2016. 02. 12  
俺バグ壁紙 Ⅰ章

↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  
←Ⅰ章2話へ | Ⅰ章4話→




高校デビューを決意した僕が、自分に似合う髪型を町角で聞き始めてから10分が経過…

おばさん2人、ご老人3人にインタビューを終えた僕は、キャプテンとボブに言いました。

「おい!角刈り3人、坊主が2人や!オススメの髪型だっさすぎるやろ!」


「坊主も捨てがたいなー!けど、角刈りで決定!

この町の人々が言うんやから間違いない。とっしーは角刈りで高校デビューをかざる!」

「いや!それはあかんて!ちょっと待っとけよ!もっと調査してくる!」

そう言って僕は再び調査に赴きました。
今度は、おばちゃんたちには声をかけません。

若いお姉さんや女子高生にターゲットを絞りました。大量発生するじじばばたちから数少ない若い女子をみつけてインタビューをします。

僕は体から歴戦のナンパ師のような雰囲気を漂わせて、若いお姉さんに話しかけます。

「さーせん?僕の髪型、どんなんがええっすかね?」

「え?ど、どうでもいいです。」
お姉さんの反応は冷たいものでした。

「なんなんこの人?ナンパと思ったらおすすめの髪型聞かれた...この男の髪型なんてマジどーでもいい」

そんな感情が、表情筋からゴワゴワ滲み出ていました。
  
 しかし、へこたれる僕ではありません。「かっちょええ髪型となる」という目標に向けて挑み続けます。

普通の人なら、ジュノンボーイとかそーいう雑誌をみて、かっこいい人を真似します。

しかし、それをせずに、あくまで、`人に聞いてみる`というナゾな方法にこだわるのです。

 そのとき、学校帰りの女子高生3人組が、サササっとそばを通りました。
僕は'女子高生が松潤を見つけた場合'よりも猛ダッシュで彼女たちに近づきました。
 
「(ぜえぜえぜえ、無駄な吐息)さーせん!さーせん!僕は、今から公園で散髪するんスけど、どんな髪型にしますか!?」

なんのクイズやねん。
この頃になると、質問内容が意味不明になってきています。
人の女子高生は新種のウイルスを発見したかのような眼
で僕をチラ見して、早歩きで逃げて行きました。

後方ではボブとキャプテンが、途方にくれる僕をみて笑っています。


  若い女の人を諦めた僕は、またおばさんに聞いてみました。


「あんた、素朴な顔やからねー。角刈りなんてどう?」


 おばちゃんは安定して確実に答えてくれます。そして、たいてい角刈りをすすめてきます。僕は、2人にこう告げました。

「おい!さっきのおばちゃんな。君は、アシュメが似合う。やってよ!アシュメ。散髪してくれ!」
「嘘つけよ。どうせ角刈りやろ?角刈り、決定でーす!」

 渾身のホラを見破られ、調査は終了しました。

今回わかったことは、おばちゃんは三度の飯より角刈りが好き、若い女子は不審者に敏感ですぐ逃げる。この2点です。

「良いことを知ったぜ」と僕らは、誇らしげでした。
テストにも出ないし今後の人生に無益な情報ですが、何事も無駄なことはないのです、たぶん。

「あー角刈りだりーな。アシュメにしてくれよ。アシュメにしてくれよ。」
「まあ、とりあえずヘアサロン茎坂にいこう。」

そういいながら散髪する場所へ移動します。
ボブとキャプテンが、ヘアサロンと呼ぶその場所は、僕の家の前の公園でした。


「へ?ここのどこがヘアサロンやねん!?俺んちの前やん!」
「へっへっまあ待てよ」

ボブはカバンから、散髪用ハサミを取り出しました。...なんでそんなんもってるねん。

 すぐさま行動に写るのが僕らの良いところです。いろいろ突っ込みつつも、僕は素直にベンチに座ります。

そして、僕の髪をボブは即座に切り始めました。

ジョキジョキジョキ...

夕暮れの公園に鳴り響くハサミの音。(もちろん散髪免許は持ってない、無免許)

キャプテンは正面から指示を出します。
「前髪が重いねん!もっとふわっとせえや!」
「わかった」

ボブはさっきまであんなにふざけていたのに、急に真顔で髪を切っています。

ハサミを持てば人が変わる。これが生粋の職人ってやつか

 フュゥー。
時折吹く風がぼくの髪を公園に撒き散らします。無邪気に公園で遊ぶ小学生達は僕らの姿に驚きを隠せません。

「な、なんか髪切ってるおにいちゃんがおるー!あっどんどんかっこよくなってる!すっげえー!」「僕も切ってよー」
...純粋な心っていいですね。

僕は家の前の散髪しているということを忘れただひたすら
「かっちょええ髪型になったらええなー」と祈っていました。


20分後...
「とっしーできたぞ!アシュメの完成や!」
僕の髪は生まれ変わりました。
 さっと、鏡を出したきゃぷてん。だからなんでもってるねん。

ちなみにきゃぷてんの愛犬の名前はゴルバチョフ書記官です。きっと、とても偉い偉―い犬なんでしょう。
 
鏡で髪形を確認すると、わりかしかっこええアシュメヘアーになっていました。
しかし、襟足だけは妙にアンバランスに長く残っています。

なんともいえないニワトリアシュメヘアーとなりました。

左後頭部にある自慢の10円ハゲはピカピカ夕日に照らされています。

…あかん、それはみせたらあかん!

散髪後


 まあ、しかし、割とかっちょよくなったので大満足で 家に帰りました。すると母はこう告げます。

「あんた!髪の毛なんかおかしい!3000円渡したのに、ほんまに散髪屋行ったの?」
勘付かれて焦った僕は

「さ、散髪屋定休日やったから自分で切ったんや!」
「あんた凄いわね」

母は真顔で感心していました。っしゃあ!やったぜ!

約1年後、僕たちは高校の敷地内で散髪をするという暴挙にでました。

それが大きな事件を引き起こします。
いうたら革新的な一手というやつです。




次回予告
恐ろしい数学教師が現れた。彼の行動にボブはどう闘う!?

→4話 wait! wait?? まっとく

←2話 街角調査隊~僕の髪型どうしましょう?~ 


↑【目次】Ⅰ章 波乱の高デ!革新的な一手やと?  



作者がへたくそな歌とギターで弾き語る第三話エンディング曲
「カントリーロード」



俺バグ最後3
関連記事
NEXT Entry
【目次】 短編エッセィ集 
NEW Topics
Ⅴ章 3話 美女と剛腕 -1年2組-
【野球】原石発見の大切さ~無名のイチローを「野手」指名した三輪田スカウトの功績と悲劇~
【政治】人口増加こそ国家・自治体存続の要
【政治】本質の問題とは。暴言・体罰が生まれた背景 ~明石市長選より~
【ラブコメ】Q.合コンに現れた美人が同級生の妹だったとき、あなたはどうしますか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

有陽 太郎

Author:有陽 太郎
「エルチー32丁はえぐいってぇえええ!!」「なあ、エル復してくれ」など、初聞では全くわからない会話をしたり、小学校の鯉を捕まえてPTAの人の足音に体を震わせたり、街行く人々に「さーせん」と声をかけ、似合う髪型を聞いて回ったり、電車内で謎のおっさんにタコ殴りにされたり。

本当に馬鹿げている事ってめちゃめちゃ楽しいんですよ!人生って結構楽しいですよ!って、紹介するゆるふわブログです!

池上彰さんを目指すゆとり世代が、幅広い記事をなるべくわかりやすく執筆していきます。

政治経済時事、音楽、仮想通貨、野球、サブカル、投資、エッセイなど、興味のある分野があれば、下記カテゴリ欄からご覧ください。

また、毎週金曜日には、ふっと笑えるコメディ「俺たちバグジー親衛隊」を連載しています。

一瞬にしてこの世の価値を無化する生産性ゼロの高校生男子の悪ふざけや生死を彷徨う数々のイベントを、1話完結形式で連載していますので、ご一読ください。

カテゴリ
訪問者数
【クリック&タップエリア】興味があれば!
↓楽曲聞き放題はこちらのサービスで!↓
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム