2016. 05. 20  
Ⅱ章

↑【目次】 II章 Let`s `One-sided love`!  
←Ⅱ章PART6へ | Ⅱ章PART8へ→




「っじゃんけんっほいっっ」
「うわっー、負けた」

「はい!100円ーっ」

「じゃんけんっほいっ」
「あっかんっまた負けた!」

「200円ー」

「じゃんけんほいっ」
「ああぁあ...」

「300!」

「倍チャンしてええ?」
「ええで。」

「じゃんけんほいっ」
「...」

「600っっっ」

「もっかい倍チャン!」
「じゃんけんほいっ」


「1200っっー!」





15分前...

部活終わり、僕ら4人は、西桜ヶ丘駅前の協栄スーパーでたむろしていました。

高校生と言うものは基本的に金がありません。

「金ないなあ。」

そう呟き困る僕にボブは言いました。
「それなら稼げよ」

「どうやって?」

「じゃんけん」

「は?じゃんけんで稼ぐ?」

「じゃんけん勝ったほうが100円を貰える。単純な遊びをするんや。」


その瞬間、たけけが僕に向かって急に声をかけます。

「じゃんけんほいっ」


条件反射的に反応した僕は、たけけからのじゃんけんに応じました。

たけけのゴツい手はパーを示し、
僕の色白の細い手はグーを示しています。


「はい!100円ーっ」
キャプテンが審判を下します。


「は?!おっかしいやろ今の!あんな急に始まるとかよ!俺は同意してない!」

「同意してないならじゃんけんに応じんかったらええやん」

「いや、とっさに言われたら、じゃんけんしてまうし、グー出してまうやん」

「それは知らん」

僕とキャプテンのやり取りを聞いて、たけけはニンマーリと笑っています


「ここでやめたら100円取られるだけやねんからな。もっかい挑めよ」

ボブの提案に応じた僕。

「いくぞっ。じゃんけんほいっ」

僕が勝ちました。


「はい、0ー!」

「何もなかったな。ただの茶番や。」

ボブとキャプテンは傍観者として冷静に状況報告をします。


「もっかいやろ。」
鋭い眼光で提案するのは最もお金に貪欲なたけけ。

「嫌や。もうええわっ」

僕は断りますが、傍観者2人はそんな僕をそそのかします。

「とっしーそれでええん?こんな稼げるチャンスないで。まあビビってやらんのもありやけどな。」

「俺らはちなみにそんなんやりたくないからやらんよ。ただとっしーも俺らと一緒ってことやな?
もっとガッツある奴やと思ってたのに残念や。」

ボブとキャプテンのそそのかしをたけけはニンマリ見ています。


僕の性格上の特徴として、がっかりされたくない、期待されると応えたいという単細胞ちっくな部分がありました。

「あっーたよ!やるよ!!いくぞたけけ!」

まんまと乗せられた僕は、こうなったからにはノリノリでじゃんけんをします。


「っじゃんけんっほいっっ」
「うわっー、負けた」

「はい!100円ーっ」

「じゃんけんっほいっ」
「あっかんっまた負けた!」

「200円ー」


顔が引きつる僕、ニンマリするたけけ。
傍観者の2人は、感情が露わになる人情物語を笑いながら見ています。

「じゃんけんほいっ」
「ああぁあ...」

じゃんけん...

じゃんけん...

「500!」

じゃんけんというのは基本的に五分五分の確率です。

5連敗する確率なんて一桁の%しかないのですが、僕は驚くほど負け続けます。


ここでキャプテンが救済案を出します。
「500は挽回きついから、次は1回500円で行かん?」



たけけは渋りつつ承諾します。

「ええで。」

微かに見せた笑顔からは、彼の脳裏に、ここで勝てば1000円ということが浮かんでいることが予想されます。

「じゃんけんっほいっ」


「あ...」僕の嗚咽

「ッッッシェェアアッア!」
たけけの咆哮



「うぉっっっ1000円やあっ!」
傍観者の2人は思わぬ金額の跳ね上がりに歓喜します。


「もうやめるわ」
僅かな時間で1000円を荒稼ぎしたたけけはもう満足そうに告げます。


「無理やで。やめられん」
ボブは告げます。


「なんでや?!」
たけけの疑問。

「この戦いは負けた方に挑む権利がある。負けた奴が、負けを認めるまで終わらへんのや。」

(そんなん、終わらん。負けたまま終わろうとするはずがない)
僕はそう感じていました。



まあ、この戦いの終わりは一度忘れ、渋々承知したたけけに、僕はまたじゃんけんを挑みます。

「勝ったら1000円で頼む。」
「おう」

両者同意の上、1000円が動くじゃんけんが始まります。
そんな簡単に...笑

こうなると、ただのじゃんけんではありません。
気を溜めるかのように、2人とも何かを拳に込めています。

.....

「じゃんけんほいっ」

「シャッアツ」
勝った僕は叫びます。

「くそがっ」
悔しがるたけけ。

拳で自分の太ももを殴り、予想外の痛さにさらに悔しがっています。


「はいゼローっ!」
傍観者2人は司会者として楽しそうにしています。


「もっかいやる」
悔しさを露わにしたたけけは告げます。

「はいっ、やりまーす!」
ボブとキャプテンは楽しそうです。


歴史を遡ってもここまで、じゃんけんを楽しそうに見つめる奴らはいたでしょうか?


僕はうっすら気付き始めます。

「これ。いつ終わるねん...」

しかし、このシステムに罠がありました。
それが後ほど、牙を剥きます。


現実主義者たけけに僕は勝てるのか?
戦いはもう少し続きます...


「うぉっっっ」

「じゃんけんほいっ」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした! (2)




次回予告

このじゃんけんは果てなく続くのか?
ヤケになって思考停止に陥ったとっしーは足から崩れおちながらも闘いを止めず...
連弾敗北!?

5月27日(金)
→PART8 JANKEN RIYALE(2)-1minitu \10000-

←PART6 AM I BIG FACE!?(2)


↑【目次】 II章 Let`s `One-sided love`!  



作者がへたくそな歌とギターで弾き語るPART7エンディング曲
「DAY☓DAY」 BLUE ENCOUNT
 




俺バグ最後6
スポンサーサイト
NEXT Entry
ゆとり世代ど真ん中が、ドラマ「ゆとりですがなにか」を見て思う
NEW Topics
Ⅳ章 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!
5回表 阪神電車にて、マイルドヤンキーを観察
遅すぎた撤退 ~1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える~
延 Ⅲ章 7話 サッカー大会(1)
4回裏 飛行機に乗り遅れると、焦りますが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム