2016. 06. 26  
↑俺バグ社会人編 目次へ
→第四話
→第六話



たいして興味がないだろうが、一応俺の行動を記しておく。

22日、ボブと大宮で別れた俺は、
23日、親父と合流し、GLAYの武道館をともに鑑賞する。
身を乗り出しはしゃぐ俺の横で、なんとも乗り切れない親父。

父と、共にライブを見に来たのは、高校二年生のポルノグラフィティの横浜アリーナでのライブ以来だ。

確か、浅倉さんを誘ったが断られたので、父と行くことにしたのだった。

あのときも父はいまいち乗り切れない感じでライブを鑑賞していた。

あの時と俺たちは何も変わらない。

24日、父と二人で、柴又を観光し、昼過ぎに帰路へ。新幹線で優雅に帰郷するのだ。


「東京駅で昼飯食べよか。」

そう言って俺と親父は、東京駅をふらついた。
慣れない足取りで東京駅を彷徨う俺と親父。

俺は東京が初めてではない。
浅倉さんは大学時代、東京に住んでいたので、何度も来ていた。

しかし、慣れない。東京のこのおしゃれな雰囲気がどうも俺の肌に合わない。

一応若者の俺でさえそうなのだから、齢50を過ぎる父にとって、東京駅はただ疲れる場所だろう。

「ええ感じの飯屋ないなあ。」
そう言いながら歩き続ける。

カフェは山ほどある。しかし、カフェには行きたくはない。
おしゃれなカップルや若い女の子たちに紛れて、俺と親父がカフェに入るか?

いや、入らん。

カフェ以外に目に入る店と言えば、パン屋、フレンチレストラン…

「こんなとこちゃうねん。俺らが求めてるのは大衆食堂や。なあ親父」

「東京っちゅうのは、若者向けの店ばっかりやなあ、老人はどこにおるんや。」
老人の所在を気にする親父。


ここで、俺は現状を打開するために、駅員に聞くことにした。

大衆食堂の代表、立食い蕎麦屋の場所を駅員に聞く。
「さーせん。東京駅の蕎麦屋どこっすか」

「ないよ。品がないからって潰された。」
駅員は冷酷に告げた。


品がないから蕎麦屋を潰したって...

俺は、おしゃれ至上主義の東京という町が怖くなった。
隣で親父も震えている。

親父の震えは、歩き疲れた膝の疲れか?それとも尿意か?

真実は闇の中だ。


「まあ、店を探そう。」
そう言ってまた歩き出す俺たち。


次に見つけた店は、

バリごはん。バリってなんやねん。
得体も知れない店に警戒する父と子。

「怪しいけどここにするか。」

「いや、もうちょっと探そう。まだ新幹線の時間まで余裕はある。」


すると、ラーメン横丁をみつけた。

「ここや!」
俺は歓喜する。

俺たちはすぅっと、ラーメン屋に入った。

「にいちゃんら、ちょい待ち!」
俺たちの背後から、おっさんが叫んだ。

「わしら、先ならんでるで。」


ふっとみると、ラーメン屋から3,4m先の道に、おっさんたちが10人ほど並んでいる。

「もっと近くに並べよ。わかんねーよ。」
という思いを胸にこらえ、

「さーせん」といい、その場を離れる。


見渡すと、横町内の4,5件の店には、どこも大勢の人が並んでることに気付いた。
俺と親父は、10人以上の長蛇の列に並ぶ気はない。

「バリ。行くか。」
「あの得体も知れへん飯?まあしゃあないな。」

そう言って覚悟を決めて歩き出すと、
1つだけ、割と空いてるラーメン屋を見つける。

「おっ、ダークホース出現!ラッキー。」

俺たちはその店に入った。


「いらっしゃいませぇえええええ!」
妙にうるさい兄ちゃんが叫び、水を持ってくる。

10秒後、親父が唸った。

「うっっ」


「どうしたん?」
俺は心配になって声をかけた。親父も年だ。疲れが出たのか?

「この水な、めっちゃまずい。
川の味がするぞ。」


「川?」
親父は川の水をよく飲んでいたのか。


「こ、これが、東京の水が」
俺も、この水のまずさに驚く。

提供された水がこのまずさってことは、たぶんラーメンのだしにもこの水を使っているから…

予想は当たり、もちろん味もイマイチだった。
関東の味付けが合わんのかもしれない。


「あのラーメンに1000円取られるくらいなら駅弁買えばよかったな。」
そう言いながら、新幹線乗り場へと歩く俺たち。

厳密に言えば、俺は金を出していない。
親父が奢ってくれたからまあ、まあラッキーというか複雑な心境だ。


新幹線の席は、16号車。

ホームを延々と歩く、歩く歩く、延々と、歩く。

「遠くない?」

「そらしゃあない。16両あるねんから」

18番線の半ば頃。
13号車付近に、見えたものは俺たちの目ん玉をひん剥いた。

立ち食いの丼ぶり屋さんがあるではないか。

そこには、普通に蕎麦が売っていたのだ。


「あの駅員!何が品がないから立ち食いは潰れたや。あの駅員、ホラ吹きやがったな。」

少しイラつく俺に父は呟いた。

「あの駅員、
嘘つき少年や」






次回予告


7月3日(日)
哀しいことがあった。東京を憎んでいた、
しかし、そんな思いはもう捨てたい
新たな気持ちで踏み出す一歩とは...

第六話 東京を憎んだ過去は露と消え…


↑俺バグ社会人編 目次へ
→第四話
→第六話



-俺バグ延長戦- 拝啓、いつかの君へ
theme music 
THE DAY HAS COME 2019



俺バグ延長戦6
関連記事
NEXT Entry
ONE PIECE 新主題歌 ウィーキャン! が結構ええかんじ
NEW Topics
【宅建士資格試験について】 
特別編Ⅱ 1話 そうだ、大宮へ行こう
【株価大暴落】実力不足と運のなさに絶望し、鬼気迫る顔で逃げた塩顔」
【ワールド・ボクシング・シリーズ】 モンスター井上VSパヤノ!
【特別編Ⅱ】 ~リターンズ・2000kmの大冒険~   【あらすじ&目次】
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説の題名は、「俺たちバグジー親衛隊」
読むと笑みがこぼれる学園コメディです!

毎週金曜日に更新します。基本、1話完結ですので何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>

電車で謎のおっさんに殴られる。
学校創立以来の大事件を起こす。
迷子の末、線路を爆走。

門限18時、冴えない高校1年生のとっしーと、
「おもしろければ何でもええ」笑い至上主義のボブとキャプテンの出会いが化学反応を起こし退屈な日常に奇跡を起こします。

無茶振りに戸惑い、泣き喚きながらも、持ち前の行動力を発揮していくとっしーは、数々のイベントをこなし、高校デビューを果たします。

そしてぼくら3人は、毎日、22時頃まで共に過ごすホモ集団へ… 蜜月の3人を待ち受けるのは、次々と起こる謎イベント...

死を覚悟した高さ10mの橋に架かる線路を歩くことを乗り越えた先に待つものは…?

そして9年3か月の片思いは、悲劇の結末へ…
いや、その結末こそが、喜劇の始まりでした。

アウグストゥス
「この人生の喜劇で自分の役を最後までうまく演じたとは思わないか?この芝居がお気に召したのなら、どうか拍手喝采を」 



この作品のジャンルは「喜劇」、「コメディ」です。読者が幸せになる作品を目指します!

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものになり、「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」とみんなの心が軽くなって、笑顔になれる作品を執筆していきます!


 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々ありますので、感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 喜劇の物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも投資、音楽、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム