2016. 08. 19  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章4話へ
 | Ⅲ章6話へ→




「遅刻したくない!ほんまに遅刻したくない!」

それだけでした…


その、それはそれは熱い思いが、僕らに線路に降りて反対ホームに向かうという行動に至らせたのです。

電車の周囲1m四方に張り巡らされた敏感なセンサーは、何者かが線路に降り立ったことに気づき鳴き出したのです。

ファオファオファオ

「キャプテン!あれ俺らのせいやぞ!?」

「電車が止まってる理由は、駅員がセンサーの鳴る原因、異常を確かめるためや!」

走りながら事実確認を行います。

「あれは、あかん!音がガチ!戻るか?!」

「けど!戻ってどないするねん?!」

「戻ったところで…?」

「そうや!戻ったって、どうもならん!」

「あの電車のためにも
俺たちは間に合わなくちゃならねぇだろ!!?

約束しただろ?坂田主将と...

絶対間に合うって!!!」
(そんな約束はしていないし、主将は、僕らの名前も覚えていないでしょう)

「とにかく置いて行かれるのはあかん!
バスがでちまう、電車は、無視!」

「何もなかった!!」

201502151529420a8.png

(ONE PIECEより)


僕らは四肢がもげ落ちそうなほど全力で走り、体の至るところから汗が吹き出しました。

疲れで虚ろになる瞳の奥からは、「絶対間に合ってやる」という静かな闘志が湧き上がっています。

学校まで約700mの下り坂を転げ落ちるように爆走した僕らは、ドタドタと足音を掻き鳴らし、学校に到着しました。

テニスコートの前には、大型バスが止まっています。

「あれ?」

「誰も乗ってへんぞ?」

バスの中に誰も乗っていない様子に僕らは焦ります。
そんな僕らをあざ笑うかのように、バスの運転手は素っ頓狂な顔で斜め左前方を見つめていました。

'集合時間には、出発します'

そう言ったキャプテン坂田さんの言葉を疑い始めたとき、2階に位置する`オムニ`という芝生コートの方から

ポンッ

という軟式テニス特有の、気のない柔らかなポムポム音が聞こえてきました。


その音が、僕とキャプテンに'全ての状況'を気づかせましたが、僕らはこの目で見るまでまだ現実を信じきれません。

限界を超えた体力の中、階段を駆け上がり、オムニコートに入りました。


そこでは、稜北台高校のテニス部員が思い思いにテニスの練習をする姿がありました.

彼らの顔はなぜか、あぁなぜだか笑顔です。

僕とキャプテンは、青ざめた顔で 'クリココ' という名の壁打ち対戦をしているボブとたけけに尋ねました。

(クリココというのは、さよならクリーミーココアの略です。
壁打ち対戦で負けたものが、「さよならクリーミーココア!」と目の前で屈辱的に叫ばれて、
クリーミーココアを奢らされるというしんぷるな賭博です)

asd.jpg


「おいっ!集合時間=出発ちゃうん?!」

ただならぬ雰囲気で言い寄る僕とキャプテンに対して、ボブはいつものように飄々と答えました。

遅刻者多いからまだえーやろってなってる。
別に急ぐ必要ないから、今は自由に待機しとけってよ。」

たけけは言葉をつけたします。
「お前らも'クリココ'やる?」


集合時間=出発じゃないんかよっ!!!

それを先に言ってくれという思いが爆発しそうになりましたが、

'電車を止めてしもうた'

という事実が僕らの頭に重くのしかかります。

僕らが線路に降り立って電車を止めてしまったのは、部活動に遅刻をしないためという免罪符がありました。

「部活はけっこー大切やし、まあしゃあない」

そういう情状酌量の余地があったのです。

しかし、集合時間=出発ではないとなると、急ぐ必要が見当たりません。
僕らは勝手に慌てて取り返しのつかないことをやっちまったのです。

意気消沈した僕とキャプテンでしたが、2分後には忘れて、ラケット片手に'クリココ'を楽しんでいました。

この辺りの立ち直りの早さは、今後も俺たちバグジー親衛隊にとってネックとなってきます。


ちなみに後日聞いた話ですが、僕らが止めた電車にはあいつがいたのです。

先日、テニスコートで僕らを侮辱したあの仇敵...いもっち...



→2話 もっとええコート借りとけよ


彼も他校のテニス部員でしたので、僕らと同じようにバスで会場に移動する予定だったようです。

何らかの要因で電車が止まった状況では、さぞアワアワした事でしょう。
その原因が、稜北台高校の僕とキャプテンだったなんて思いもしないでしょう。

仇敵・いもっちの足止め果たしたということだけが、たった一つの勲章です。




次回予告

いざ、開幕!初のテニス公式試合
テニスの試合の応援とはいったいどんなものなのか...
燃えまくる6話!

8月26日(金)
→6話 初のテニス大会(1) 「燃えろ燃えろ」

→4話 電車止めちまう(2) 「線路に...降りよう!」


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る5話エンディング曲
ネオメロドラマティック(ポルノグラフィティ)




俺バグ最後5

2016. 08. 26  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章5話へ | Ⅲ章7話へ→




線路に降り、電車を止めてまで集合時間を守ろうとした僕とキャプテンをあざ笑うかのように、集合時間を過ぎてもほんわか練習を続けるテニス部の面々。

30分経って、ようやくバスに乗り込み試合会場へと向かいました。

神戸市西区の総合運動公園、会場に着いたとたんに不思議とテンションが上がる僕らは遠足気分です。

「あの学校強そうやな。」

「なんで?」

「ボーズおるやん。」

「テニスと髪形関係あらへん。」

「は?ポーズ=ガチ。ガチ=上手い。に決まってるやろ。」

「じゃあ、坊主にしたらみんな強いんかよ。」

「アホ、逆や!
強いから坊主にするねん」


「強いと自分で思ってて坊主にしてみたけど、実は弱かったらどうすんねん?

「どうもこうもあるか!
弱い坊主っていうレッテル貼られてはずいだけ!」

「あの坊主ってどっち?」

「それは試合を見てみなわからん。」

坊主はこちらをじろじろみています。
彼も坊主というだけでここまで話題にされるとは思っていなかったでしょう。


僕らはたわいのない会話をしていますが、今日がなんの試合かはわかりません。
正直、何の大会だろうが、どうでもいいのです。

わちゃわちゃと他校を観察しているうちに、僕らの高校の団体戦が始まりました。

テニスの学校別対戦は団体戦が基本です。
各校3ペア6人が出場し、2勝した方の勝利です。

試合に出ないメンバーは、コートの両端で応援します。
それぞれのチームの選手がコートのフェンスに、蝉のようにがっしりしがみついている姿は少し異様な光景です。
「テニスの試合ってさ。どんな雰囲気なん?」
「ガチやろ。」

「観てて楽しい?」
「知らん」

僕、キャプテン、ギアルの不真面目3人組が、端っこで雑談していると、谷川さんがやってきて、釘をさしてきました。

「お前らちゃんと応援世えよ。」

ボブとたけけは世渡り上手なため、こういう場面では僕らから距離を置き、
真面目な部員のそばで真面目そうなフリをしています。

生き方がずるがしこい…


そうして、試合が始まりました。
テニス初心者の僕らにとっては、初めての試合。

テニスってどんな応援するんやろうと思ったのもつかの間、2年生の瀬戸さんが、急に歌を歌い始めました。

「もえろっもえろっ!もえろりょうほく!」

せっとんさんの掛け声に合わせて他の部員も歌いだします。

「もえろっもえろっもえろりょうほく!」

かっちょ悪い合唱がカジュアルに始まったのです。

え?唄うの...?

応援で歌を歌うなんて僕にとっては少年野球以来です。

かつてキャプテンはバスケ部であり、シャイなので恥ずかしそうな顔をして小さな声を出しています。

ザ個人競技・陸上部であったギアルは、突然の歌に戸惑っていましたが、天性の音楽センスを遺憾なく発揮し、しっかり歌って、燃えていました。

歌の応援に驚きつつも、なんやかんや歌っていると気分が楽しくなってきます。

僕らはもともと空っぽの脳みそをさらに空っぽにして、「もえろっもえろっ」と歌い続けました。





次回予告

味方の応援より、敵へのヤジ!
僕ら'頓珍漢トリオ'が編み出したチーム勝利ヘの秘策とは...?

9月2日(金)
→7話 初のテニス公式戦(2) でかすぎて逆に小さいわあ

←5話 電車止めちまう(3) 「戻ったところでどうもならん」


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る6話エンディング曲
ネオメロドラマティック(ポルノグラフィティ)




俺バグ最後15


2016. 09. 02  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章6話へ | Ⅲ章8話へ→




「もえろっもえろっ」という歌を歌うだけが、テニスの応援ではありません。

'ナイスプレー!''ドントマインド!'
1プレー1プレーごとに選手を励ましていきます。

しかし、僕、ギアル、キャプテンの'頓珍漢トリオ'がまっとうな声掛けをするはずがありませんでした。
僕らが本領を発揮するのは、味方の好プレーではなく、相手のミスのときです。

相手がミスして、味方に点が入ったとき、通常は「ラッキー」と言います。しかし僕らはここで、こう叫びます。

「でかい!」

何が「でかい」のか?
それは言っている僕らにもわかりませんが、とにかく「でかい」のです。

団体戦の1試合目、坂田、室口ペアが負け、2試合目の谷川、島ペアの試合が始まりました。

この試合で、相手チームのペア(なかやまきんに君似で筋肉がない人と千原せいじ似の人)がとんでもなくほどミスをしまくるのです。

またこの相手ペアの雰囲気が弱っちそうで、弱っちそうで...

いうたら、カモ!
僕らも気が大きくなってヤジりまくります。

「でかいわあ!」
「でっかい!でかい!でかい?」
「ひっえっー!でぇかぁいいいっ!」


僕らは彼らのミスに対して繰り返し叫びますが、あまりのミスの多さに、しまいにわらけてきたのです。
 (スポーツマンシップもへったくれもありません)

「なあなあ、あいつらさ。でかすぎん?」

ギアルは、僕とキャプテンに尋ねました。
知らんがな…


この「でかい」という`応援に見せた野次`ですが、これを言われた相手選手は確実に、それはもう腸が煮えくりかえるほどイラつきます。

ヤジってきている奴らは、団体戦に出場してる実力を持つ自分たちの'数倍は下手であろう雑魚プロウ'です。

しかしそんな奴らにヘラヘラ笑われながら、
「でかいなあ」「でかいわあ!」
と耳がキィンとしそうな妙に甲高い声で叫ばれているのです。

『あいつらなんやねん。』相手チームは確実にそう思っているでしょうが、そんなの関係あらへんのです。

勝てば官軍!


実は、テニスというのはメンタルスポーツです。
平常心こそが大切なのです。

その意味において、僕らのヤジは相手選手の心を乱し、自チームの勝利に寄与しています!!
もちろん僕らはそこまで見越して野次をとばしているはずがありません。

ただ、『おもしろい』からヤジを飛ばしているのです。

さらに、さらにさらに、相手選手のミスが続いたとき、ギアルはわけのわからない言葉を叫びました。

「でかすぎてぇ…逆に小さいわぁあ!!!」

これには、僕らも突っ込みをいれます。
「それなんなん?でかかったらでかいやろ。
でかいものはでかい。小さいものは小さい。それがこの世の理っちゅうもんや。」

「たまにあるやん?あまりにでかすぎてちっちゃなってまうやつ。」

「あーっ、そっち系かっ! 
って、ないわ!」


「あるわ!」


ボブとたけけは、僕らのやりとりを聞いてくすくす笑ってはいましたが、入ってくることはなく、あくまで真面目なフリをし続けていました。

キャラ作りに熱心なことです。
お、おう... いいと思う。

でかすぎて逆に小さい理論について
'頓珍漢トリオ'が馬鹿らしい掛け合いを続けている間に、2試合目は終わりました。僕らの圧勝です。

「俺らすっげーな!」
そう言いながら嬉しそうに笑うギアル。

「お前は何もしてないで」という本当のことは言わず、僕も笑顔で、
「やっぱり俺ら最強や!」


そして、1勝1敗で最後のぉ1ッ戦が始まりました。

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

『燃えろ燃えろ』に続く新曲応援歌は『イーッケイッケェ』
しかし、出場選手は池永さんで...
笑ってはいけない状況でこそ...

9月9日(金)
→8話 初のテニス公式戦(3)

←6話 初のテニス公式戦(1) 燃えろ!燃えろ!!


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る7話エンディング曲
Dragon Night (SEKAI NO OWARI)




俺バグ最後11
2016. 09. 09  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章7話へ | Ⅲ章9話へ→




テニスの歌の応援には2種類あります。
6話で紹介した「もえろっもえろっ」



もう一つは新キャラ、
「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ」

とりあえず'イケ'を連呼するというよくわからない歌です。
まだ燃えてる方がマシですが、応援したい気持ちはひしひしと伝わってきます。



学校の勝敗を決める3試合目。
うちの学校からは、池長・占部ペアが選ばれていました。

無気力の塊のようなガイコツ系男子占部さんに、アンパンマンのような柔らかな笑顔を持つ系男子池長さんという対照的な2人です。

この性格も容姿も対照的な2人がペアを組んで共に戦っている背景にはきっと何か血の滲むような努力や2人のぶつかり合いがあったのでしょう。

いつかこの2人の友情を描いたスピンオフ作品を書いてみたいものです。
(そんな物語はたぷんないし、スピンオフ作品も絶対ありえません。)


ギアルはまた素朴な疑問を僕らにぶつけます。

「なあ?占部さんっていつもマスクしてててさ、練習サボって帰ってる人やんな?」
「たぶんな。」

「なんで今日はマスクしてないん?」
「そら試合中までマスクつけへんやろ。」

「なんで?」
「ださいやん。」

「とっしーちゃうで、呼吸しづらくなるからや。」

「でもさ、テニスって心理戦やん。
マスクしてたら表情が読めんから有利やろ。
あいつ顔見えんから何してくるかわからん。ってなって強いやろ。」

「ガンダムでいうたらシャアがマスクしてるみたいなもんか。」
僕のガンダムねたを相変わらず無視してキャプテンはギアルに提案します。

「じゃあそれを占部さんにアドバイスしろよ。マスクの必要性をさ。」

ギアルはその手があったかという顔をさらけ出してから占部さんに向かって叫びました。

「占部さんーマスクー!マスクつけてー。マスクわかるぅ?白いやつよ。」

もちろん占部さんはガン無視です。
ひよっこ新入部員が何言ってんだという気持ちでしょう。

「占部さん無反応やなー。」
ギアルは疑問を感じています。

「そらそうやろ、なんで言ったん?生意気すぎやろ。」
ギアルに言わせた張本人のキャプテンがこう言うのも、もはや僕らには定番の流れです。


そして、僕らの無駄話を遮るように、せっとんさんの音頭で新曲応援歌が始まりました。

「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!」

しかし僕はリズム感がないからか、なぜかこの歌を上手く歌えません。

「イーケイッケイケナガ」となってしまいます。

「とっしー、ちゃうって。
イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!やで。」

「イーケイッケイケナイ イケナガ?」

「違う!イケナガさんはイケナクない。」

「イッケェッイケイケイケナガ!?」

「違うって!お前これちゃんと歌わないとイケナガさんに失礼やぞ!イケナガさん一所懸命やってるやろがっ!」

キャプテンに指摘されると、僕はこのわけわからん歌が嫌になってきて、本音を言い始めます。

「あーっくそっ!
イケイケとイケナガとかやいこしいねん!」


ばっと周りの目線が集まる気配がしましたがそんなことは関係ありません。

「だいたいイケナガさんよ、そんなにイケてないやろ!
何が、'イケイケ'や。カッカッカッ!」


僕はついつい本音を口走ってしまったのです。

イケイケの意味がイケてるかどうかではたぶんないのでしょうが、この時の僕はイケてないイケナガさんを'イケイケ'と謎に褒めることが嫌になっていました。


「た〜け〜だ〜」
谷川さんが僕の背後にゾッと現れ、鬼の形相で僕を睨みつけました。

僕はあちゃちゃっーという顔をして、
「さーせん。ここは大目に見てやってくださいな!」と謝り、その場を丸く収めたのです。

その横では、あの歌が未だに歌われていました。

「イッケェッイケイケッイーッケイッケェ イケナガ!」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

テニス部の顧問米子先生、あだ名は'よなぎぃ'
彼は物凄い力を、持っていたのです...

9月16日(金)
→9話 テニス部顧問は無能?有能?はたまた...

←7話 初のテニス公式戦(2) でかすぎて逆に小さいわあ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る8話エンディング曲
Dragon Night (SEKAI NO OWARI)





俺バグ最後13
2016. 09. 16  
3章

↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?
←Ⅲ章8話へ
 | Ⅲ章10話へ→




イーケイッケイケナガの応援以外この試合は特におもしろいことがなかったのですが、いつの間にか僕らの学校は3試合目に勝ちました。稜北台高校は団体戦に勝利したのです。

試合が終わった帰りのバスで、僕らは1日を振り返ります。

「そういや今日さ、俺らの顧問、米子先生どこにおった?」
「よなぎぃ?見てないなあ。」

よなぎぃというのは数学の先生でテニス部の顧問です。お坊さんのような頭
と柔和な笑顔、そしてほんの少しのえろっちい顔立ちが特徴です。
見た目通りなかなかの女好きで、女子生徒をいつもいじっています。

「けど、よなぎぃ来てたよな。行きのバスに乗り込む姿は目撃したよ。」

「試合中にどこおったんやろな?
応援はしてなかったよな。」
「せやな、イケイケの歌や、もえろの歌には混じってはなかった。」

「あの人、何してたんやろ。」

「一度、家帰ったか、喫茶店で時間潰してたか?」

「わかった散髪や!
コートの隅でバリカン使ってたんちゃうか!?」

「あの人、坊主や!剃る髪ねーよ。」

「大人が俺らみたいなことするか?」
(Ⅰ章3話散髪は公園で 参照)

「そうか、いよいよあの人が今日何してたかわからんくなってきたな。」

部員でも行動が把握できない顧問よなぎぃ。彼の行動には謎が深まるばかりです。

そんなとき、キャプテンがよなぎぃの凄さについて語り始めました。

「けど、あの先生凄いぞ。この前、練習でこんなこと言うてたの覚えてるか?

『サーブの練習はな?
サーブ打つ方も練習になるし、
サーブを受ける方も練習になるんや。

だからサーブはしっかりと入れろ!』
それを聞いた俺らは
『はいっ』って叫んだ。」

「あれさ、言ってる内容はめっちゃ当たり前なんな?」

「そうやで。あんな誰でもわかる当たり前なことをドヤ顔で言うのがよなぎぃや。」

「あの瞬間だけさ、俺ら'この人すげぇこと言ってる'ってなったやん。
だからしっかり返事した。」

「ほんまや!あれスゲェな!
『サーブは打つ方も受ける方も練習になるからサーブは入れろ!』
当たり前すぎやろ!
誰が外す目的でサーブ打つねんっ!」

そのとき、バスがガタッと揺れました。その振動で僕らの前方の席から
ニョキっとピカリン頭が飛び出てきました。

よなぎぃは僕らの目の前の席にいたのです。

彼はぐぬっと後ろを振り返ると、妙にえろっちい笑顔で僕らに声をかけました。

「君たち、元気でよろしいですね?
あ、それと、サーブは大切だから練習には力を入れなさいよ?はっはっはっー」

TO BE CONTINUED 次回もおぶあかした



次回予告

ついにヤツが、俺たちの仲間に加わる!
俺たちバグジー親衛隊の新キャラは男一点吹奏楽部員...

9月23日(金)
→10話 新キャラ・まさはる登場

←8話 初のテニス公式戦(3) イーッケイッケェイケナガ


↑【目次】Ⅲ章 どでかい花火で人生終幕?



作者がギターで弾き語る9話エンディング曲
Dragon Night (SEKAI NO OWARI)





俺バグ最後1
プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム