2016. 02. 05  
俺バグ壁紙 Ⅰ章

↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  
←Ⅰ章1話へ | Ⅰ章3話へ→




「おい、ほんまに聞くんか?」

「もちろん。とっしーはどんな髪型が似合うか、いろんな人の意見を参考にしたほうがええ。」

 そして、僕は道行くおばさんに声をかけました。


「さーせん!さーせん!僕、今から散髪するんスけど、どんな髪型が似合いますかね?」


唐突な質問におばさんはあぜんとしつつも、
「うーん、角刈りとかどうかしら?」そう言い、にっこり微笑みました。

 僕は何をしているのか?
話は1時間遡ります。

友人のボブとキャプテンは僕に言いました。
「とっしー、お前もっとかっこよくなろうぜ?そんな芋芋したちんちくりんでは高校生活やってけんぞ!」
 
 そう僕にアドバイスするのはボブ。
ボブというあだ名からボブ・サップのようなゴリゴリ鳩胸を予想するでしょう。

しかし、彼は、柔和な笑顔が素敵だねっ、フツーの好青年です。
口癖は「こんなまずいのよう食わすな。もう一個くれ」


17_convert_20160205215404.png

このボブ、みなさんの周りにも一人はいるであろう悪の参謀キャラでして...
イメージとしては、ヤッターマンのボヤッキーがイケメンになった感じです。「あらほらさっさー」
霎滂ス。鬯伜・祖onvert_20160205214307_convert_20160205215328

 もうひとりはキャプテン。
23時間睡眠という偉業を何度も成し遂げたお人です。
イケメンでバスケ、テニス、空手となんでも万能。

ですが、突出はせず、「全てフツーなフツーな奴。稜北台高校の基準点」と呼ばれることになります。

この2人がミジンコなみの単細胞生物、アホヅラ丸出しの僕にいろいろ入れ知恵をしてくれるわけです。

「とりあえず散髪やな!俺らに任せろ!公園で切ったるわ!」

「たしかに俺の髪だせーな!よっしゃ、切ってくれ!」

ど素人の友人に髪を切ってもらうという謎行事を僕はガッツリがっしり受け入れました。

「じゃあ、1000円な」

「はっっ!!金とるん?」

「もちろん、俺らもプロや」

「嘘つけ!」

「まあそれは置いといてとりあえず髪型や!とっしーのその林の中に生えたキノコみたいなもっさりヘアださすぎる。町の人に似合う髪型聞いてみよ!」

「は?」

「だから、町角で調査するんや!んで、その結果多かった髪型にしよう!俺とキャプテンが散髪しまっせ」

「おもしろそーやな!やってみよ?」
無茶な理論と思いつつ、二言返事で快諾した僕は町角でインタビューを開始したのでした。

このあたりのフットワークの軽さが僕が単細胞生物と言われるゆえんです。
 
 しかし、僕たちはこの町をみくびっていました。
駅付近を歩く人はほとんどがご老人。

電車から大勢のご老人が佃煮のようにうじゃわちゃーっと降りてきます。冒頭のおばちゃんでさえ、角刈りを推奨するのだから、ご老人も角刈りを勧めてくるのかな?

そんな僕の予想は見事にはずれました。

「さーせん!ぼく、どんな髪型が似合いますかね?」

ご老人は蚊が止まるような速度で首をひねり、僕を舐め回すように凝視しながら、ぐっと息を吸い込んで
渾身の声を振り絞り答えてくれました。



「.......ボウズ!」





次回予告 
「やめろ、それはあかんぞ!うわあ」
公園で散髪という驚きのイベント...

→3話 散髪は公園で~夕暮れジョキジョキ~

←1話 ボウズとプールと、時々校長
 

↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  



作者がへたくそな歌とギターで弾き語る第二話エンディング曲
「always」 自作曲




<あとがき>
今日は執筆開始日ということで今週は2話掲載しました。
来週からは金曜日に1話ずつ更新します。
「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
と思えて、読んだ人々の心が軽くなり笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!



俺バグ最後3

関連記事
NEXT Entry
Ⅰ章 1話 ボウズとプールと、時々校長
NEW Topics
【宅建士資格試験について】 
特別編Ⅱ 1話 そうだ、大宮へ行こう
【株価大暴落】実力不足と運のなさに絶望し、鬼気迫る顔で逃げた塩顔」
【ワールド・ボクシング・シリーズ】 モンスター井上VSパヤノ!
【特別編Ⅱ】 ~リターンズ・2000kmの大冒険~   【あらすじ&目次】
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム