2016. 05. 03  
IMG_1673.jpg

ジャンプSQ. 新連載

伝説の勇者の婚活 中村尚儁

物語の舞台は、勇者一行が魔王を倒し平和がもたらされた後の世界。
そこに視点をあてるゆる~い感じがいいですね笑


魔王を倒して、町に帰ってきた勇者たちの凱旋パーティから物語は始まります。

IMG_7fh.jpg

そこで、現在の心境を聞かれた勇者ユーリは一言

「疲れた」

IMG_2679.jpg



そんな勇者ユーリに人々から質問が来ます

「どうやってそんなに強くなったんですか?」
「規則正しい生活の賜物かと」

「魔王にはどのようにして勝ったのです?」
「的確な攻撃と回復の繰り返し その繰り返しです」

「勇者ってどうなったらなれるんですか?」
「血筋なので…不可抗力で物心ついた時から勇者でした」


どれもこれも、まじめすぎるある意味面白くない解答。笑

IMG261.jpg


ちなみに勇者以外のパーティはこの3人です。
戦士タッセン 僧侶ソーニャ 魔法使いマホ

IMG_2680.jpg


凱旋パーティが行われる中、重大発表がありました。
戦士タッセンと僧侶ソーニャが結婚!!!

冒険中もラブラブだったそうですが、勇者は気づかず、、
鈍感なんですね、勇者。

結婚発表をして、仲睦まじそうに笑う二人をみて、勇者はうらやましく思います。

IMG_2683.jpg


「俺も愛すべき人に出会いたい。そして…その人と一緒になってみたい」
そんな思いが勇者に生まれます。

IMG_26.jpg


そんな勇者の願いを聞いて国の王様が協力してくれることになります。

そして、王様は国中にお触れを出します。
「勇者様との結婚を希望する女性は王宮に集合せよ」

すると、王宮に人が大勢集まります。
僧侶が一言「あらあらすごい人数まるで人がゴミのよう」

そして、大勢の応募者から1人5分で面接を行う勇者。
いろんな嫁候補がやってきます。

IMG_26870 (1)
IMG_26870 (2)
IMG_26870 (3)
IMG_26870 (4)


しかし勇者は誰も結婚相手を選びませんでした。

僧侶と結婚した戦士タッセンは勇者に言います。
「どんだけ高望みなんだよ。そんなんじゃ一生結婚できねーぞ」

勇者ユーリは戦士タッセンに語ります。
「決してお前達は、相手が僧侶だから、戦士だから。
ましてや世界を救ったからなどという理由で…お互いを選んだわけではない。
一緒にいる中で…互いの人柄や容姿、生きざまに惚れたのだ。
俺もそんな風に選ばれたいし、選んでみたいのだ―――…」


IMG_hgtr2.jpg
IMG_26fdjghhf.jpg


勇者は自分にコンプレックスを持っていました。
「おそらく俺には会話する能力が欠損しているのだろう。
普通に生きていれば誰もができるようなことさえ俺にはできない。
俺から勇者であることを取り除いたら…
何もできない 何も残らない 空っぽな役立たず
一体誰がそんな人間を心から好きになるというのだ―――…」


IMG_269645.jpg

勇者ユーリは自分を責めます。

勇者であることに自分の存在価値を感じていたが、魔王を倒し平和になった世では
自分は何もできない人間なのではないか、と。

自己嫌悪する勇者を見るに見かねた魔法使いマホは突然、強力魔法を何度も唱え、自分の魔力をゼロにします。

IMG_26981 (1)


魔法使いのマホは言います
「あんたから勇者ってことを取ったら何が残るのか―――
私が今から教えてあげる」


IMG_26981 (2)
IMG_26981 (3)


そして突然、地上へ飛び降ります。

IMG_2701.jpg


魔力を使い果たしている魔法使いは、自力では助かりません。

勇者ユーリはとっさに、身を挺して、マホを守るために飛び込みます。
そして、自分がマホの下敷きになり、マホを救いました。
 (このときも防御魔法をマホにかけるという優しさ)

IMG_2702.jpg

IMG_27 (2)

魔法使いは語ります。
「どーせユーリが自分の危険も顧みず、私を助けるだろうって分かってたから―――
 それがユーリ。あんたって人間だから―――…」


魔法使いマホは、ユーリに気づかせたかったのでした。
ユーリは、人のことを思う心優しい男なのだということを。

IMG_27 (1)
IMG_270500 (1)


戦士タッセンもユーリに言います。
「お前は考えすぎて堅苦しくて空気もロクに読めない奴だけど、
どうしようもなく心の優しいお人好しなヤツなんだ。
お前のことを心から好きになってくれる人がきっとどこかにいるよ。」


IMG_2706.jpg
IMG_2707.jpg


あくる日、戦士タッセンが結婚相談書のプロフィールを持ってきます。
そして勇者ユーリにこう提言します。
「…お前 身分を偽って婚活しろ…!」

IMG_270500 (3)


平和になったこの世界で
勇者ユーリの新たなる冒険が今、
幕を開けようとしていた―――!!

IMG_270500 (2)


これが第一話のあらすじです。
僕的には、なかなかおもしろく感じました。

不器用な勇者が今後どのように婚活を行うのか?!

稚拙な文章を最後まで読ん頂き、ありがとうございます!
関連記事
NEXT Entry
Ⅱ章 PART4 KYOUSA is very wrong!
NEW Topics
Ⅴ章 3話 美女と剛腕 -1年2組-
【野球】原石発見の大切さ~無名のイチローを「野手」指名した三輪田スカウトの功績と悲劇~
【政治】人口増加こそ国家・自治体存続の要
【政治】本質の問題とは。暴言・体罰が生まれた背景 ~明石市長選より~
【ラブコメ】Q.合コンに現れた美人が同級生の妹だったとき、あなたはどうしますか?
Comment
マホと結婚するなら読もうと思う感じですね…
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

有陽 太郎

Author:有陽 太郎
「エルチー32丁はえぐいってぇえええ!!」「なあ、エル復してくれ」など、初聞では全くわからない会話をしたり、小学校の鯉を捕まえてPTAの人の足音に体を震わせたり、街行く人々に「さーせん」と声をかけ、似合う髪型を聞いて回ったり、電車内で謎のおっさんにタコ殴りにされたり。

本当に馬鹿げている事ってめちゃめちゃ楽しいんですよ!人生って結構楽しいですよ!って、紹介するゆるふわブログです!

池上彰さんを目指すゆとり世代が、幅広い記事をなるべくわかりやすく執筆していきます。

政治経済時事、音楽、仮想通貨、野球、サブカル、投資、エッセイなど、興味のある分野があれば、下記カテゴリ欄からご覧ください。

また、毎週金曜日には、ふっと笑えるコメディ「俺たちバグジー親衛隊」を連載しています。

一瞬にしてこの世の価値を無化する生産性ゼロの高校生男子の悪ふざけや生死を彷徨う数々のイベントを、1話完結形式で連載していますので、ご一読ください。

カテゴリ
訪問者数
【クリック&タップエリア】興味があれば!
↓楽曲聞き放題はこちらのサービスで!↓
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム