2016. 06. 18  
第8話のクライマックスは、
まりぶが客引きをしていたぼったくりばーで逮捕される。
妻のユカは観光ビザ切れの不法滞在で、入国管理局から追われ、逃走中ということでした。

第9話のまとめ

目次
○円山先生(加藤諒)が童貞じゃない!!!
○ゆとり(島崎遥香)の名前の由来
○まりぶVSレンタルおじさん 父子の殴り合い
○アカネと坂間の夫婦仲
○考えさせられる名言
○最終回へ




○円山先生(加藤諒)が童貞じゃない!!!

円山先生(加藤諒)と、彼と悦子が仲睦まじく写っている写真を、悦子の元彼から見せられた山路!

悦子先生ビッチ説来ましたよ笑
まあ、めっちゃかわいいですし…

男は本当にハニートラップに弱いですね…笑

山路は円山先生を捕まえて言います。童貞のプライドを見せるかのようなこの台詞!

「あなた見たいに可愛子ぶって面白キャラ装って女子に近づき~
さりげなくボディタッチする《ファッション童貞》が、俺は一番許せないんだよ!

俺は日々、自分の性欲と向き合っているんだ。
俺の童貞とあんたの童貞は、根本的に違うんだよ



だが、円山は
「俺はこう見えても、初体験16で、先輩の彼女を略奪したんだ~」
円山は童貞じゃないと言い出し、勝利宣言!

立場が逆転し、「すいませんでした」と、山路は惨めに謝る事に笑

宮藤脚本らしい展開に笑ってしまいました!




○ゆとり(島崎遥香)の名前の由来

ゆとり(島崎遥香)は言いました。
「私の名前の由来ですが、実はゆとり世代とは何にも関係ないんです。
私がまだ、母のお腹にいる頃、兄たちが生まれてくる私の名前を考えていたんです。」

回想シーンでは、坂間兄弟が、生まれてくる赤ちゃんの名前を決める為に
コンクリートにチョークに書いた円グラフに名前の候補をかいています

えま・まゆ・ゆとり・かば・ばか・かおり・りか・こずえ

それを、 ~どれにしようかな~神様のいうとおり~

で、選び、ゆとり という名前に決まったそうです。

カバやばかになったらと考えると恐ろしいですね笑


ゆとりは続けて話します。

「子供は親を選べないし、名前も選べない。だから、親や家族を信じてついていくしかないんです。
ゆとり世代もそうですよね~作って名前付けたのは大人なんだから、ちゃんと面倒を見るべきです。
そして、今度は私たちが社会を作る時で、子供を産んで名前を付ける時なんです。」


この言葉にはぐっときました。

ゆとりだから、これだからゆとりは。

そう言われてもゆとり世代にはどうしようもない。

自分で変えられることには努力するけど、生まれ持った状況はどうしようもないんですね!




○まりぶVSレンタルおじさん 父子の殴り合い

まりぶは、弁護人の兄と仲が悪く、殴り合うほどの修羅場に。

しかし、まりぶの母親・ひとみが保釈金を支払い、保釈されます。

その後、まりぶ、兄、父(レンタルおじさん)はユカの件で、入国管理局に出向きます。

そこで、聞いたことは
「出頭申告していれば、不法滞在の外国人でも、日本人の子供を産んで育てている場合、在留資格が与えられる可能性がある」ということ。

つまり手続きしていれば、ユカは逃げる必要はなかったのです。

まりぶは、「そんなこと知らねーよ」と、役人にマジギレします。

ここは、考えさせられるシーンでした。

役人からすれば、その制度を利用しない方が悪いと考えますが、
一般人からすれば、そのことを知るすべがない、知らないものをどうすればいいのかわからないのです。

知る手段さえわからず、誰かから教えてくれるわけでもなく、
とっさの状況でパニックになったら、冷静な対処ができるのでしょうか?

切羽詰まったら逃げるのではないでしょうか?

そういった行政の不親切さを感じました。


父(レンタルおじさん)は、役人に暴力を振るい暴れ回るまりぶを止めようとしますが、
私に息子を叱る権利はない(かつての自らの過ちを棚に上げて言えない)と、黙り込みます。

そんな父の姿にまりぶの怒りが爆発し、泣き叫んで言い放ちます。

「レンタルだったら、とっくに代えてるが、それが出来ないから頭にくんだよ~
親だったら、親らしくしろよ~こっちは選べね~んだよ」

父はついにとデカい声で叫びました。
「おまえが悪い~自業自得だよ~!!」

「おまえに言われたかね~よ」
まりぶは嬉しさの中、再び父に掴みかかります。

「これが、親に対しての態度かよ」
と父も負けず、二人は殴り合いの乱闘になります。

そうやって本音でぶつかりあった結果、二人は親子の絆を取り戻しました。

いいシーンでしたね!

「子どもは親を選べない。」
「親も子を選べない」


選べないからこそ、責任を持って、叱って、本音をぶつけあっていくべきですね。




○アカネと坂間の夫婦仲

兄夫婦とともに、酒屋を経営する坂間夫妻。

アカネちゃんは
「幸せだなって感じた瞬間空っぽになっちゃうんじゃないかな」

と幸せな悩みを坂間にぶつけますが、

坂間は
「幸せになるのが君の仕事。そう思えばいいよ」と温かい言葉を投げかけます。

幸せそう過ぎて羨ましいですね!!

アカネちゃんは、在宅エリアマネージャー!のように、経営面の意識が甘い
坂間兄弟にダメ出しをするなど、カッキよく働いています。



○考えさせられる名言


坂間
「おまえは自分で思っているほど、格好よくないし頭もよくない。もっと自分を磨く努力をしろよ。
じゃないと、いつまでも出世出来ないぞ」


坂間の退職に納得出来ない山岸(大賀)に坂間が言った台詞です。
とても、心に刺さった言葉でした。
誰だって、自分の未熟な部分に気付いています。
けど、その部分をどこまで認めて、受け入れて、弱い自分から成長していこうと決意できるか、
行動できるか、それが問題なんですよね。

山岸は、僕と、同い年(今年23歳)の設定なのでより感情移入してしまいました。


坂間
「まともって何ですか?誰が決めて、基準はあるんですか?」

まりぶを罵倒するまりぶ兄に放った坂間の台詞。
善と悪、まともと異常。
なにかを基準にしているかがあいまいな中で、
人を傷つける偏見の言葉になっているときもありますよね。


まりぶ父、レンタルおじさん
「私ね~その自業自得って言葉、日本語の中で一番嫌いなんですよ~2位は慰謝料、3位は養育費」





○最終回へ

性教育の授業に不安を抱える山路の元へ、正和と茜の結婚式の招待状が届きます。
その日は、偶然にも性教育の授業の翌日で、しかも山路は、司会を頼まれる。
まりぶと父(レンタルおじさん)は、行方不明になったユカを探すべく、街中でチラシを配ります
結婚式で、坂間は突然…

明日、6月19日 日曜日 夜10時30分!!

ゆとりですがなにか

topfade_03.png


ついに最終回です!!!

拙い感想を読んでくださりありがとうございました!


関連記事
NEXT Entry
Ⅱ章 PART11 Bloody HERO!?
NEW Topics
Ⅴ章 3話 美女と剛腕 -1年2組-
【野球】原石発見の大切さ~無名のイチローを「野手」指名した三輪田スカウトの功績と悲劇~
【政治】人口増加こそ国家・自治体存続の要
【政治】本質の問題とは。暴言・体罰が生まれた背景 ~明石市長選より~
【ラブコメ】Q.合コンに現れた美人が同級生の妹だったとき、あなたはどうしますか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

有陽 太郎

Author:有陽 太郎
「エルチー32丁はえぐいってぇえええ!!」「なあ、エル復してくれ」など、初聞では全くわからない会話をしたり、小学校の鯉を捕まえてPTAの人の足音に体を震わせたり、街行く人々に「さーせん」と声をかけ、似合う髪型を聞いて回ったり、電車内で謎のおっさんにタコ殴りにされたり。

本当に馬鹿げている事ってめちゃめちゃ楽しいんですよ!人生って結構楽しいですよ!って、紹介するゆるふわブログです!

池上彰さんを目指すゆとり世代が、幅広い記事をなるべくわかりやすく執筆していきます。

政治経済時事、音楽、仮想通貨、野球、サブカル、投資、エッセイなど、興味のある分野があれば、下記カテゴリ欄からご覧ください。

また、毎週金曜日には、ふっと笑えるコメディ「俺たちバグジー親衛隊」を連載しています。

一瞬にしてこの世の価値を無化する生産性ゼロの高校生男子の悪ふざけや生死を彷徨う数々のイベントを、1話完結形式で連載していますので、ご一読ください。

カテゴリ
訪問者数
【クリック&タップエリア】興味があれば!
↓楽曲聞き放題はこちらのサービスで!↓
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム