の面積も広いし、四捨五入しても服着てるわ」

「せやせや!せぇや!」

男友達と昼飯を食べる店を選ぶ以上のテキトーさで僕らはテニス部に入りました。

その後。部活を決め、安心しきった僕らは、地元に帰ってから謎の行動にでます…




次回予告
高校デビューを決めるためとっしーは、町角で自分に似合う髪型を聞きまくるが...
見知らぬ少年に話しかけられる町の人の反応とは!?

→2話 街角調査隊~僕の髪型どうしましょう?~

↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  



作者がへたくそな歌とギターで弾き語る第一話エンディング曲
「漠然」 自作曲


俺バグ最後3
関連記事
NEXT Entry
Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと? 【あらすじ&目次】
NEW Topics
【仮想通貨】リップルと、ビットコインを徹底比較!どちらの価値が高いか?
QRコード決済は普及するのか? 政府がキャッシュレス化を進める理由
【仮想通貨】ソフトフォークとハードフォークの意味と違い(価格変動の重要な材料)
仮想通貨が日常生活に役立つこと・取引が人気の理由
仮想通貨関連の最新ニュースまとめ 2018.12.15
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
池上彰さんを目指して、わかりやすく、新鮮な情報を提供するゆとり世代ブロガーです!

政治経済時事、音楽、旅行、投資、仮想通貨、野球、サブカル、投資など幅広い記事を書いていますので、下記のカテゴリ欄からご覧ください。

また、毎週金曜日には、ふっと笑えるコメディ小説を連載しています。

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<「俺バグ」あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



小説のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム