2016. 08. 06  
目次
1. アメトーク 仮面ライダー芸人
2. 映画「仮面ライダー1号」
3. 新仮面ライダーエグゼイド




1. アメトーク 仮面ライダー芸人

8月4日(木)『アメトーーク!』にて、「仮面ライダー芸人」が放送されました。

昭和から平成、歴代のライダーが登場し、シリーズの魅力と面白さを紹介してくれました。

特に気になったのは、4つ。

○仮面ライダーフォーゼ 「宇宙キターッ」

ロケットの頭と、イカをたして2で割ったようなスタイル!

img_0.jpg

返信しているのが、あのイケメン福士君!
髪形がやんちゃです笑

4503e4734fb5ce168d0dcf34b824c5a0.jpg

宇宙キターッ

という決め台詞が印象的でした!

そして、ヒロイン清水 富美加ちゃんがめっちゃかわいい!!!

c9c02a8f01599cf49710ac21646e2e41.jpg


○仮面ライダーアマゾン

ama.png

この返信ポーズで、
「あ~~ま~~ぞ~~ん~~~」

の叫んで返信する仮面ライダーアマゾン!

amazon_001.png


ある日アマゾンは、普段からこの野性的なスタイル(服を着ていない)ので、警察に職質されてしまいます。

投獄されるも逃げだし、「人間キライ」と言いながら裸で新宿を走り回るという… 話もあったそうです!


番組序盤では、カタコトの言葉だったのが番組後半では流暢になるという突っ込みどころもいいですね!


○仮面ライダーV3 「敵怪人から年賀状が届く」

敵怪人から年賀状が来ます。そこには、もちろん住所が…!

行ってみたら案の定罠でつかまりますが、最後には怪人をボコるという結末!

ほかにも開店祝いの花輪が怪人から送られてきて住所がばれるという話もあるそうです。

怪人がおちゃめでおもしろいですね。



○仮面ライダーゴースト

ref4-63447.jpg

パーカー…

パーカー着てるやん!!!!

平成ライダーは、全般的にぶっとんでますが、パーカーはラフすぎるやろ!

最も度肝を抜かれたのは番組のラスト。

それは、この後のトピックにて…




2. 映画「仮面ライダー1号」

rider1_resize.jpg

キャッチコピーは

「原点にして頂点。爆音あげて蘇れ! ライダー変身!!」。

ちょっと長いっ!けどかっこいい!


!新旧比較

hqdefault.jpg

maxefault.jpg


映画をみた感想をさっと述べます。(ネタバレ含みます)

・本郷猛(藤岡弘)かっこよすぎ
・仮面ライダーゴーストがショッカーの戦闘員と戦うと似すぎてどっちがどっちかわからない
・本郷猛、死んでから蘇る…!!!
その理論はよくわからないが、劇中での会話では、

仮面ライダーゴースト「ど、どうして?」

生き返った本郷猛
「俺は死なん。…不死身だ…!
この世で一番大切なもの、命を守る為に俺は戦う!」


まあ、最後のライダーキックはかっこよすぎました!

・本郷猛、ノーヘル

ヘルメットをかぶれぇ~!!!

01_DO7Q8150s.jpg

映画のHPは、こちらをクリック!




3. 新仮面ライダーエグゼイド

アメトークの番組終盤で、最新シリーズ「仮面ライダーゴースト」の主役西銘駿さんが登場し、
テレビ初公開だという新ライダーを紹介。

なんやなんや?

車に乗る、フルーツで戦う、変なライダーばかりの平成ライダーなので、
多少のぶっとびは覚悟していました…


今回はどんな奴…!?



仮面ライダー (1)
仮面ライダー (2)

えっ!!!???

“ゆるキャラ”やん!!

3等身

まんまるモッサリな体のライン

でっかい顔、奇抜な動き。

てか、宮川大輔にそっくり


嘘やろ…

マジで度胆を抜かれます。

インパクトが半端やあらへん!


いやいや、これってネタや。
最後に「ウソでーす!」って言うんやろ!?

そんな甘い考えもむなしく、あっさり放送が終わってしまいました。

ほんま!?と、ネットを検索してみたところ、公式サイトにありました。

ガチ



グーグル検索し、HPより抜粋した記事はこちら

仮面ライダーエグゼイドは、主人公が変身ベルト “ゲーマドライバー”に、変身アイテム“ライダーガシャット”を挿入することで変身。
まずはレベル1の姿でゲームウイルス=バグスターに侵された人々を救い出します。
そして仮面ライダーエグゼイドはレベル2へとレベルアップ!実体化したバグスターと戦い、打ち倒していきます。

 今回の「仮面ライダーエグゼイド」のもう一つの特徴は、戦いにデジタルゲームで見られるビジュアル効果を盛り込むところ。エグゼイドとバグスターのバトルシーンでは、バトルゲーム的なヒット演出、アクションのゲージ、対決のVS表示、武器のボタン操作など、これまでの「仮面ライダーシリーズ」にはない見た目の楽しさを表現していきます。

シリーズ誕生から45年。≪レベルアップ≫による驚きの大変身で、ゲームウイルス、バグスターから人々の命を救い、平和のために戦う新たな仮面ライダー、「仮面ライダーエグゼイド」の活躍に是非ご期待ください。

■8月6日(土)公開の劇場版で「仮面ライダーエグゼイド」がスクリーンに登場!



…なるほど!


レベルアップするんか~~

って

そんなもんで納得できるか!!
レベル1ださすぎるやろ!!!

レベルアップ後は、よく見知った仮面ライダーの風貌になるのですかね?

とにかく放送が楽しみです!

ちなみに、

公式紹介文でさえ、自虐的でした!w

「仮面ライダーエグゼイド」
カラフルな配色と、ワイルドな髪形(?)、ゲームコントローラーのような宗
仮面ライダー要素は・・・どこにも、ない!?



レベル2はこれですか?!

仮面ライダー (3)

記事を読んでくださりありがとうございました!
2016. 06. 18  
第8話のクライマックスは、
まりぶが客引きをしていたぼったくりばーで逮捕される。
妻のユカは観光ビザ切れの不法滞在で、入国管理局から追われ、逃走中ということでした。

第9話のまとめ

目次
○円山先生(加藤諒)が童貞じゃない!!!
○ゆとり(島崎遥香)の名前の由来
○まりぶVSレンタルおじさん 父子の殴り合い
○アカネと坂間の夫婦仲
○考えさせられる名言
○最終回へ




○円山先生(加藤諒)が童貞じゃない!!!

円山先生(加藤諒)と、彼と悦子が仲睦まじく写っている写真を、悦子の元彼から見せられた山路!

悦子先生ビッチ説来ましたよ笑
まあ、めっちゃかわいいですし…

男は本当にハニートラップに弱いですね…笑

山路は円山先生を捕まえて言います。童貞のプライドを見せるかのようなこの台詞!

「あなた見たいに可愛子ぶって面白キャラ装って女子に近づき~
さりげなくボディタッチする《ファッション童貞》が、俺は一番許せないんだよ!

俺は日々、自分の性欲と向き合っているんだ。
俺の童貞とあんたの童貞は、根本的に違うんだよ



だが、円山は
「俺はこう見えても、初体験16で、先輩の彼女を略奪したんだ~」
円山は童貞じゃないと言い出し、勝利宣言!

立場が逆転し、「すいませんでした」と、山路は惨めに謝る事に笑

宮藤脚本らしい展開に笑ってしまいました!




○ゆとり(島崎遥香)の名前の由来

ゆとり(島崎遥香)は言いました。
「私の名前の由来ですが、実はゆとり世代とは何にも関係ないんです。
私がまだ、母のお腹にいる頃、兄たちが生まれてくる私の名前を考えていたんです。」

回想シーンでは、坂間兄弟が、生まれてくる赤ちゃんの名前を決める為に
コンクリートにチョークに書いた円グラフに名前の候補をかいています

えま・まゆ・ゆとり・かば・ばか・かおり・りか・こずえ

それを、 ~どれにしようかな~神様のいうとおり~

で、選び、ゆとり という名前に決まったそうです。

カバやばかになったらと考えると恐ろしいですね笑


ゆとりは続けて話します。

「子供は親を選べないし、名前も選べない。だから、親や家族を信じてついていくしかないんです。
ゆとり世代もそうですよね~作って名前付けたのは大人なんだから、ちゃんと面倒を見るべきです。
そして、今度は私たちが社会を作る時で、子供を産んで名前を付ける時なんです。」


この言葉にはぐっときました。

ゆとりだから、これだからゆとりは。

そう言われてもゆとり世代にはどうしようもない。

自分で変えられることには努力するけど、生まれ持った状況はどうしようもないんですね!




○まりぶVSレンタルおじさん 父子の殴り合い

まりぶは、弁護人の兄と仲が悪く、殴り合うほどの修羅場に。

しかし、まりぶの母親・ひとみが保釈金を支払い、保釈されます。

その後、まりぶ、兄、父(レンタルおじさん)はユカの件で、入国管理局に出向きます。

そこで、聞いたことは
「出頭申告していれば、不法滞在の外国人でも、日本人の子供を産んで育てている場合、在留資格が与えられる可能性がある」ということ。

つまり手続きしていれば、ユカは逃げる必要はなかったのです。

まりぶは、「そんなこと知らねーよ」と、役人にマジギレします。

ここは、考えさせられるシーンでした。

役人からすれば、その制度を利用しない方が悪いと考えますが、
一般人からすれば、そのことを知るすべがない、知らないものをどうすればいいのかわからないのです。

知る手段さえわからず、誰かから教えてくれるわけでもなく、
とっさの状況でパニックになったら、冷静な対処ができるのでしょうか?

切羽詰まったら逃げるのではないでしょうか?

そういった行政の不親切さを感じました。


父(レンタルおじさん)は、役人に暴力を振るい暴れ回るまりぶを止めようとしますが、
私に息子を叱る権利はない(かつての自らの過ちを棚に上げて言えない)と、黙り込みます。

そんな父の姿にまりぶの怒りが爆発し、泣き叫んで言い放ちます。

「レンタルだったら、とっくに代えてるが、それが出来ないから頭にくんだよ~
親だったら、親らしくしろよ~こっちは選べね~んだよ」

父はついにとデカい声で叫びました。
「おまえが悪い~自業自得だよ~!!」

「おまえに言われたかね~よ」
まりぶは嬉しさの中、再び父に掴みかかります。

「これが、親に対しての態度かよ」
と父も負けず、二人は殴り合いの乱闘になります。

そうやって本音でぶつかりあった結果、二人は親子の絆を取り戻しました。

いいシーンでしたね!

「子どもは親を選べない。」
「親も子を選べない」


選べないからこそ、責任を持って、叱って、本音をぶつけあっていくべきですね。




○アカネと坂間の夫婦仲

兄夫婦とともに、酒屋を経営する坂間夫妻。

アカネちゃんは
「幸せだなって感じた瞬間空っぽになっちゃうんじゃないかな」

と幸せな悩みを坂間にぶつけますが、

坂間は
「幸せになるのが君の仕事。そう思えばいいよ」と温かい言葉を投げかけます。

幸せそう過ぎて羨ましいですね!!

アカネちゃんは、在宅エリアマネージャー!のように、経営面の意識が甘い
坂間兄弟にダメ出しをするなど、カッキよく働いています。



○考えさせられる名言


坂間
「おまえは自分で思っているほど、格好よくないし頭もよくない。もっと自分を磨く努力をしろよ。
じゃないと、いつまでも出世出来ないぞ」


坂間の退職に納得出来ない山岸(大賀)に坂間が言った台詞です。
とても、心に刺さった言葉でした。
誰だって、自分の未熟な部分に気付いています。
けど、その部分をどこまで認めて、受け入れて、弱い自分から成長していこうと決意できるか、
行動できるか、それが問題なんですよね。

山岸は、僕と、同い年(今年23歳)の設定なのでより感情移入してしまいました。


坂間
「まともって何ですか?誰が決めて、基準はあるんですか?」

まりぶを罵倒するまりぶ兄に放った坂間の台詞。
善と悪、まともと異常。
なにかを基準にしているかがあいまいな中で、
人を傷つける偏見の言葉になっているときもありますよね。


まりぶ父、レンタルおじさん
「私ね~その自業自得って言葉、日本語の中で一番嫌いなんですよ~2位は慰謝料、3位は養育費」





○最終回へ

性教育の授業に不安を抱える山路の元へ、正和と茜の結婚式の招待状が届きます。
その日は、偶然にも性教育の授業の翌日で、しかも山路は、司会を頼まれる。
まりぶと父(レンタルおじさん)は、行方不明になったユカを探すべく、街中でチラシを配ります
結婚式で、坂間は突然…

明日、6月19日 日曜日 夜10時30分!!

ゆとりですがなにか

topfade_03.png


ついに最終回です!!!

拙い感想を読んでくださりありがとうございました!


2016. 06. 06  
今回もおもしろかったですね!

ゆとりですがなにか!

topfade_02.png


軽く事実関係をまとめますと、

・アカネちゃん、酔った勢いで上司と寝る…
・兄夫婦、ついに子供が生まれる。(家を出て北海道で農業は断念)
・山路の同僚の先生が山路を童貞とからかいまくる。(わりと酷い、教育現場であれはええのか?)


今回の8話で特筆すべき点は二つですね!!!

○まりぶがやらかした…
○坂間とあかねちゃんついに結婚!!!


順に感想を述べていきます!

○坂間とあかねちゃんついに結婚!!!

毎回煮え切らない坂間でしたが、今回ついに決意!!!

プロポーズの場所は、あかねちゃん最後の「鳥の民」出勤日。
仙台への栄転前に、最後の挨拶をする席で、

坂間「仕事をやめて、あかねちゃんと結婚する!!!」

このプロポーズの時が最高でした!
あかねちゃんは、驚きで大喜び!

あかね「私も仕事やめる!」
さかま「そしたら、俺働かなきゃ!どうしよう!」
あかね「考えるなー!」


みんなめっちゃ嬉しそうで喜びかたとか、自然で幸せそう!

あかねちゃんはプロポーズされたことを山路に報告にいきますが、
そこでのテンションの上がり方が僕といっしょ。
飛び跳ねて、倒れこんで叫んで…笑

そして、二人仲良く、会社をやめます。

連名の辞職届を受け取った上司は最後に一言

「これだからゆとりは…」


今後二人は実家の酒屋を継いでいくのですが、うまくいくのでしょうか?


○まりぶがやらかした…

上手くいかないながらも、一生懸命生きる坂間に感化されたまりぶは、
夢を追いかけることをやめ、植木職人として、一から学び始めます。

しかし、同僚としてやってきた職人が、以前まりぶの客引きに引かかって、12万ぼったくられた被害者でした。

この男、以前の恨みをはらすため、まりぶに悪質ない嫌がらせをし、
怒りが爆発したまりぶは、その同僚をボコボコにします。

そして、ヤケになったまりぶは、ぼったくりバーの客引きに戻ります。

そこで、なんと、
そのバーに警察が!!!!!

まりぶ、逮捕されます…

まりぶの家にも警察が、現れ、嫁が不法入国として、追われます。

さてさて
どうなってしまうのでしょうか!!!???


拝啓、いつかの君へ

2016. 05. 17  
1993年生まれ。
物心ついた頃には、土曜日は休日で台形の面積も習っていないゆとり世代ど真ん中。

そんな僕が、ドラマ「ゆとりですがなにか」をみて思ったことを綴っていきます。



目次

零、ゆとり世代は国家のモルモットではない
一、ドラマの概要
二、主題歌の魅力「拝啓、いつかの君へ」
三、宮藤脚本の魅力
四、小学校教師・山路(松坂桃李)
五、人生に刺さるマリブの正論
六、安藤サクラの演技力
七、ゆとりモンスター山岸(太賀)
八、第5話の内容と今後の展望



48ada1d87b6c5ffc4a4b444a431524ba.png




零、ゆとり世代はモルモットではない

まず初めに、文部科学大臣が「ゆとり教育との決別宣言を明確にしておきたい」と発言したことについて触れておきます。

これは言い方を冷酷にすれば、「ゆとり世代を切り捨てた」「次の世代に期待します」ということです。

僕たち、ゆとり世代は
'大人の事情でゆとり教育という実験に巻き込また挙句に、極論を言えば失敗作として社会に放り出された'
この結論を政府が公認してしまったということです。

声を大にして言いたいのですが、僕たちゆとり世代は文部科学省のモルモットになりたくてなった訳ではありません。

ゆとりに生まれたくて生まれたわけではないのに、「これだからゆとり世代は」と扱われることが多いというのは、非常に辛いです。

犠牲者なんです、ゆとり世代は。

そんな僕がゆとり世代に感じる思いは、別のブログ記事にまとめるとして
この記事ではドラマについてクローズアップしていきます。



一、ドラマの概要

「ゆとりですがなにか」あらすじ

「ゆとり第一世代」と社会に括られる、1987年生まれのアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に、世の中の理不尽に立ち向かう様を描く

脚本家は宮藤官九郎さんで、演技の上手い出演者が揃っています。独特の世界観が魅力の作品です。




二、主題歌の魅力「拝啓、いつかの君へ」

「拝啓、いつかの君へ」感覚ピエロ

オープニングへの入り方が毎回絶妙です。

この歌の存在感は大きく、歌詞も深いメッセージ性があります。
力強いロックバンドがかき鳴らす音。
PVもなにか意味深で…

「あんたの正義は一体なんだ?」
「あんたの正義に覚悟はあるのか?」


と言った言葉が、聴く人に何かを訴えています。

「背景、いつかの君へ」
というフレーズもとてもかっこよく、感化された僕は、このブログで書いている小説
俺バグの番外編のサブタイトルにもしています(笑)


挿入歌には同じく感覚ピエロの
「O・P・P・A・I」
が採用されているのですが、
マリブの客引きとうまく合わさって物語にユーモアを届けてくれるです笑






三、宮藤脚本家

宮藤官九郎さんの脚本で1番印象に残っているのは、朝ドラ'あまちゃん'です。
あの作品を超える朝ドラは今後現れる気がしません。

あまちゃんもこの作品もそうですが、
宮藤脚本の登場人物はドラマの登場人物とは思えないくらい、現実に居そうな人ばかりなんです。

脚本と演者の上手さが合わさって、ドラマが現実世界のように息づく。
工藤脚本にはそんな魅力があります。


リアルな現実描写とコメディが上手く合わさって作品が良いバランスで進んでいくのです。

宮藤脚本の魅力を作品の例で幾つか挙げるなら以下の点です。


ーリアルな現実描写ー

ゆとりですがなにか1話

・マリブ(柳楽優弥)
客引きや、舎弟との掛け合いが異常に面白い!現実にいそうです。
フィリピン系の嫁さんは話し方、雰囲気、全てが面白いです。
フィリピンパブで知り合ってできちゃった結婚、東大目指して11浪という、結構ありそうな設定にも納得してしまいます。

こちらのサイトでマリブの客引きのおもしろさを詳しく説明しています!
マリブの客引き

・坂間(岡田将生)
妹思いなところや、彼女に甘えきってるところなど、草食系な感じ。
根が優しいが、ストレスに弱くよくキレるところなど人間味を感じます。


ーコメディー

・教育実習生、悦子先生とええ感じの雰囲気の山路を覗く宮下さんら鳥の民メンバー。
覗く場所は換気扇の羽の隙間。わざわざ換気扇を止めて覗く図が滑稽でした。

・レンタルおじさん(吉田鋼太郎)に不満を訴えかけるシーン。

・豊富な小ネタ
小峠ができちゃった結婚したテレビ番組が流れる。


これらの魅力と、綿密につながるストーリーが合わさってドラマが面白くなっていくわけですね!




四、小学校教師・山路

僕が特に思い入れのある登場人物は、松坂桃李さん演じる小学校教師「山路(通称やまじー)」について記していきます。

ドラマでその職業を見るたびに、仕事の大変さをより思い知ることが多いです。

半沢直樹を見て、銀行員の、
このドラマみて、小学校教師の大変さを痛感しています。

ドラマやから誇張されてるのでしょうが大変なことはひしひし伝わってきます。

楽な仕事などないのでしょうが、それでも小学校教師の負担というのはかなり大きいのではないかと思います。


このドラマでも、山路は小学校の先生として多くの問題を抱えています。

第5話では、山路が想いを寄せていた教育実習生と佐倉悦子(吉岡里帆)再会します。

しかし、彼女は、山路に語ります。

「私、先生にはなりません。1か月間の教育実習で燃え尽きた。一生この仕事はしんどいかなと思って。」

山路は失望します。

悦子先生が一生懸命教師という仕事と向き合っていたことを山路は誰よりも知っています。
一か月間で子供たちにも懐かれて、悦子先生はきっといい先生になると思っていたでしょう。

だからこそ、山路は哀しくて悔しいのです。

そして、彼の教師観をぶつけます。

しかし、山路の叫びは悦子先生には届かず、
「先生って呼ばないでください。もう先生にはなりません。」

と言う始末。


僕もこのシーンは山路にとても感情移入してしまいました。

教育実習で燃え尽きた?

免許取れたらいいやとか、そういう生半可な気持ちで教師になろうとするのは間違ってるとおもいます。


山路はかつて悦子先生にこんな言葉をかけていました。

「いい先生でなくていいから、いい人間でいてください」

教師という仕事は本当に大変だと思います。
しかし、大事な子供を預かって、生徒に勉強や躾を教えるということはそれほど誇りのあることだと思います。

本当に子どもが好きで、打算的な部分抜きで子どもたちと向き合える人こそが教師として相応しいのではないかと思いました。


ちなみに悦子先生役の女優は吉岡里帆さん。
ポストガッキーと言われているそうです

39fe737580a1663fda72d8427e4c9e60.jpg

生年月日は1993年1月15日

僕の一個上でした。




五、人生に刺さるマリブの正論


マリブは、いかがわしい店の客引きで生計を立てて、東大目指して11浪するという世間体的にはダメな人間かもしれません。

しかし、自分の信念を持っており、社会に流されない強さを持っていると思います。

何事にもブレず、言いたいことをズバッと言う姿勢が素晴らしいです。



坂間の妹ゆとりは島崎遥香さんが演じています。
宮藤さんの脚本では、就活生の葛藤を上手く描いています。

そんなゆかりにかけるまりぶの台詞がとてもいいです。

「なんか、就活するために大学入ったみてぇだな。」

僕も昨年、就活をしたのですが、この言葉には考えさせられました。
別に絶対ここに入りたいというわけではなく、大学4年生だから就活をするという周りと同じように行動する。

そうやって、自分が本当に何がやりたいかがわからず流されていたのかもしれません。


マリブが坂間(兄)に言った台詞も、とても考えさせられました。

坂間が大学と会社に入った理由が、「入れそうなところ」と聞いてマリブは言います。

「すげーな。すげーな。入れそうな大学入って、入れそうな会社入って、辞めずに続いてんだよ。すごくね?」

「ゲームでいったらレベルアップしないで何回も何回も同じこと繰り返してるわけじゃん、余裕でクリア出来るステージを。無理だわー、ないわーその才能。だからこんな暮らしなんだな!」


これは、日本人、大半に言えることかもひれません。
”やりたいこと”を見つけて入りたい大学、入りたい会社に入れるのが理想ですが、そんな人はごく一部しかいないでしょう。


多くの人は”やりたいこと”という点で
迷い、わからなくなる気がします。
そして、自分が入れるところに、入って、入れそうな会社に入ります。

本当に自分の信念を持って、大学や会社を選ぶなんて人はどれほどいるのでしょう?

そうやって、就活をしなければいけないから、就活をして、本当にやりたいかどうかわからない仕事にしがみついて、一生を終えていく。

そんな人生を送る人が多いのかもしれません。

マリブはそういう大衆の姿勢に真っ向から疑問を投げかけます。

マリブの台詞にこそ、このドラマで宮藤さんが伝えたいことが詰まっているのではないでしょうか?

新卒社会人の3年以内の離職率が30%を超えているという異常な日本へのメッセージなのでしょうか?





六、安藤サクラの演技力

国内の各映画祭などでの高い評価を含めている安藤安藤サクラさん。
坂間の彼女役、宮下を演じていますが、その個性的な演技は一度見たら忘れられません。

promo281685769.jpg


歯に衣着せぬ物言いがサバサバして心地よくなります。

童貞の山路をめっちゃバカにしていますが、その言い方もなぜか憎めず愛嬌があります。

悦子先生への山路の対応を叱った名言
「セックスしてからでも説教できたよね!?」

は印象的でした笑

そんな、宮下と、坂間との擦れ違いも今後の物語のキーになっていくのでしょう!

キャリアウーマンの悩み、
仕事か家庭か?

坂間からのプロポーズを期待するも、別れを切り出された宮下は今後どんな行動をとるのでしょうか?




七、ゆとりモンスター山岸

俳優の太賀さんは、ほんとうにいい味だしてますね。

b321392e8d13bbded8ce5b97d2201c10-640x426.jpg


これほどまでムカつく演技をみたのは、
半沢直樹の机ドンドン

ogiso.jpg


以来です笑

山岸の作中の設定は、1993年生まれです。
つまり、僕と同じ年齢。
僕らの年代であんな恐ろしい奴がいるかもしれないと思うと震えました。

明日は我が身、自分もああならないように気を引き締めます。




八、第5話の内容と今後の展望


坂間(岡田将生)は彼女の宮下(安藤サクラ)に仙台支店長の話が持ち上がっていると知り、「別れようか」と切り出しました。
宮下からすれば、プロポーズして欲しいと感じていたため、とてもショックを受けます。

ゆとりちゃん(島崎遥香)は、まりぶ(柳楽優弥)と不倫関係に発展します。もちろん大激怒の兄、坂間。
今後どうなるのでしょう。

山路(松坂桃李)のクラスには学習障害(LD)を抱える転校生が。その母親との親密すぎる関係が波乱を呼ぶのでしょうか?


次回予告では、
・マリブの父、レンタルおじさんとマリブの口論→不倫はどうなる?
・宮下の父が登場→坂間に結婚しろと促すのか?
・山路が小学校の教室で「ゆとり教育とは」をテーマに授業
→ド直球にゆとり教育と向き合う?!
次回、日曜日の放送が楽しみで仕方ありません!


駄文を最後まで読んでくださりありがとうございました!!!

2016. 04. 04  
ss_oka_ane_2_307.jpg

こんばんわ!
結婚して子供ができたら、育休とって、嫁さんと子供と一緒におかあさんといっしょを見たいと考えている社会人一年生です。


NHKの人気番組おかあさんといっしょの「うたのお姉さん」が8年ぶりに変わりました!!!

幼稚園の頃はみんなこの番組をみてましたよね?

新しいおねえさんは
小野あつこさん!
mig.jpg
500x0_56c11adf-5b28-4cb7-8c58-60ad0a01006f_jpg.jpg
500x0_56c11adf-5b28-4cb7-8c58-60ad0a01006f_jpg - コピー

ショッートカットがとても似合います!

ちなみに前回のうたのおねえさん、三谷たくみさんもかわいかったですね。
20160212-00000004-mantan-000-5-view - コピー

ただ、お姉さんがかわいいからと言って、僕はおかあさんといっしょは観ません!
恥ずかしいからです。


早く結婚して、子供とみたいですね!!!(切実w)

育休とって、子供とみるのが夢です!





しかし、うたのおねえさん、明るい笑顔とは裏腹に過酷な仕事のようです。
連日の収録に加え、大量の歌を覚えてPVを撮影し、しかもコンサートまであるそうです。
しかも出演中は、常に模範的な行動を義務付けらています。

重圧や忙しさに負けず日本のこどもたちに元気を届けてほしいですね!!!

俺も頑張るしかない!!!





【リンク集】

読んでいただきありがとうございました。
よければ別の記事もご覧ください!


!→俺たちバグジー親衛隊 全章 目次へ

→名言集 ~日々に活力を~ 目次



プロフィール

神戸のルパン

Author:神戸のルパン
このブログでは小説を連載したり、
日々気になったことを記事にしています!

小説のタイトルは、「俺たちバグジー親衛隊」
楽しく生きよう!と思える、明るい作品です!
会話が多く、気軽に読める作品で、毎週金曜日に1話ずつ更新します。

1話完結が基本なので、何話からでも読み始めることができます!

<あらすじ>
 毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ!
電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
  主人公は高校デビューを決意した、冴えない高1とっしー。親衛隊(友人たち)の助言を得て、様々なおバカ活動により垢抜けていく。
 浅倉さん、謎の美女レベッカとの出会いはさらなる波乱を生み…!
 次々と起こる謎イベントや、とっしーの恋のゆくえ!果たして物語はどう転ぶのか?
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」

 ぜひ一読してみてください!

また金曜日には稀に、俺たちバグジー親衛隊の続編「俺バグ延長戦」を更新しています。こちらは、社会人となった主人公とっしーが、何を考えどう生きたかが描かれています。おなじみ、親衛隊メンバーとのおバカな掛け合いは健在ですが、高校生編よりも真剣な展開が多いです。

金曜日の「俺たちバグジー親衛隊」がみなさんの週末に欠かせないものとなり、
「今週もよく頑張った!また明日から頑張っていこう!」
 と思え、読んだ人々の心が軽くなって笑顔になる作品を執筆していきます!

 物書きとしては初心者で、稚拙な表現も多々あります。
 感想や指摘点はコメント欄でどんどん教えてほしいと思っています!
 物語の完結まで、一生懸命執筆しますので、応援よろしくお願いします!

また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。よろしくお願いいたします!
 夢は、書籍化→映画化!!!
日本列島に「俺バグ旋風」を巻き起こします!!!

↓ツイッターでブログ更新を通知しています!
やぎぬま るい (@hishintai08)

カテゴリ
訪問者数
頂点を目指せ!
ランキングに参加しています! 応援してくれる方はクリックお願いします!
検索フォーム
ブロとも申請フォーム