2016. 06. 12  
↑俺バグ社会人編 目次へ
→第弐話
→第四話


俺とボブ。大宮で飲む二人の会話は続く。

話題はイケモン常識人、キャプテンの女っ気のなさ。

俺は叫んだ。
「ちょっと待ってくれ。もったいないやんけ。キャプテンほどのスペックでなぜ女子と接点が少ないねん!?
俺がキャプテンほどのイケメンやったら、もっとガンガン攻めるぞ!俺なんてこんなに彼女欲しいのに…」

ボブは諭すように俺に語りかける。

「そう。とっしーの気持ちもわかる。そこで俺は最近こう考えてきた。
`キャプテンはホモ`なのではないか?これを俺が疑ったのは大学3年のころや。」

「ま、まじか?」驚く俺


「ちなみに前回の旅行でとっしーもホモ説がでたな。
2年前あたりからギアルもホモ説が出てる。

ここでさらにキャプテンまでホモとなると俺らの集団は、5人中3人がホモという事態になる。
過半数がホモなら、5人全員ホモみたいなもんや。
まあ、ホモが悪いわけでもないしまあええやん。」

「はっっ!そうやな…ホモだらけや!」

「違うで。そこは否定して残り二人はホモじゃない。」冷静なボブ。

「でも、キャプテンはほんまにホモなんか?」


ボブは答える。
「結論。ホモではない。いや、ホモではないというか、`ホモと確定できん`
否定もできんし肯定できん。

「ふむ。」

「よく考えてみろ。高校時代3年間。
俺ととっしーとキャプテンは毎日夜中10時遅い時には12時くらいまで一緒におったな。

キャプテンがホモなら、あんなに一緒おったら、一度くらい襲うやろ。
けど、俺らは襲われてない。
だからホモとは確定できん。」

「なるほど!けど、女子と話してる気配もないから、ホモ説もきえへんというわけか。」

「そう、だから、キャプテンがホモかどうかは迷宮入りや。」

「コナンでもわからなさそうな難問やな」


ボブはコナンの下りを無視して語り続ける。

「キャプテンってな。恋愛感覚はまだ小学生やねん。
小学生の時って、女子と喋ってることを友達に指摘されたら恥ずかしいやろ?
キャプテンはそれを23歳にしてまだこじらせてる。」

「その節は確かにあるぞ。」

「俺らが話してるときって、絶対女子おらんねん。
高校1年から大学4年まで、俺らの集まりに女子が来たことあるか?」


「えーと。あるぞ!大学1年の白浜旅行!
あの時、浅倉さんと友達も合流して…」

「アホ!あれは俺らがびびって途中でドタキャンしたやん。」

「そうか、そうなると、ないな。7年間、俺らの集まりには絶対男しかおらんかった!」


「そう。キャプテンは俺らの中では間違いなく常識人や。
ただそれは、女の子がからまんから。
常識人であるだけで、女子との関係になると、キャプテンはぐっと平均から下がる!」

「っは!気づかんかったわ。」
今更ながらキャプテンの女子の苦手さに気付いた俺はなぜか哀しくなった。

「まあ、キャプテンは顔もカッコいいし、ポテンシャルはあるからな、
あとは小学生並みの恋愛観が変わったらええ感じなるやろう。」

「そうやな。」


キャプテンの恋愛事情を語った後、俺は、ボブに恋愛相談を始めた。

「実はよ。職場で、結構気になる女の子が現れたんや。」




次回予告

ボブとの話し合いは続く。
恋愛談義では、まさはるの...
そして、大宮の夜は更け...

6月19日(日) 第四話 グッバイ大宮

↑俺バグ社会人編 目次へ
→第弐話
→第四話



-俺バグ延長戦- 拝啓、いつかの君へ
theme music 
THE DAY HAS COME 2019



俺バグ延長戦2
関連記事
NEXT Entry
「銀河鉄道999」 をパフューム二世!? Cupitron がcover 
NEW Topics
【ルパン三世】 PART5 #23 銭形「俺はルパンの心を捕まえたいんだ…」
【ルパン三世】part5第22話「答えよ斬鉄剣」
特別編 第16話 温泉の素をぶち込めば…
【株式投資】「TATERU」 本日もストップ高!
【株式投資】「TATERU」 差金決済で売却できず!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム