2016. 06. 24  
Ⅱ章

↑【目次】 II章 Let`s `One-sided love`!  
←Ⅱ章PART11へ | Ⅱ章PART13へ→




授業と部活が終わり、僕らは帰路につきます。

キャプテン、ボブ、たけけとは違うクラスなので、彼らは僕が自転車で来たことを知りません。

「今日自転車やから一緒に帰れんわ。」

「は?何考えてるん?」
「バレたら生徒指導の対象やん。」

僕の発言に驚くボブとキャプテン。


「バレんかったらええねんって」

「てか、自転車どこにとめたん?」

「あそこ。」

僕は自転車通学者用の駐輪場を指差します。


「あかんやんあかんやん。
あそこは申請許可された自転車しか止めたらあかんねん。」


「そうなん?まあ1日くらいええやろ、減るもんじゃあるまいし。」

僕は終始、お気楽気分です。
呆れ果てるボブたち。

「というかどうやって帰るん?」

「来た道を帰るねん。」

「めっちゃしんどいやん」

「せやな。行きは下りやったけど、帰りは登りばっかりや...」

キャプテンはここで提案します。

「電車で帰ろうや」

「いや、帰りたいけど自転車はいつか持って帰らないと」

「自転車も一緒や。」

「は?」

「自転車を電車に乗っけたらええねん」

「そんなんできるん?」

「知らんよ。だから試すねん。
乗っけれたらラッキーやん。」


「乗っけれたらラッキー?その通りや!」

キャプテンの突発的で無茶な提案を僕は名案と勘違いします。

そして、僕らは駅に向かいました。


自転車を電車に乗っけていいのかどうかなんて僕は知りません、いやどうでもいいことです。

どう乗っけるか?

ということが問題でした。


「関門は3つあると思うねん。

ひとつ、改札を抜けるところ
ふたつ、電車を待機する時間
みっつ、乗り込む瞬間」


「ひとつひとつが緊張の一瞬やな、楽しみやわ!」


〜どでかいママチャリを電車に乗っける〜

僕はこのイベントが楽しみになってきました。


第一関門の改札へたどり着きます。
幸運なことに、この時間駅員は無人でした。

「らっきーっ」

僕は車椅子用の大きな改札を通り、自転車を駅のホームに押し込みました。


ザワワザワワ...

部活終わりの学生が集まる駅がざわつきます。

うちの高校だけでなく3校の生徒が利用するこの駅は、部活終わりの時間いつも混雑します。

そこに、ママチャリを押してきた男がいるのです。

「なんやあいつ...」
「なんなの?」

いろんな声がありますが、僕には馬耳東風。

気にせず、自転車を前方の車両側に移動します。

自転車を乗っけるのだから、後方の車両に行けばいいものを「いつも前方の車両に乗ってる」という理由で今日も前方に向かいます。

安定の単細胞。


自転車を押しながらホームを歩く僕。

「案外いけるもんやな。」
楽観的な僕の一言に、この作戦の提案者キャプテンも呆れています。

「いけてはないけどな、周りはドン引きや。」

「まあ乗っけてもたら勝ちや」


そうこうしているうちに、電車が来ました。

僕は特に意識せず、ごく普通に自転車に乗っけました。

ボブたちが、自転車を邪魔そうにしている以外は、いつも通りの帰路です。


自転車を人の少ない端っこに置いても、電車の中の人から注目を集めてしまいます。


早く電車出発しろと思った瞬間、

運転席から駅員が走ってきました。

「き、きみ。何乗せてるの?」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした! (2)



次回予告

電車にママチャリを乗っけれるのか?
そして、謎の美女の出現にバグジー親衛隊は...

6月24日(金)
→PART13 WHO is Rebecca?

←PART11 Bloody HERO!?


↑【目次】 II章 Let`s `One-sided love`!  




作者がへたくそな歌とギターで弾き語るPART12エンディング曲
「ええねん」 ウルフルズ




俺バグ最後15


スポンサーサイト
NEXT Entry
あれは営業スマイルやから騙されるな
NEW Topics
延 Ⅲ章 5話 バンドやろうぜ!
残り全部バケーション | 伊坂 幸太郎
延 Ⅲ章 4話 Workin Workin
ピクセラ 爆上げからのストップ安 ~夢幻の如く~
Ⅲ章 39話 世界で一番長い日(6) 諸行無常のバグり島
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム